2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 は ん ざ い   スレッド

1 :白からす黒ひつじ:2007/09/26(水) 21:50:58 0
                            |
                           |
       {    !     _,, -ェェュ、   |
ィ彡三ミヽ  `ヽ     ,ィハミミミミミミミミミヽ、|
彡'⌒ヾミヽ   `ー  /ililハilミilミliliミliliミliliミ|
     ヾ、       /iiiiイ!ヾヾミ、ミニ=ー-ミ|
  _    `ー―' i!ハ:.:.\\_::::::::::::::/:.| 何をしでかそうとしている
彡三ミミヽ       i! ヽ:.:.:.:冫': : :::/,,∠|
彡'   ヾ、   _ノ i!::: ̄二ー:: : ::::ソ ・ ,| のでしょうか、、、、、。
      `ー '    {ヘラ' ・_>シ;テツ"''''"|
 ,ィ彡三ニミヽ  __ノ ヽヘ`" 彡' 〈     | 
彡'      ` ̄      `\   ー-=ェっ |
      _  __ノ  {ミ;ヽ、  ⌒   | 
   ,ィ彡'   ̄       ヾミミミミト-- '  |
ミ三彡'        /⌒ / ̄ ̄ | : ::::::::::|
       ィニニ=- '     / i   `ー-(二つ
     ,ィ彡'         { ミi     (二⊃
   //        /  l ミii      ト、二)
 彡'       __,ノ   | ミソ     :..`ト-'
        /         | ミ{     :.:.:..:|
            ノ / ヾ\i、   :.:.:.:.:|
      ィニ=-- '"  /  ヾヾiiヽ、 :.:.:.:.::::|
    /     / `/ ̄ ̄7ハヾヾ : .:.:.|
   ノ     _/   /   /  |:. :.:.:.:.:.:.:|

前スレhttp://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1160099882/1-100 犯罪スレ

関連スレ
正攻法で立ち上げる警察応援スレ   →又の名を、犯罪スレとも言う。         
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1155259024/l50                 

2 :,:2007/09/26(水) 21:57:21 0
      /  ,                \
    /   / l                 ヽ
  ,r'    /  ヾ,、                  l!
. /   イ/    ` \                 }
 { i   | ゙      、,,`‐、 ,           j
 レ'、,  |     _,r''"''‐ `'゙、  ,、‐‐、      l
   ゝ」、 、 , ,,r''ヅ~゙'、-――t'''/ / l .     |
    ,ゝ=、_/l  ( O }    V .( ゙,, j     l
    l  (iソ '、__, ‐'       / /     j
      ゙‐レ゙               ,r'    ノ
      l` `      、     i'´ `ヽ、,/
.      ゙i  _,, -‐'"       ノ    ヽァ、
       ゙i'´ _       ,r'     ノ ヾ^゙ヽ、
        ヽ         /    ,、r'  /   \
        !、     /  ,、r'"   /      /`'ー- ,,_
         `'''´入 ̄ ,、r ''"   ,、/      /


3 :,:2007/09/26(水) 21:59:59 0
               ゞ丕ン-  _
            ,   ´/ / ̄ ヽ \ `  、
            / / /  ′    '  ヽ ヽ \ __
           /イ ′ i  |      |  l  i K<\
        厶| |  |   |    |  |  |  | \j:|、
         //レノ |  ',   !      !  /  /| /  |l\丶
      // |:| | ヽ   \ \   /l ,厶イ 厂イ   ||i:| ヽ\
      |:|| ヘ\ L ⊥\ ヽ ′'´才 Tマリ  ,' |:|   \>
      |:||  ヽ ヘl斗 ┬        ̄` //  / |\
      |:|ヘ   ∨ー┴ '´    i      / /  |ヽく
      |:| \  \           _,.  / ハ   |  \     /
、   / `   | \   \     ーニ´     , ′|  |    \  //
:.\/ \    l  ` ー一        /  |  l        >' / //
  \ ヾ\  |   |  `   .,_  _ /|   l   ,′   / // ∠
―-、 \_〉:.:>ヘ   l     〉'´::.::.::.:`:.|    l  /     /    / ̄
:::::::::::\ //::.:ヽ   l、__/::.::.::∧::.::.ヘ、 / /   /  _ -―::::::::
:::::::::::::://::.::.::.::.::.\  ∨::/>|::.::.:/  ',::.::.:/>//_∠ ―<::::::::::::::::::::::::::
:::> ' ∠::.::.::.::.::.::.::.::.::.:\\\\/   !::.:/>/ヘ〉,::.::.::.::.::.::.:\\::::::::::::::::::::
::|┌―――- 、\::.::.::./::.:>、 \__ __└'/   {|::.::.l::.::.::.::.::.::ヽ ヽ:::::::::::::::


4 :,:2007/09/26(水) 22:11:15 0

    /: :.::.:: : .:/イ´: :/´.. -― ̄`:.=ミ:_..
      /:.: .::.::.::..:/: :.: : / ノ: : : : : : : : : `: .、‐ `ヽ、
     i: .::.::.::.::.:/ .: .::.: :/ .イ:: :. : : : : : : :>.、  \-‐ヘ.
      |.::.::.::.::.:/:: :l.::.: : |/::.::.::..:..: : ヽ:イ_ . :\´: ヽ:.ヽ:ヽ
      !::!::.!::.::ハ::.|::.|: :.|::.::|::.:斗-‐´: : ::.::.::.. : : :ヽ::斗: :.l: :!
    j::.|::.}::.::|::.:斗v:: :.!::.イ::.::.ト、::.:ト、: :ヽ:_::.::.:../ト :l:: : ト:|
   ノ‐ |:/::.:/ イ|:. |::.::ハ::.::.l \:、\: \7'ァミl::.|:: :l }}
       l::l::.:ヽム/ |::.::.::.::.::.ト:斗---`孑` ーイォ::小::./l/′
       |::{::.::.::V77!::.::.::l:: ´l `,≧zzミ     |ュリ }:./::.|
      l:ハ:.}:.l/:.| |::.::.::.:ト、:.V/ト-':...}     ´ イ::.: :|
       | `j小:.| ト::.::.:..:ヽ-ミ` Vユツ     ヽ  ハ::j:リ
      ヽ / |! リ_トヘ:l::.:...:.ヽ「 {       _,  .イ::.イ/ 、、、、、、、、、、、、。
         _ノ.. ..:..|:ト、::.::.:、\` ー-、   ´ '/:.|:/フ:>、
      r‐<::`丶:..:ハト、_\::.:ヽ ̄`  }┬‐.:: : :〃::/: : /、
     /´ ̄` ミヽ:\ヽ:..:.「 >:}-- 、 ノ|:... : : l:::./: :./  ヽ
      !      \\:ヽ..:.Vーノ-- 、\7:..: : : :|::/: :/     !
.     |          ヽ:ヽ:〉ム二ニ、‐- 7|:..:. : :/::l: ://    |
     V     ー 、 V  /    ` ‐{ノ:..:..:./::/ //      |


5 :,:2007/09/26(水) 22:12:09 0
            /:::::::::::::::::::::::::::::::─.、:::::\
             /:::::_ ─二 ̄二=-\:::::\──┐
.         /::/:::/ ./ ̄. ̄\...........\.....\  ,.X
        /:::::/ ://.ト...::::::::. ... .\.:ヘ ::\.....\ヘ. \
         /...:.// |´.:.|丶. .::::::::::::::...\-\!ト、  .:ヽ\ \
.       /..:::/l.  | ..::|\\ヘ<::_:::::::ヽr升y}ヽ..::::\\_)
      |::.::/::| ....::ハ::::|  \\`ヽ<`ヽ)ノ《ソヽ:、 :::::::l.」::ヽ
      |!:::|!(ノ|::-=ト¨| ̄ ̄ 'vゝ    ヾ二ソ .|  :::::::ト、:!
      |/ |::|..||..:::ハ ` ,r=tニ、.            | . .:::::::| .リ
      / ゙|::|..|ヽ:,、ハ 入_ノハ:》   ヽ      :| . ::::::::|. |
      L..ノ゙:|..|::{  マヽ.`ニソ   _,.ノ    /|:::::::::::ノ. |
       |/¨ヽ.l.」::::ヘ  V 丶       -.     / .|. : :::/ヽ !
       ト、   \ :: ヘ  マ::: >.._      /ハ.ノ/^v'}} |丶
       |:::\  \::ハ  ∨:\  \  ̄ 二´   /|  }} .}
   ┌ー∨:::::\  \}   V::.∧   \_,. -  /゙.|   }}ノ
.     \  \/.::.\      \    .>.-、/ ./ヽ   ハ
.      \  \ノ´        \../ /、/ ./\  ハ <<、、、、、、、、、。
.       \            ̄  /   \/   | ハ
     ___)      /     /     \    |  V
   ヽ_  _  .         / | \ .   \_,.イ .〃
        ̄   `| .、     . -ー´ | |  \     lo|//\
          | `ヘ二三三彡'"/    .\ 二;:lol/  |_/7
              \       /       \__/-、__.ノ:| フ
             ̄ ̄二><         / /(ニ).  / :/_,.ゝ
                   〈           /  / /~ヽノ ̄
         

6 :,:2007/09/26(水) 22:15:05 0




    _||_   i:{/ソ::::i::::;:::::::::::::::::::::::::;:i::ト、>:::、
    |H|  .i:::ウf::::|:::ハ::;;:::::;_:::::::::::イ:i:::Y、:::::
    _||_   |::://i:::At‐ヤ、ト、:i\:::十トi:::|i.Y:::
    |H|  i:::::`ト|:::|ィrテミ ヽ `  ィtテ、|:::|_メ::::
    _||_  |::::::::::|:ハ.辷ソ    辷ソ i::|::::::::::
    |H|. |:::::::::::|::ハ、    '    /::|::::::::::
    ,.へト, |:::::::::::ハ::ハ.ゝ、  `  ,ィ"/::/:::::::::::
.  Y "`{' |::::::::::;入:ハ{',__` "_,`フ/::/ 、:::::::/
   |   ニi  |:::/   `、i\ヘへヘ/ i:/  `∨
   ト、 _||_Y ./     ヽ. `♀" 〃     i
   } '-|H|"∨  ヽ,     ハ      /    、、、、、、、、、。
  /'` _||_ .ト   i     / |     /
  \ .|H|  \  |    i  |     i  /
.   i ._||_   ` /}    i.  |    i\ "
.   ゝ|H|  ,././    i  i    t \
.    _||_ー'"  /    /   i    .Y
.    |H|    ト、   /    i    ,.イ


7 :,:2007/09/26(水) 22:17:49 0
                _,   -─--  _
               />'´ ̄      `ヾ\
              // /      \ 、   ‐-Y⌒ヽ
                 // 〃ハ    ヽヽ ヽ \=┤   ‘,
             /イ l |l l  、   ||  l|  ゙, ノト、   l
           //ハ l |l||ト、 ||  l| i |  | ヘ.  l
             ///ハl ll十┼|li \|┼--リ l l ∧ ヘ  l
         〃/ i ハハ 圷 _   ィ〒ミ| ⊥/ / ハ ヽ  l
.          ″′||  '.└‐'′   ゝ.ノ | lソ//  lヘ ヽ!
          |l l i|/  ,ハ、   '_    |!/    l ヘ  、
          |l |l /  / / i> 、   ィ´人ヽ     l ヘ ヘ
          |l |/_./ / ノ, ィく 「´   「>、 _\\_ '. ∧ .ヘ
          |l |仁二二]/   `ニニ彡′ `ヽ>‐{ V ハ  ヘ
.          八 [_二二二]/         [二二二]  ∨ ハ  ヘ
          /∧ヽ[二二二}          [二二二.]  }ヾ∧ l|
       //  Vヘ ̄)ソ´| チ ャ ン グ ム   └‐=ミ  / /ヽ| l|
.        / ′   Vヘ/   |         f′ ({__ノソ / /   | l|
        | l    ∨   | /        j   `「  / /  | l|
        l|    ト、  」′   /    ,′  ハ |l |   ′,′
        | |    川  ̄ l    /    /    __ノ |l |   / //
        ヽ\.  // l  l   /      `T´ 丁   |l | / //
       \\// j   l           |  |   ll レ //
.         冫 / /l  l      /    |  l|    〉' //
       ///. L 」   /  /      |   |l   /〃//))
.        // / 〉〉| |  /   ′    トー{ !  / /ィフ´  ̄}
       〈/ ∧__彡' ヽ| /  /       {  l | ./ / / ̄
       / /、 ヘ      下、_      _ V ノ」〈/ ∠、

8 :,:2007/09/26(水) 22:21:33 0
        ,,,,,,,,,,,,,;;;;;ll;;;;;;;;;;;;;;| l;;;;;;;リ)リ;;;;;;|l;;;;(ミ彡/、 Z
l|ヽ= 从;;l |l|;;ll;;;;;l|;;;;;l;;;イl;;;;;;;;;;;;;| l|;;;;;;-〈、|;;;;;;;;;;;;;;,,三∠ノ フ   
ヽミ三从;;从|;(;;;;|l;;;;l|;;;((;;;;;(ヽ乂;;;;;;/ノ人、从;;;;;;;;ヽ ∠ |    
ミ二ミミ从 ; ;;;;;;゙;;;;゙;;;;;L{{ミ|Y;;";;;;;rテ'';''i゙''ミ゙   イ;;;;{ミヽ∠ノ    
゙ヽ乏゙゙从゙ ;;ヽ、、_;;;;;;;;;;;;;{≧Y;ノノ=-゙'''"´彡   ';;;;;;ヾ,,', ヽ     
 <彡l|;;;;;;;l、;}:/;r't;;;)>| 彡 ̄""´         |;;;;;;〈 |.| }     
  ノノイ;;;;;;之"゙"''"´  |、  _,,、:::::        |;;;;;ノノリ;∠    
   イ彡l|;;;;ヽ ゙::::::::   j _,、 -)゙ヽ::...       |;;/- /;;/ミヽ   
   l|//l|;;;l~、'、 ::::   ゙''::ヽ,/          |(,,ノ;;;ヽ〉ミ/
    リノイ;ヽヽ'、     `゙'、l__,,、、、,,_,,     / l||;;;;;;;;|∠_
    "´ノ|;;;;`'-;',     (t -'''ヘヘ)}}    リ  リ;;;;;;;/从ミ | / ̄\/\/ ̄\
      |/l|;;;;;;;;ヽ    レ- '''""´     /:::" {;;;从;;;;;;;;)"
      l|l||;;l|;;;;;;;;'、   ,,、;;''";; ̄::   ,/:::::"  ヽl|リ;;;r''、リ
       ヽl |;;;;;;;;;\    "  `゙   /::::::"    レ',、-ー゙''""゙''ー、    ,,、- ''
        //|;;;;;;;', \  〈     / :::::::   ,、 '´        ゙'> ''"


9 :,無動機単独テロ:2007/09/26(水) 22:25:53 0
              ,..-──- 、
              /. : : : : : : : : : \
            /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
             !::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',  
           {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}  
           {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}  
.            .{ : : : :|   ,.、   |:: : : :;!
            ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ
_∧          ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′       ∧
(   \       __/ \` ー一'´丿 \   .  //~⌒ヽ スチャ
|( ● )| i\     _,,ノ|、  ̄/// / \     /i |( ● )|
\_ノ ^i | _,,..r''''" ノ | \`', /  /  / ̄`''ー | i^ ゝ_ノ
 |_|,-''iつl/´    ヽノ| /\   / 、│     l⊂i''-,|_|
  [__|_|/〉ヽ、  / |/ );;;;/\/   'く    /〈\|_|__]
   [ニニ〉  ',  ヽ. | /⌒| /   ゚/    / 〈二二]
   └―'                        '─┘

10 :,↑よくあることさ、、、。:2007/09/26(水) 22:29:22 0
 チャキ         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            /|    / : : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::: : ヽ
         /! |   /: : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :; : : : \
          ! ! |   ;;:!: : : : : : : :/-・・・――・・・―ミヾ; :: : : : :ヾ  
    -──|┼|─‐-/ : : : : : : :ノ           ミ,: : : : : : : ;; 
  /  -─┼|┼‐-、,,!;; : : : : : : I  /~ :  ;’\    I,: : : : : : : :,,   
./ .// ̄ ! ! |`ヽ {:: : : : : : : |    |! ii/       |: : : : : : : :}
  / .      ! ! |   {:: : : : : : ::|  エエ;;;;;;;;;;;;エエ   |: : : : : : : :}
    r‐-、 |┴|   {: : : : : :: ::|            |: : : : : : : }   
    ト-イ /^Y´\  {: : : : : : :|     ,,丶     |: : : : : : ,,.!
    |-‐!/o/´\o\ ヾ: : : : : :|     −      |:: : : : : ノ
    入 /o/   \o\ ヾ: : : :i  /゛――゛'l   |: : : : /
   _( /\/\    入o\ ゞ彳  |  ̄ ̄ ̄゛|   イゞー
  (  \__)/`ァ─‐' /\/__/|\  ` ̄ ̄ ̄  /| \__
  (`ー-r'ヽ /   r‐' ̄ ̄/ |   \ ____/   ト、 \ ̄`\


11 :,:2007/09/26(水) 22:30:34 0
  { l|ii 从 |;;| `゙''ー =ミ ,,,,, _l||;;;;;;;l|ll|-|''"´ll\ヾlリリ;;;;l|ヽlj    \
  ヽ ソ从l|;;;l       ...:::::::|;;;;;;イl||从ヾヾヾヾ゙゙゙ |l||ll|/l|l|     `''ー-ァ- ー ''"
  /ノ彡リ;;;;;;'ー,、 ,,、,,  ''"""´ ヽ、;;从从ヾヾ゙'ー、ヾミ≧;;〈〈
  /ノ,,ノノ从||:ミミ弖ミ:ッ''ー-::::__:::;;;;;;ミミ゙lwミミミミヽ`'ーミ;;;;}{、
 イイイノノ从;;',゙::::::::,' ''""゙ヽ`'''''''"´彡  |ll|゙'ーwW;;;;;;;;ヾヾ}リ;;l
  ' 、l|lV/ノノ ;;', :::::,'           l|ll||ll| |;;;;;;;;;;ヽ、l|ii|リ|リ
    ラ;;;;l/ ; ;;', :::,'   -、:::...      lリl;|ll|从;;;;;;;;;;;;;;;Yl|〈〈〈
     |ll|l/;;;;/;;', (",,、-:ァ''       l.|l;;;;;;ヽヾヾll|;;;;;;;;イ|从ll|
    ヽl||;;;/ ;;;', :゙´、∠____,,,ノ   |l|lヽ;;;;;;\\リ、;;;;;;ノミllリ
      l|;l||| ;;;;;', `゙゙'""""´´      |l|;;|lll、ミミミ゙\イll(llミl|<、


12 :,:2007/09/26(水) 22:32:57 0
          __,,,,,,,,_
            /    ヽ
           , '       ヽ
           i        }
           {  r'"ー_-‐;= } __,、 -‐、
           }r'、}て“}´f“,} ''´    }
            ヾi{i    冫'i.      イ 
           />i┌---、,_!      i 
         / / |ヾ、  "r'ヽ       |
       /  / |、`'>ー''rヾ|      'i
       /    /  |ヽ' Y'~'/-、       ヽ
     r‐'   、. /   |   〉〈  ヽ      '.
    ヽ  \ } ,,ゝ |   i i   {   i`、  l
     ヽ  ヽi |  |   !  i  i   iヾ、  i
      /   ,i i.  |   |   i  }  | ヾ、  i
       >   i i、 |   |   ! |  .i ))   i
        i   |  | |  !  !}   { 〉)   i


13 :,:2007/09/26(水) 22:34:47 0


 `l       `l、__                ,r‐ー-、
     |             ) /" ̄ ̄ ̄\    /     ヽ、
     l   ,r'"" ̄ニ、  .,//        ヽ、 /        i
    / _,r"∠ニ、'L- l,,/ l   ,rー--−ヽ、 l /      ,,r 、 ゙l
  <" ,,r'" l 、___`_|.   |  / ,,/" ``ヽl l/    ,,,,ノ" ,,ハ ゙l
  `>i`|.l ヒーーーラli.   |.i´l.|  '⌒ L ⌒ l/    l" ニ= r-‐ l  l
  〈  ゝ'ヘ、\., - 、/.li____ゝ || 、___イ_, 〔   r、 !、   ヽ l 丿
   vヘ、  ヽ、 ヽ==l,,ハ,,   ハミ lーー--ー-//ゝ、 ゝゝ7 、__ ' //
  ,,_.n ,,ゝ、,,,,,,,゙゙''''^'',,,,,,彡ーく./ ミ \, ‐-‐.//  l`ー‐=ト、`ー' /l ̄\_
. / l,,l,,厂  l\∧l'''''l∧l    ヽ \`ー-' イ  ノ,,r‐'''| | ヽ ,,イ .l  l'",,,、 ヽ
/,∪     l,   >‐i  l     l   >ー‐ヘヽ /   l l    | .|  ∪ l |.゙ト、

14 :,:2007/09/26(水) 22:36:18 0
  / /  /-‐''"_, -‐' _ ,,,,,,,,,,,,,、-‐' ノ ) | ヽ.
      / / |/    / , -‐' , ' ,-‐''''''""´/ ノ ヽ
     / / || /   / ,、-‐''(/ _,,, -‐''"´ / l  |
    / / || /   //''f'‐'r、ヽ( r‐‐‐-r' ´ , ´/ ノ
   /  /  | |   // `-_'´ノ `~~,;┬r7 // /  /
  /  /   λ | 、(l )).     f'ヾ-_ノ// / /
  /  / /  |. i | ヽ,f´      ,!  /r'  | //
  |.  | |  |  | ヽ | ヽ  t=,,、 ´ ,.イ |  / /      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |  | |  |   |  ノ  \ “"´ .ィ / ./ , '      <  ごほうびよ!
  \  レ'' `ヽ!‐<    ヽr'"´ノ / ./ | ( 、        \____________
  \ヽ/           |_/ // .|  ヽヽ
    i′        - 、rヽ'''''''''‐- 、  }. ヽ
    |                  ヽ } }
    |       |             `Y  ノ
.    | (\   |              \/
     |  \\ |          Y     \
.     |   \\i          |      ヽ
     |/二二 `、   (〇)    /     (〇|
     ι, ', ‐‐==‐ ヽヽ      /\      ノ

15 :,:2007/09/26(水) 22:37:50 0
      /          ̄>-‐- 、
             /            /    \
            /             /      ヽ
         /              /|       |
        r                / i        |
       /        __        ノ  ヽ.       |
       (  (    /´  ̄ ~ ̄ ̄    \     |
       、  ヽ   /''''''''''''===i l i===''_"_ヽ.ヽ.    |
        ヽ (`、ヽ r''「囗」〉 r'  i「囗」Tゝ r , r、   |
         | ヽヾr  '' ´  ノ    `ヽ、,  }i | |  /
          ! | ||      ’’ ,,,,,,、   、 |♭ノ /    
          ` 、ヽf  __,''','´,、、、-――'''’' .}ノ |     
            ~|      ,-‐       |ー '      
             ヽ、______      ______,、r'
             _l   ` ‐--‐_""/   L
           /1 ̄ 二-フ71ヽヽ二 ̄  〉゛‐- 、


16 :,:2007/09/26(水) 22:40:15 0
              -、、 lヽ
               , - '"´ ̄`ー''∠..,
            , '´              `ヽ、
        /                 \
         , '                   ヽ
        /                       ヽ
      /                         '、
     i     ィ l、、     、             ',
      !     ハl ヽ ー- ,、__ヽ ',            ',
     l    l  ヽ  _,.ィ_,ィtオヽ .!                ',
     l,   l_,,...、ヽ   ´ -´  l l              i
     lヽ.  l=rヘヲヽ      l'              l
    / 、ヽ ヘ`  |      /  ,              |
.    〃 l   ヽ  '、.、 _,  ,'  / ,           !
  //  l    ヽ   くノ  l  i  i             ノ
 'ーく_  l     `ヽ、 " └-!_ !          /
    ``ヽ、      `` ー '´ jィ´\      , ィ ´
       `ヽ、  i       ll1   ` ー‐ '´  !
           `` ー---― '' ll.l  _,. -―――ヽ

17 :,:2007/09/26(水) 22:44:53 0



     __ 
                             ,,ィ `   '``' 、
                          ,. _     ,ィ''         :ヽ
                       ,i,.:' i    .:'          .::`
                    /  !゙ _、/ _;;-=ェ;、        .::i!
                   , '′,/ ,r;;.,i  `tiゝ.::   ,,    .:::::i
                , '":` ,/  ,iY'i    '" .' ::/゙ '''ミ::,  .:::::|
               r′.:  ;'-ーヽi′,'.   i ',," ::/ 'kヮ、 ゜::::::::i
               i  ::. /  :'゙ヽィ   ゙ `ヾi   `'  .:::::::/
               |    ゙  ノ i  ''-=ミヽ.       .:/
               l      // 、  ヽミ`、ゞ   :::::::::ソ-
               j      i;;;|  ヽ_   ″   .::::::/ノタl゙
            ,,,,,,、ノ     .ノ;;;i   ヽ,,_ ,゙、::::::::::ノ.イ"
        ,i;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ,,i;;;;;;;;|ヽ   .:::::::::::::::: ̄ソ;;;;;`ヽ
       .,,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;[     ,/;;;;;;;;;;;;;i ヽ ,,   .::/;";;;;;;;;;;;;;;;;`ヽ,
       ,l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,,___, '';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
      .,i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ





18 :,:2007/09/26(水) 22:47:58 0



    /"ヽ           /"ヽ
            i _,..--‐‐‐‐-...,_    !
            /::::::::::::::::::::::::::::::::'.,
       /"ニ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::Cニニ"\
      /  ミ} i,;illlii;,  ;illl||||lll;, ::::::::::{彡 ヽi\
     /ゝ,ノ'  ゝ  ,       ::::::::::: ゝノ'   \
    /   ゝ   i'lliiil') "'iillllii'" :::::::::::;' ヽ     ヽ
   l    i    .|  l~       ::6)    )    lヽ
   i     \  .l.  ~'_ _     .ソ   ノ    ノ l
    ゝ、    '-  '-.,    _,. ,.i-、-''"~        }
    .|         , ~,'i' "~ /  ,>          .i



19 :,:2007/09/26(水) 22:49:19 0




            _,. --- 、─-- .,
            ,. -イ          ヽー 、
           /   レ /,.  ,ィ   /    } ヽ
              /   iゞァ' _,.ノ  / , / /i   ヽ
          〈     !、 ',. - 、∠,. ノ. - 、'' /|   /
          ヽ   ! {   .},.- 、{   }' i  /   
        ,. -'" ヽ /  ,`ー'´〃 ヾヽー'  ト、/
       i    / i  (ゝ.,_,ィr--- く_ァ' )  ! iヽ ヴェッヘッヘ、、、    
      /´  ,. ´ ̄`ヽ/,>    ̄ ̄     / ' ノ`ヽ_
  ,. - '"   / 、 `ヽ.  l_)________,. '",. '"    `ヽ,
./,. --‐  /  、 \  Y-'  `ー '"   / / /       ',







20 :,:2007/09/26(水) 22:52:29 0
:: :: :: ,  - ''"";;; ` 、 .| :: ::ll|   l::l        ll   l|
:: : /, ':::::::,...イ:::;:;; ヽl  :: ll|   l::l        ll   l|
 /::::/:::::::::;;:、 j;;::. .,.-'.、  :: |l|   l::l
 ヽ::::i:::::::::::::::,.. -‐ ''" ノ:::i   ll|   l::l   保守するから…待ってるよ…
::   ヽ,'_, -''"::;;;;: ,..イ:../:::::i  :|l|   l::l
:: ::  j::',::::○::::、'"  i '"i:::l :|l|   l::l        ll   l|
:: : /;;;;;;;' ,::::::::;;;ヽ. _j・ /,:' :: :|l|.  q〔::|        ll   l|
::   iノ;;;;;;;;;;;` ..__:::::::::;; _ 'l  :: |l|   l::l        ll   l|
::     i/ヽ;;;;;;;;>::::;;;:::..` ー- ....____         ll   l|
:: :: :: ::  , "::::::` 、:::::.・:;;:::,":::::::::::::::::....゙'''ー---- --- -..,-、
:: :: :: : /:::::::::::::::::` 、_i:::::::::・::::::::::::::::.......   : .:::・:::::|( i
:: :: ::   ,':::::::::::::::::::;;:;;:・;;::::::::::::::::,,,.._::::::::::::.:::.........  .::・:j -'
:: :: ::. ,'::::::i::::::::::::::: .:;;;;;i:.. r''""     ゙'''ー --:::::::: ___  | `、
:: :: : ,'::::::::::i:::::::::::::::::;;;・:::::. i.     l::l          i::::.. ヽ
:: ::   ;:::::::..::i::::::::::::::;;;;;;;;;;::::... i  ________  ;::::::..  ` 、 ____
:: ::  ;:::::::・:::::i::::::::::;;・;;:::::::::::. i   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ;::::・:;;.・:: '  ̄ ̄ ̄
:: :: ;:::;;.::::::::i:::::::::::::::;;;;;;::::.. i :: :: :: :: :: :: :: ::  ; , ―、::: γ ; :: :: :
:: ::  ` 、:::::::::i::::::::::::::::;;;・;;;:.  i :: :: :: :: :: :: :: ::  ; ヽ,/:::;::i;;;;; :: ::
:: :: :: t ヽ..::i::::::::::::::::::::;;:::  i :: :: :: :: :: :: :: ::   i、::::::::::::..::;;;`,' :: ::
:: :: :: i' ー `';::::::::::::::;;・;;;.:::. .i :: :: :: :: :: :: :: ::   |:::゙ 、___::::..ノ :: : ::

21 :,:2007/09/26(水) 22:53:59 0
              __
           ┌i_     ,.ィ:::::::::::::`丶、
              Y ヽ   ,:':.:.:'""''"~~"''ヾ',
            /,ト、',   l:.:.:、       ゙;
        __// l」L!  rt:;' ,ィ_三、 _,,,..、|
      rf`、‐ 、}フ       {(リ  `゙'='ソ frッァ l
     ,ム三ミ!}」/      `゙i    r'_ _)`゙ ,'
    f'= ^丶`|‐'′    _, -‐ゝ、  rェェュ、/、
   (:::ヽ   '、 _,. -‐ '´:::::::::::::::l\ `= '.イ:::::丶、
   /`~丶、``ヾ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ミ== ´ノ::::::::::::`丶、
  , '    ハ   \::::::::::::::::::::::::::::::t'、__/::::_,r'::::::::::::::::ヽ
  /    /!::ヽ   \:::::::::::::::::::::::::::::_,. -‐ '"::::::::::::::::::::::::::l
 '、   ノ ヾ、:'、     丶、::::::::, ‐ '´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,!
  `ー―‐ '´``丶      `ー'⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l />
           \         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l'/
            ゝ、  _,.   _丶、:::::::::::::::::::::::::::/
            |::::`ー―:::'''"´:::::::::::::丶:::_,.::-―::イ



22 :,:2007/09/26(水) 22:59:04 0
          |:::::l     .,    、      ,l/|:::::::::::::|::::::::::|
            |:::::| ` ̄ ̄´ ゙    ゙゙゙̄''ー-、ソ, |::::::;;;;;:|::::::::::::|
             |::::::|  _、、、、二;     ,、、,    l;:::;;;i|;|;:::::::::::::|
           |::::f| ゙〈 ヽ'ソノ      ''T下スTヽ/;:;;;/l;|;;::::::::::::|
          |::::l|   ` ̄   ,     ヽニ="-// /ン`i::::::::::l
            |::::l|       l        '"  /ヽ |::::::::|
              |:::::|        〈           ノ,.゙/::::::::|


  \: : : : : : : : :/  \:{_  ‐-/ : : : : : :| -‐  j/ }: : : : : : : : : :/
            } : : : : : : : {゙マ¨ラ≧==zk: : : : : ハ:| __z‐ァ==≦ア : : : : : : /
           / : : {: : : : :ハ  _V込公ソ ヽ: :〈 `'´ _V込公ソ/ : : : :_:_:-〈
.        トー'´: /ヽ\: : : : \         {_:_:\      / : : : /´/ ∧


23 :,:2007/09/26(水) 23:00:06 0




             , イて二>      }\
            /: : :./       人ノ}
           /: : :./ __,_  /: : :./
.       /: : :.//: : : :―`―`'<,:.〈
        /: : : : 人/_/: : : : : : : : : : : ̄},
     /: : : : 人__,/: :/ : :/://: : }∧:`《ハ,
      /: : : : /  厂《: :/: :./ /斗-ノ ,-〉: 》ハ
.    〈 : : : : {   |: :{守ト:r┘r‐屶  fテ「:〔 : :〉
     Y : : |  /.:|个r|: |    ̄   〉 }人.V
       W | 从:|: : :.| :ト、   (`¬r^7.7\
.        气》゙⌒从: : :| :|: ヘ、 `)ソ / イ.  l
          {    儿: :.| :|\. `てl { .{ レ^7|
        人    儿| :|   〈\|\  ゙ / j
       ≪ ∧ `Y  | :|\   \  }  .j} 廴
.       》爻 人 |  j :j    八 /  .《 ノ_爻
        《゙爻彡人|  | :|   Y  ]   V乂爻
        ≫爻彡人 l_」      |     V亥
         ≫气彡≫―‐r介―‐|     厂
          / : : : : 气|.    V///人     /
.       ,': : : : : : : :.|    l// : : `ー‐1
.       {: : : : : :ミ=‐|     「 : : : : : : : : :|
         |: : : : : : : : :l     |: : : : : : : : :/





24 :,:2007/09/26(水) 23:04:09 0


        ( ̄ ̄ヽニニ_, )
        冫        |
        / ̄^-―――′ヽ
      / |            ̄\
    /  ヽ______/  /
   く               /
    ー―、___________イl
      /ヽ| く て .| |.ノ-|(
      |ヽ | / ´ヽ-^ L^  く |
  ,――/|( )| |    、__ )  / |\――__
/  /  ヽ | |  ____________  | |  \_ | \  
  /     |.| |∠--i-i--i-ヽ| ゝ   \ く
  |      儿 (  ̄ ̄ニ ̄  く    / / これから、本官が冤罪にでっち上げることにする、、、。
ヽ \    ヽ\/        )  /  ヽ
、フ  \    \`ヽ_______へ―′  / |   |
   _____フ    |   /  \  |    ̄|   |
   ヽ       |  |    |  |    /   |




25 :,:2007/09/26(水) 23:07:53 0


前スレ

http://c-others.2ch.net/test/-/youth/1174733940/i THE 犯罪学スレッド

26 :,18は凄く怖く見える 悪魔じゃん?:2007/09/26(水) 23:15:35 0
             __  ヽ 、
          _、ー-‐"´   `` ‐ゞ `ト、
       , -‐`               ' └-、_,        _
      _フ                   ,、、く       ヽ. ` 、
       _フ            ,  , ,ィ ハ. } i        i  ヽ_ ..-‐- 、
     ´7         ,  ∠ ィ/ jノ   !'ハノ           !       :冫
      ノ         / /. ‐_‐   ,. ‐ 7′           ′       〉
   、彡'        r‐v1  '{゚_j`  { ー' |}            {:.          }
    >‐ . . . .: .: .: .: l rヽ!       . 〉  |              〉:_,...   ヽ__ ,´
    `Z..__,. .. .: .: .: .:cゝ_;..、    、 __   !              7.:     ,
      ∠:__: : : : : : : :,;:_;jヽ、   ‐  / _          /.:       ヽ
      ____,二ニニニ^'..⊥.-`‐:-...∠._ノ:::`::..、         f;:...__    O ヽ
     f´ r─‐-、 ,..イc¬、::::::::::::::;.- ‐`- _、:∠!        `゙┤   ̄ ̄``'P′
     ヽ ゝ- ‐'"′. . 、. .c_-`ーァ'"    /  , `ー‐---  、,_ r __      l
   ,.. '´ ". . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ァ-‐'"/        '           ``‐ 、     l   _
 / .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   U                          ├ '´
└-''..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;イ       ヽ                         ,    ∠
    ``'ー-=::_:.'" l      `                          /    /
             l           _ _               _ ..′   ヽ─
               ヽ         _/  ̄`¬‐‐----- ‐‐¬'" ̄ .べ⌒'ー- 、_ `

 



27 ::2007/09/26(水) 23:16:51 0


   26のナウシカのセリフ、、、、、まぁ、いいってことよ、、、、、。

28 ::2007/09/26(水) 23:18:32 0
1の鬼女の顔がコピベ貼るごとに輪をかけて鬼に見えて来るんだが、、、。

29 ::2007/09/26(水) 23:27:35 0


  このスレッドは又の名を、コリンウィルソン ア クリミナル ヒストリー オブ マンカインド の

 第一部 犯罪解釈スレッドと言う事です、、、、。



30 ::2007/09/26(水) 23:29:45 0
   、、、、、こんなはずじゃなかったのに、、、、、
    i       |                            i
.  |       l                            !i
  i        !   ヽ                         }
  |       ヽ、   \     ヾ、_  . i              /
  ヽ       、ヽ_   `ヽ=ー--''_'_,_ヽソ            /
   ヽ       丶,=--‐'' ´_, -‐,,";='  |           ./ _,、、、,_
    ヽ、`'ー--;‐''"_,,、- 、` `  `''''"  ,'i          ノ‐'´
     `'''''l''''''''!ヾ.;=-'". i   '////' ,' {        /
       |   l 丶'//' |       { ヽ      /
        |   |  ヽ   ヽ '     _ i  ヽ、    // / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧   ヽ  ヽ     '''',"~  ),、、、 ヽソ7´ / <
      / ヽ、   \ `、‐、    r'"´   ` ' < /   \
     ヽ   ` ー-、、`)  ) `゛' 、_/_       〉i     
      ヽ     /´~~"''ー、 /‐'    ̄`゛'丶. i |
       〉     r      y'         ヽノ
      `、   /     /           l
       |  /´ ̄""'''‐,/           ,'
       |  r'     r'          ;  i'

31 ::2007/09/26(水) 23:44:30 0


http://society6.2ch.net/test/read.cgi/bio/1156635354/627
私自信は、かなりまともな感覚が失われてしまったのは、間違えない。
本を読んで、今も昔も、私はそうは思わないと思うのは変わらないが、どのように
考えるべきか解らなくなってしまっている、、、。昔は、解っていたのに、、、。
もはや、昔の自分では無くなってしまった、、。

このスレッドは、恐らく何回か繰り返し反芻することをするスレッドになると思われる。

、、、、一体、どうなることやら、、、、、。


32 ::2007/09/27(木) 07:06:11 0
     //./;;;/';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ,ノ;;l    ,、--
        .,;イ゙ /;;;;;;l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/_,、r'"´;;/    /
       /;;;;i, .l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r-、;ヾ;ヽ;;;i、;;;\;;;;;;;;;;;;''''''"´;;;;;;;;;;;;/  .r‐'''l
       .l;;;;;;;;゙ヾ;;;;;;;;;;;;;;/~ヾ  ゙l;;j .j;;ノ''ヽ;;;;;;'ー-、;;;;;;;;;;;;;;、-''゙´  /   |
       .i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ;;;;l    ,ノ;';;;r<ヲ:ブ!;;;;l.r.゙l;;;;;;;;;;;;;;;>''"´゙,コ   ゙i,
       ,>;;;;;i;;;;;;;i゙.ヾ;゙i、_ 、;;;;;;ィ;::;、-''゙ .|;;;;;|゙l :|;;;;;、/   ,/゙ ,|,    .\
      ./;;;;;;;;;;;l;;;;;;;レ''_;;=ミ;i, '=''     ノ;;;;;;レ゙.j;;;;/rへ  / /゙ i、     .\
     /;;;;;;;/;;;;;;ヽ;;;;;ヾ、:゙ー'::j     .,、、,/!;;;;;l ,/;;//    / / ;/゙\
     l;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;ヽミ;、=- ゙、  _,、-‐゙ ゙l,  .l;;;;;;K;;//    / / ;;/  .\,
     ゙i;;;i゙l;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;l;   Y゙  ._,ノ'''゙l .,、-'´_,,/     / / ;;/     ヽ,
      ヾi.|;;;;;;;l、;;;;;;;;;;;;;゙!   .ヾ゙゙´   i'  ,r''´ /    ./l, :l゙ ;;l゙      ヽ,
       .l;;;;;;l,.゙l;;;;;;;;;;;;;;ヽ,   ヽ,   :|  :l  l,   ,/  i;;! ;;l゙   ..:::::::::..... \、_
        ヽ;;;;;l,.l;;;;;;;;;;;;;;;;;;\  ゙  ,イ :i゙   ;l,  ./    ゙i, ;;i   .::::::::::::::::::::::::::::..\,
         ゙ヾ,,i、;;;;;;;;;;;;;;;;;、>、,,、r'ソ ./   ;;i,./     .ヾ;l  .::::::::::::::::::::::::::::::::::::...l
          i'゙ ,ヾ'''''''"´,.、:::::|  .ノ゙ /   //       .゙l;. :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
         ノヽ.、:.\    ::::j ./゙ ;/   ./ l゙        :l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    ‐---‐''"_;;;、;ヾ;、, .\  :::j .l  :    l;:::::::::::::::::::::::::::::::::::/

33 ::2007/09/27(木) 07:07:58 0
     .//´,r''"         .,  .,r‐'''ヽ        ゙'"‐-.、,.
    .j レ''゙´         ./ /゙./⌒ヽr.、ヽ, .、       .ヽ,
   /´           ノ .,/i゙ /     l .∧ ゙! ,   .\,  ゙l,
  /           ,/ .,/ .l .i゙     ./ / .j ∧ ヽ,   ゙ヾ、 l
  /  ,/゙      -=ニ-‐ベヽ、,_゙!:l,    ./ノ /ノ .゙l  ゙!     V
  l ;' /    ,r''"'i   /ミ'"゙'i'7'f-、,_ヾ、,__ ,rシ'゙_,rシ'゙  |  :i  , 、  l
  i :/    i 入|  ./ `'ーゝ、_゙シヾ゙'‐''"゙´ .,r--;;==y! j゙  ゙i, .:ヽj゙
  .Y     .| ! |  :!     .`゙''     ,、ゲ:(゙;゙ヾミ/ /   :! :.:/
  |     l i/''i  :i、          ヾ-ゝ='ン゙ノ゙./ i ,  j.ジ
  ノ      ゙! ヽ l,  iヽ,          .゙';: __,、rシ''´  ノノ.ノ'゙´
/       .ヽ, .゙'l .ヾ.ミ、,        /   / 、,,,、rシシ'゙
   .,       ヽ、i,  ゙l, `゙''‐  -、、,,,,.、   /   ´´!   j
―'ジ        j゙'i,  l           ノ  ,  、_ ゙'ー‐/
‐''゙       r'''/\゙l, l、      ‐   /   iヽ、,_,./
         ト、.゙ヽ、,゙'l, :!,`ヽ、     /    ゙l, , , , , , , , 何か、、?
、、ィ      /_,、、ヽ、.゙''リ、;゙'ヽ-ミ;、,,__∠l,   、   l
/  .,   / `i ゙! `゙'j゙、,.`'ー=Lj,r',ry゙'i,  .l  .j
  ./ /゙7゙i;、,ノ, '゙ニ゙ヽ,、-;、ニ'‐--、二、、.イ   l  .,l

34 ::2007/09/27(木) 07:15:48 0
               ,イ :::《:ヘ/:|:::::::::|:: ..::::/:: |::::::   i::|./|:::.  \
              / ..:| :::::f::/::|::::|i::i|::::::: |i::: |i:::::: |.::|-、:::::|::::   i, \
            /../ヘ:::::Y:::::|::::|ヘト:::::::::| |:::||:::: i|:::|  ̄'|::|:: 、 |::  ヽ
           //::::i:::>‐‐|::::::\|-|=i≡|ミ|三|ミ | |::|   |::|i::  |: |:...  i
          /'/..:::::::|:/ 仁|:::::: i::: ::|,=テ=-ヾ:!\:| ヾ  _|:ハ::  |:::|::::|i: |
        ,イ´/ ..:::::::::::|ヽ ヽ|:::::: |:::: i`!f;;r`}ヾミ `  =≡i|ミ|::: |i: |i:::| |::|
   ィ= ̄...::/ ..::::::::/ヘ:::\_l::::::..ハ:::: {!=ン     ,テ卞t ヾリ_| !:||:::| |::|
- ̄,   ..::::/ ..:::::::::/::::/ヽ:::::|::::::::.∧:: t       fゞkリミ ,/::::/;:;リ|_:| t;!
::::/  ..::::/  ..::::::::/::/三≧ユ=- 、::..ヘ_|      j `=´/`::T |/
/ ..::::/  ..::::::::::/::∠/.:_イ ̄   ーミヽ:::ヽ  rー‐ァ   イ::::: ::|
 ::::/  ..:::::::::::/ン/.:/´ /         ヽ::ヽ `´ _,.イ::::i|::: ::| |
::::/ ....:::::::::::::://.:/ /            、j-':::::::::::::l:::| |:: |i !
/ ..:::::::::::::::::/.:./  /          [   }::::::::: ::::::: |!,! |:  |ヾ|
 ::::::::::::::::://   /            |  /::::::::::: ::|::: | |:_!  、、、〜〜、、★□O▼!#
:::::::::::::::/`    |             | ,イ:::::::::::  |::: | 



35 ::2007/09/27(木) 07:37:20 0
          /         /_, -               ヘ ,'   \
         /  __  i!     ´ /   , -‐              ハ/     ハ
        /     ヽj      ,'  , '´    -        /i\__  ̄ ̄ ̄ ̄ヘ
     /       レ~ヽ  | !, ィ   , '´    , ' /| j   〃 !        ヘ
     |         {  ヽ j  /   /     / /゛"' ,, /ィ´/         ヘ
     レ ―‐、   /   |!   |  /    _x-< /     "- 、r'            ヘ
     {ィニニニz`, -'´   ∨  i! /   イ´ ¨レ' \       / /  /      ヘ ̄ ̄
     ∨  ̄ヽ }     r―'∨ , ー<´ /ィ千旡ぇヽ|   __.. イ ,イ  ,ィ´ ,'    j   ハ
      /    |´    |   ィ     ,'! ヾ た::j テ     ∠七ニヘ/  /!    }   ハ }
      /    i       |  〃    / |   Lzン        zェァyム-' ∧   /  ノ jノ
     {      }       ! ノ   彡イ  ∧              た::j 乃 / ∧ -‐'¨
     |   /\ノ      |イ, - ' ヘ ヾ   ヘ       '   ゝz= ' / イ     _ -――
     `ー |\ \___    ヽ    \ \  \    `ー   -=ニ二 ィ ´, ' , -‐' ¨
      |_ヽ-' /       \     \ ヾ.  \        , イ /
       ヽ__/       \ {二ィ>-ト -=` ー―===<  /
                    \ {´/!ク >─―----― '/¨


36 ::2007/09/27(木) 07:41:22 0
                     __
               , '                | |.、           `ヽ、
                /                ヽノ | |              \
             /   /      、     ヘ. /!               \
                / / /  / , 几.|\     ヘヽ.                 ヽ
            | l.|. j / ,.i=ム| l. lx=t=:.、   |  |. ヘ└-、
            ⌒∧|| .| '´| ' ` ヾ「ヽ|\ハY´|ィ/  ハ.  \
             / j. ヽ|Tンイ`ト  ' {. }ヽ } /   ,ィ }、、、、、、、?    ヽ
               {〃l  | { ヽ」    -' '/イ   / レ ヽ
             / .〉 .! \   '、___  /l /,ノ  / !、
              l. ||ヽ〉 ハ`l ,、` ´/ ムィ |  /  | ヽ
             `ヽ|/ / ヽ |─´--一7| l '´    |  }、            イ
             _/ / |    't:======|| \.   |/ }         / / |
            r'´_. イ   ヽ   ヽ    / \  `ー-  ′       /|/  "'
           / /   ヽ    \._ \   {   / \_ `ヽ `ヽ   / j    /
            |  l    l     |ヽ. ヽ l.ー/    `l>'クヽ! /レ/  /
           {i^´    |     | ヽ ∨ ./       |   Z ベ、 / ./
                 |     | l二rュ7     / 〉/ /  _ヽ∠ --、
                 |     | //l |Y       |/  广´      \
           r…─‐--'´ |      マ ̄l 、l.      l   ,′           ヽ
          |   ,rー   |      |  ヽ,′    |   ,>          /
       / ̄ ̄ ̄     .|      |  /      ′ /     y       /

37 ::2007/09/27(木) 07:42:29 0
      _,.-¬‐-.__
                      ,イヽ、_/´, ,.,,., ̄L
                     r'ィヘ ,-!し{,イ〃,./ l
                   / ,. ハ L|  | Tァ^り川
                  //ム',.ィ f| ` (イノワ
                 ,.-'´/ , _,.〈| ト、_.ン`¨´
             ,.-'´ , '/  /'^ヽ. ', Lヽ_ |、、、、やっちったー、、、
              /   {. ハ  l、  ', 1',¬. |
          /   / ヽ! ト- ニ、 ヽ.  l | `ー''フ
.          / ,.  /  /     /  `ヽ、l lン‐ '
.         ,′// ,/    ,/、    __.ヽレ ヽ
        | ./ /    /  / __ _'ュ ィ.、ヽ ヽ
        l/ /    /r'  ,ゝ´  // { ト、 __ ヽ
        / /    ,r' ノ|  ノ    ー ニ=ヽニィ´  `l
       ' {     ,ハ | Y´          ',ヽ、_,-ヘ.._、
         l/` t   ,/ ハ l.-'’    /       ー=: ー-‐┘
      ,.-へ. ゝ-<  |  ',ト、    ∧      ∠フ
.     /    {´   l |   ヽ、__ ,/__ヽ_ _/|
    rム-z_ノ     ',|     ヽ¨   |    |
    / ソ、         ',|       ヽ    |   |
   / /         1       ヽ    |   |
  / /                    ヽ   |  |
. |/                    ,!   |   |


38 ::2007/09/27(木) 08:06:57 0
ヽ|   l   |   | !|    :| |        | |   l |   │   ! |
ヽ|   l   |   | !   | |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |
!∧  l   l   _jzム≦た!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |
li '、  !  ヽ'" | j \  l {        / /  /丁7    /   / | |
|:  ハ ヽ__ト、ィ''チ示アミー       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/
|:  { l`、_,,ム<{イ f::::`イ}         { f:::::`イハ>┬='_/ノ
l   ヽl    ! V^tzc'         V^tzc'  /!¨´  「
| l   l     l  ゝ=='-            ゝ=='´ / i     |
| |   |     |!           !          / !     |
| |   | i   ハ、        '        /  i.    |
| |   | i    !ゝ、      cっ       ,. イ  i    |
| |   | l    ',   i> 、       , ィ<1/  /     i|
| |   | ∧.   ∨ i|.  > 、 __,. < l //  /     i|
| |i  ヽ ヽ    Vi|             | {/   /     八





39 ::2007/09/27(木) 08:07:38 0
         / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ>   | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ     ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/
          // │ ヽ! |    rーy    / 〃
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
      ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ


40 ::2007/09/27(木) 08:08:12 0
       / , - ' ¨  \ ` >-、
             / / , ' , '   |‐'´  ヽ
            /ヽ /  / / //ヽ,.'ヽヽ ヽ \
             〉 / ! 〈  {  | |゛゛"''''|│ 〉  !
           〈 ヾ| i ヽ_lyz七リ> u | | /  | l
           /`ハレレ|,,r==ミ   u ム,Lハ / ! !
           //,' r | l |`V::ソ       ~∨ / /
          // | ヽ|│!.  ̄    , r=z、 /∨l/
          // │ ヽ! | u  rーy    / 〃
         //  !  `、!>、  r、`´   ,ィ / |
         //   !!   !  `ノノ )7 </ル'  !
          rヾ  ̄ ||   lr‐ 'フ, '/ |ヾ| !  |  !
        ,',ヘ ヾヽ||  /   ∠- ァ! \|  !__ヽ
      /!  ヽ | |||/     r--'ヽヽ `ー、ヽ ¨ァ
      ,' 〉  ヽ !_/    ,、┬、二ゝニ \   ヽ!/│
      ! /   / |   ィ´ ! !    | \_   |_ !
     | !  ,,.イヾ \ 」〉  |│    ! /| / ハ|
      ! | /  ヽヾ ´/  | ! ,、,、 |〈 ヽイ//ヽ


41 ::2007/09/27(木) 08:26:21 0
ヽ.   !'´ / /  ヘV ヘ ヽ \
: ∧ │ jl │/l…ーヘ l  |   ヽ
/ |`トJ l{ |_!_{    iレzュ!、 l: !ヾ}
i  |ミl  jイテ丈ヽ  /,ィァk}イ/Nl j/
l  iNヽ{ 代i汀     jヒ;/'/! l|
 /| l ^ヘ`ー''   i  `´厶 八
:/i | l l   ト,、  ー ' /、:/ ∧ ヽ
 ハ ヽ\小 > -イ⌒∨ 人 `! ト、
ノ 人 l  ゝ { ゙̄く人__}  Vハl ヽ
/  ヽi  ヽ \/| \/    :リ  l
    |   l   ̄        ヽ_ j、、、これで許してよ、、、、?、、、、次ぎはお前か、、、?、、、ん?
    | i:  |            / `く     _ __
    | i:  i    丶   /     ハ   ノ(     `ニ=ー- 、
    l i:  /-―‐‐-、 ヽ. /     i } ,/{ >} 、>‐、ヽ\ヽ‐-
    ! ! ∧     \}/       // /了  \_ヽ  \}_j J    丶、
ヽ   ヽ { i       ^  ー-イ</   ヽ   `´              \                               _
 l    lハ.ヽ      /      ヘ _ __\                \                           ∠_   ̄ヽ___
i :|   ノ! V\ ー '´                \                \                   __ -一'´   `ー─‐ -、 \
i |     :| :/   \\                    \                \           -‐ ´ ̄ ̄ ̄ ̄               \
 /  ` | {    \\                  ヽ、 _、              ヽ、 ___/                _,. -=ニ¬ー-、 ,ィ=<
 {  ‐-、〉 ヽ ___ ヽ \                   )' 、              `ー'´                  _ - '´      ̄ ̄ ̄ ̄`\丶

42 ::2007/09/27(木) 08:32:09 0
   _/    ノ.:.:::::トVシ1::l::|::|:::|::::.ヽ::.\
          /.:.:::i:::l:|ミシ1:l::|::|:::|:::::::|::::::::.ヽ
        ./.:i::i::|:::リ_   ノ匕士ナl::/:|::::::::::::l
       /.:.::|:|::|:::仁   モ式フl:/::::|:::::::::ノ!、、、、、、、、、、、これで、あなたも共犯、、、
        `t.:::いぃtヒり    ̄  l::::::::レ^Y:::::.ヽ  、、、、、、、長い、お付き合いになるわね、、、、。
         ``7.:::::, ' _,   /.:::::ノ_ノ.::::∧::.\
           |:::l::::l\   _ノ.:::∠"´.:.::::∧::`、:::.\
           l:∧::!  `ーァ ´ ̄`ヽー ::::く:::.`、::.ヽ:::.:.\
          ヽ!ヽ!  ,.イ          `ヾ::::.:.`、::.ヽ:::.:.:.` ー----- ─‐- 、
               /.:;′       i  ヾ.:::.ヽ::::.\::::::.:.``ー──-、`ヽ)
          /.:::::::l      ,     |.  ト、::::.ヽ:::::::.`丶、:::::::::::::::::::::.:.`ヽ ̄``ヽ
          /.:.:::::::::::',     i    l:l  lトトト、:::::ヽ`ヽ.::::::.`丶、:::::::::::::::::::.\`ヽ::l
        /.:::;:::::〃.:/ l.     l    ノ l  | り ';:::::::r-イ``ヽ::::::::.ヽ `ヽ::::::::::::::V:ノ
        ./.:::/.::〃:ノ__.」     !       ',   i:::::::i !    ∧:::::::l   \:::::::::!
       /.:.:/.:://.;′  l     L_____L__ヽ  l|:::::::N  _/ l:::::::|     l:::::::|
        |.:./.::,' l::| .:.:.::|    |       _ヽノl:::::::lノ〃⌒⌒ヽ:::/    l:::::::l
        |::l.::|:l  l::ト、.::::::|     |  "´  ̄-孑彡ノ.:::ノ {{      }}    /.::::/
        |::|:::|:l  ヽ! `ー|     !-一' ニニニ子ーフ.:ノ  {{.        }}   ノ::::ノ
        ヽト、:.ヽ _,     |   l      `ヽ:::::::∠_  `ミ==== 彡人 ´ ̄
           ̄    |   ト、   , '´. : : : : : : : `ヽ    `,  l:::.ヽ
                 l   l  \ l. : . : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.\    /::.:.:.:.ヽ

43 ::2007/09/27(木) 08:34:55 0
                   >――ナゝ、―.,^
                 , ノ〆, ''"´    ゝ/  .ゝ
                /  ,/        |    .\
                /  f / ,  / ,.∧入λ    \
               /   | / /| /| | | | ~´~|.|ヾ λ  .|
               /   ,| | | / ,| |_| !i   リ 》 | | ||a
              /  .,ヘ| レ ゝ 弋 `モ`   デ-_リ| リ
    .r.、  n      |  { |  .ヽ  - 一丶   __ / ソ″
  ヾヽ .ヽヽ f t     |  f入|  ヽ       ,  `/ ヽ
  _.\ヽ.ヽヽ f i、 .ノ7  j  |  ヽ ト ヽ   ヽ ー ,  .′ 丶
 ヽヽ.ヽ.\ヽ.y ヘ r f  /  |  ヽ .ゝ.ヽ   ゝン  .イ  ヾ }
  \\ゞ     レf  /  ゝ  ヽ |Vヾ、    く |\| リ
   ヽ  ./    .| /   ゝ  ヽΥ   .Υ.´ ヽ ヽ| ゝ
    \      |/ ..、― ヽ  ヽ     .i ヽ ヽ  ヽ  ゝ
      \_   .ノ .,f \\ ヽ  ヽ ̄,,..ゝー-ヘ ヽ、 ヽヾゝ
       ト―――?    .\ ヾ   ヽ 、-‐‐ー‐ヽ |、 〆\、
      ,|===チ ヽ    \ヽ、  ヽ\-ヘ-_| | ∫.- `|.、
     /⌒ ̄ ̄~ " ヽ     \ヽ、 丶\    | | .∫- ,.|_ヽ
     .{        ∫      .\ヽ、 ヽ .ヽ   .| .|  |ノ` |、,\\
     丶       .|    ,ソ   丶|入 | ヽ¶ .¶| ,!iλ|  | |||   \  

44 ::2007/09/27(木) 08:48:41 0
 |        | |   l |   │   ! |.   
| |_      、__| |   :j ! |    |   |i| |.   
!ニf'"    ヾにj≧kムj、|     j   リ| |.   
l {        / /  /丁7    /   / | |.   
       フイ''テ圷、/   :/  ,' / j/  、、、、、何か、、、?   
        { f:::::`イハ>┬='_/ノ
        V^t::::::'  /!¨´  「       
           ゝ=='´ ./ i     |       
     !         / !   |        
    '   ′′′./  i    |        
  ー−'     ,. .イ  i    |        
      , ィ<1/  /     i|        
  、 __,. < l //  /     i|


45 ::2007/09/27(木) 09:01:17 0
               /`:ー=、二 ..ー...、
              「 ̄ ̄ ̄:.`ヽ:..:..:...:.\:.:.:.:.:.\
             __j\:...:ヽ:.ヽ:...:...:..:ヽ:...:.:.ヽ、-、:ハ
              }:..:\ヽ:..:.l:...ヽ:.、:ヽ:..l:.l:.ヽ:.レ\ヽ!
              ハ:...トヘト:...:l、:.,.lLA:A:.ト:|:...:ト|_:.:イ:丶ヽ
           ,小:.ヽ:ヽ ヽ:|ヘ:.「l「_⊥.!_:.:...l|:__:/:.:.:.lハ:|
            /:...:.ト:./´:ヽ  | ーチィて::ル'l...:.!⌒}l:..:.小 }
          l:l!:.|:..l:.ヽ:ト,≧、 ´ ヾ:斗:|:....|_ノ:|:./::.|:.l
          lハ{ヽト.:ト.代:z〉    ´  !:|..:..|:.:...|/:.:.:.:|:..l
          |! __rヘヽハ´ ` _._-ノ ノイ:...:!:.l...!:.:.:.:.:.| l..l
              | 〈、ヽヘ }ー-.ト...      /...:.l:.:l...|:.|:.:|:.:.| l:..l
           {⌒ヽ.〉  :ム:}:.`7ヲ´/....:.l|:.l...:|:.|:.:|:.:.| l...l
           「ニヽ〉  //ー':/ー_/...::/ !:.!...:ト- L:_!_|:l   、、、、、うふふふ、、、クスクス、、、、。
         /マ }_,二 /イ: : : : /二/..:.:,:トj!:|!...:|: : ://ハ.l:...l
       r‐くヽ ヽ_´r 爪::|: : : :/ /....:.:/ト/|..l.!..:.! ///_`ハ l:...l
       /  丶三_7 jl: l::! : : l /./:.:.イ:|': ハ:.l,〉:.V∠ _ {:ハl....l
        /    ‐ ´/ ハ:l::l: : :レ':.イ:.,/,.|:|: : : >Vヽ:ヽ  |: : l l:...l
      ノ     /   { ハl::l: :丁ム// L|:/'/`{  ̄ /┬ ´ l...:l
      j       / /ハ.  ヽ、: |ノリ{{/: /.'/   /  /:.:.:.|   l....l
    /     / イ:.:.:.:.,|   ヽ、! /ニ‐:/   /   /:.:.:.:.:.l  |.:|
   {      ノ/:..:..:.:lノ _...-┴Lェ≦..、   イ  .イ:.|:...:|:...l  |..|
   ∧   _.. イ /..:./:.:l{ ヽ:_:.-ァナト、:.:.:/   /  / /:.ハ:..:|:...:l   |...:|
  /./  ̄/..:./ /...:/:.:./_jェrrフ.イ_|:ト-┘   〉  イ:.:.l|:.|!...:.!  |:...|
  ハ/   /:../ /.:..:/.:.:/ノ: : :/:/‐{ー-!:|7ニニljエ  ノ:.:.:.:l !.:|:|l...:.:! |..|

46 ::2007/09/27(木) 09:05:28 0
















47 ::2007/09/27(木) 09:06:44 0
        r--、_
        r´<ヽ、)
        `「 '  /    バカヤローッ!!
        `!  ヘ
.           l   !
          l   l
            l   ヽ、.._
           l   ヽ ヽ、
             lヽ、_   !  l`i         ,..---、
            `!. `ヽ....ソ´ !        _,ィ´`ー、 `ヽ
.             l          l       /ツ ......  ゝ.  !
             l       l    /` - '``  .!   .!
           l       l-‐、 ,!⌒ヽ l   ./   ,!
             l      /_ ノY `ー‐' '   '⌒) ノ
             l    ,../ ./´ ,ゝ、_    _,.=ニ´ l´
             l   r'-、ヾ,/  l_,..ニ=‐'´.    ̄!
              l r´`   li,r'"´       _,...-‐┤
               ! ヽ.   ,!     _,.-‐''´     ヽ、
                 l.l/ヽ  ,!、__,.r '´           ヽ
               i´,∧ /  `ー、              l
               ll l. ∨      `'´          l
               l'´  /                     l
                 /l ,ィ´                  l
            (/ l'´                     /
             `! l                    /
                 l l                   /

48 :、匿名番人:2007/09/27(木) 09:29:16 0


     ζ
    / ̄ ̄ ̄ ̄\
   /         \
  /\   \   /|
  |||||||   (・)  (・) |
  (6-------◯⌒つ|   /
  |    _||||||||| | 汝、己を知れ、 
   \ / \_/ /    \
     \____/               

                    
            /   〃" `ヽ、 \     ? ? ?????■??〓?? ? ? … .
           / /  ハ/     \ハヘ    .??■? ? ? ?¨ ∵? ? ・
.             |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ ???? ¨???????■■〓????
            |i | 从 ○    ○l ? ?????????■〓?? ?? ∴ ? .  
           |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l?????????? ? ∴ ….? ?  ??
           | i⌒ヽ j  (_ ???????????????  ? ??????
           | ヽ  ヽx>、 __, イ ?  ¨ ???■??? ? ?       



49 :,:2007/09/27(木) 09:46:36 0
            ,r' 、、.._       ヽ
                       /  ,!   ̄``ー-.、ヽ
                         l  ,!   _ _  __  !{
                      i''ヽノ  、....,,_ , , ___,, l!
         ,..... _,..--、       l l!  '´`^.::: i:..ti-、l
    _,r ''ー;' ..    :..   ヽ.       ヽ!    ,rr  l:. ヽ i'
  r'´ l:::.  ;: :'   ''     i     /!.  , i'、__`ー' ,ヽ!.!
. l:.  i:::::  r '    i     l,ヽ- -、j'´  ヽ. ヽ `‐.二r',!,r'
  !:. .l::' .i'    l     r ヽ :.. ヽ   ヾ 、    / 、 コノヤロ、バカヤロ、、、#
  l:: .l:  .l:     !      ;!' 、 i :.:. ヽ   ィヽヽ --‐'i.  `ー 、
.  l:.. l:. l:     !   _,i'  .::: ):. :..:. ー ' :!l! ! r'´  ヽ ヽ ,. - ヽ
  `ーヽ__ヽ ニ.. __r'_二    .:::r';.: ; _:..:.. :. li l  ヽ    !  l:. :.  ヽ
.    r'':::::::::ヽ:::::::!( _,i::::::  ,/ ; ,: l:i ヽ、:. l!l   l   l  l:  :.
.   il ,'    ヽ::::::::::::::: ̄`フ  /   ヾ   l:!l.   !   l   !
.  i'r'  ,:'  l 、`ー- 、:r' r'´;:::';イ      ヽ  !!l:   ヽ   !  l
                     
            /   〃" `ヽ、 \     ? ? ?????■??〓?? ? ? … .
           / /  ハ/     \ハヘ    .??■? ? ? ?¨ ∵? ? ・
.             |i │ l |リノ    `ヽ}_}ハ ???? ¨???????■■〓????
            |i | 从 ○    ○l ? ?????????■〓?? ?? ∴ ? .  
           |i (| ⊂⊃ 、_,、_, ⊂l?????????? ? ∴ ….? ?  ??
           | i⌒ヽ j  (_ ???????????????  ? ??????
           | ヽ  ヽx>、 __, イ ?  ¨ ???■??? ? ?       


50 :,:2007/09/27(木) 09:52:39 0
      ___
        ,r:'::::::::::::::::;;;::-、
      r'::::::::::::::::::::::;, ヾ::::i
     /:::::::::::::::::::::::::〃.   l
    r'::::::r' ヾ:::::::::r'    -、i  、、、、、、、、、、、。
     l::::::::! ヽ,. 'illji!   -t ソ
    .i::::::ヾヽ       ..::!.ヽ
   /r 、ミ  `         ノ -_)
 r-'、   ヽ   、    ': ,__j
. i.    `ヽ、 ヽ ` -、.  ヽ ,!
/        ヽ  ヽ   ヽ、   )
            ヽ ヽrく´ ̄ ̄
             _
        _...-一'::::::::::::`::≦ュ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::\
     _/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::|::ヽ
    //:::::::::::::::::::::::::::::_........_::::::::/::|:::::ヘ
.   //::::::::_::::::::::::;rヘ:::::::::::: ̄:::ヽ!:::::::ヘ、
   |;ム.z::´:::::::\:::/::::ハ:::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::l\_
   |::::::::::::::::::::::::ヘ|:::::|:::l::::|:|::::|:::::|::::::::|::::::|::::\-ゝ-、
   |:::|::|:::::::::::|::::|::::::::j:::」:::|:|::::|:::::|::::::::|::::::|::::::ヾ    ヘー-.、_
   |:::|::|:::::::::::|::::| ̄   」_」」...A-‐z::::::!::::;へ::::::ヘ   |  ノ__`)
   |:::|::|:::::::::::ト:::;V::}   |:::「|:::「|:::|:::::::/::/  `ヽ::|__/‐ ´
    ヾハ:!V:::::_」彡::〈   ¨´ (⌒)'|::::://´    ∧}  、、、、、、、、、、。
    {::i^ ヽ弋ヽ (⌒)    __  ,:::;r ´ ̄`ヽ /
    ヾー--{ヽヽ:`‐、----≦-‐7:/-、|__,、__.ノ



51 :,:2007/09/27(木) 10:03:22 0


   、、、、、、、さすがに、気持ち悪くなってきた、、、、。

 AAは止めよ、、、、。



52 :,:2007/09/27(木) 10:19:49 0


  wwwww、、、何か、スゲー疲れた、、、、。この手のグロAAは

 あまり、おめにかかれないはず、、、、。  もういい、、、これ以上は、、、、。

 でも、実際は、これどころじゃないんですよね、、、、、。


53 :,:2007/09/27(木) 14:09:22 0

 取り敢えず、模索しながら進めてみて考えるか、、、。
http://tmp.2chan.net/guro-gazou/guro-enter.html のホームページに↓の投稿をした人が居たんです。

犯罪スレからするとするか Name 白カラス黒ヒツジ 06/12/01(金)11:08 No.1295780
犯罪関連の画像が少ないねえ。ジーク板か二次グロの方がやりやすかもなw
この板でも犯罪は犯罪は詐欺とか殺人、強盗関係やろ Name 白カラス黒ヒツジ 06/12/01(金)11:22 No.1295782 [返信]
たくさん写真は見かけますが、、、、。
>> 実は自分がいうまでもなく犯罪はコリンウィルソンが Name 白カラス黒ヒツジ 06/12/01(金)11:29 No.1295786
ほとんど言ってしまっているので自分があえて言うまでも無いですけどね、、、。ですから世界残酷物語の第二部を引用して進めていきます。

54 :,:2007/09/27(木) 14:12:54 0
>> 告白すると振り返ってみると私の人生は Name 犯罪のオンパレードかも知れません 06/12/01(金)11:40 No.1295793
考えてみると、私生活は本当に何もかも滅茶苦茶すぎる。
>> 私は振り返ってみるとまともであった事は Name ほとんど無い、ならないし、なれない。 06/12/01(金)11:42 No.1295795
例え、努力しようがしまいが、、、、。
>> かっぱらいも、暴力もあったかな、嘘もね Name でも、大抵、ほとんどの連中がそうや 06/12/01(金)11:46 No.1295796
そうでない奴は、物事を知る時、何か本質的なことを見逃しやすいことになる。
でも、犯罪をほっといたら文明は成り立たない。
>> 犯罪の特徴は国によっても、時代ごとでも異なると言える。 Name 地獄の盗人 06/12/01(金)11:53 No.1295798
フランスとイタリアは情熱的犯罪
ドイツはサディスチックな殺人
イギリスは大方配偶者、愛人の念入りに計画した殺人
アメリカは突発的で気短な殺人、に特徴がある。
>> 10年ごとでも犯罪の種類は変わってくる Name 地獄の盗人 06/12/01(金)12:02 No.1295800


55 :,:2007/09/27(木) 14:31:11 0
30年代前後の世代は、理想と現実のギャップの埋め合わせによる犯行

40年代前後の世代は、社会的イデオロギーに関係した事件の犯行

50年代前後の世代は、全共闘

60年代前後の世代は、オウム等のカルト犯罪

70年代前後の世代は、登校拒否、オタク、ニート、の世代

80年代前後の世代は、念入りな単独敢行犯、酒鬼薔薇、バスジャック、等
(個人的見解ですが、バスジャックは許されるべき事件と思われるのに対し、酒鬼薔薇は、同じように許されるかは、解らない。)

先ず、取り敢えず話しを列挙していくことにしますか、、、、後で、考えると、、、。


56 :,:2007/09/27(木) 14:38:10 0

酒鬼薔薇の件は、責任と反省を追及しても通じたり解るかわからないし、何やら、やみ系の
黒幕に社会的に意識操作の意味で配置されているようにも思ったりする、、、。

酒鬼薔薇の扱いの特殊性は、要注意です。むしろ、酒鬼薔薇より、それを配置するウラの人間に注意すべきであると言いたい。


57 :,↑オカルト的繋がりの意味合いで:2007/09/27(木) 14:49:45 0
1940年代と1950年代のもっとも典型的な犯罪は、利得を狙う殺人かセックス殺人だった。
英国では、サディストのネヴィル・ヒースと「硫酸風呂殺人鬼」のヘイが代表格、アメリカでは、紅灯の
魔人カリル・チェスマンと大量殺人者ハーヴェイ・グラッドマンが良く知られている。



58 :,:2007/09/27(木) 14:58:49 0
又、1900年代は、動機の無い殺人が目立ってきている。人に知られたい自己顕示欲によるものだと
判断すべきだろう。「沼地の殺人者イアン・ブレディー」「チャールズ・マンソン」、、、、。

59 :,:2007/09/27(木) 15:16:49 0
アンドレ・ジッドの作品『法王庁の抜け穴』の主人公は、列車の中で全く知らない人を殺す
衝動に駆られる「誰が知る事が出来ようか?動機の無い犯罪――警察は謎の迷路に迷い込むに違いない」。
(こういうのは、ウラやオモテ系の内部と言うよりはむしろ、ヤミ・光系の外部の特徴です。)
そこで、彼は、走行中の列車のドアを開いてその男を外に突き落とす

60 :,:2007/09/27(木) 15:22:07 0
オスカー・ワイルドの随筆に、義妹の足首がぼてぼてしていると言う理由で
これを殺す贋金作りの話がある。

61 :,:2007/09/27(木) 15:29:01 0
上記のような動機無き殺人が現実に起きるとは、哲学者も警察も考えていなかった。
(というか、常識的な人には、何時の時代でも解らないが、非常識な一部の人には、有り得ない
訳では無い事が解っているのは何時の時代でもいたといえそうである。その意味で、基本的に
犯罪学は、義務教育に組込まないとマズイ、、。)



62 :,:2007/09/27(木) 15:40:40 0


1952年、ハーバート・ミルズと言う19才の会社員がノッティンガムの映画館で48才の主婦の隣に座った。彼は思案した。
「この女は、『完全犯罪』のもくろみにもってこいの相手だ」。翌日、約束通りやってきた彼女を散歩に誘い、
木の下で絞め殺した。「完全犯罪」を誇りたいという衝動を感じただけの理由で彼は逮捕され絞首刑に処せられた。



63 :,:2007/09/27(木) 15:47:30 0


 1958年7月、ニューメキシコ州キューバの町でノーマン・フースという男がジープを停め、狩猟用ライフル銃を構えて二人の
メキシコ人の子供を撃ち殺した。追跡され逮捕されたフースは、人口爆発について何かしたかったと述べた。


64 :,:2007/09/27(木) 15:53:31 0

 1959年2月、カリフォルニア州でペニービョルグランドと言う美しい金髪の女性が、既婚の男性からドライヴに誘われた。
男がなにか挑発した訳では無い。しかし、彼女は、十二発の弾丸で男を射殺した。逮捕されると彼女は、次ぎのように
説明した。「人を殺して良心に痛みを感じないで居られるかどうか試したかったんです。」。
精神化居は、彼女を正常と診断した。



65 :,:2007/09/27(木) 15:57:59 0

 1959年4月、ノーマン・スミスと言う男がテレビを見ていた婦人を窓の外からピストルで撃ち殺した。
彼は、その夫人を全く知らない。たまたま彼女が見ていたテレビ番組は「狙撃者」と言う
ものだった。それを盗み見た男に突然衝動が起きた。

66 :,:2007/09/27(木) 16:05:34 0

 奇妙な話しだが、多くの犯罪は、平均より少し高いIQに関係があるようだった。




67 :,:2007/09/27(木) 16:11:02 0
ハーバート・ミルズは詩作を試みる青年で、自分の作品の一節を犠牲者の死体の上で朗読した。

「沼地の殺人者」イアン・ブレディーはサドを引用して自分の行為を正当化し、法廷では、長広舌を展開して
「インテリ」であることを誇示した。



68 :,:2007/09/27(木) 16:19:42 0


チャールズ・マンソンは、一種偏見の社会学を自ら構築して「ファミリー」の犯罪の正当化を試みた。




サンフランシスコの「ゾディアック」殺人犯は、暗号で手紙を書き、ゾディアック(黄道帯)の形を著名にした。



69 :,:2007/09/27(木) 16:41:54 0



眼科医ヴィクター・オータ一家を皆殺しにしたジョン・フレイジャーは、タロット・カードの組み合わせ著名した手紙を残した。




70 :,:2007/09/27(木) 16:52:44 0

1966年11月、18才のロバート・スミスと言う学生がアリゾナ州メサの美容院に入ってきて、5人の女性と

2人の子供に床に伏せるように命じ、全員の口頭部を撃って殺害した。

スミスは決して問題の若者ではなかった。両親との関係も良好で、模範的学生との評判だった。

かれは、警察に次ぎのように説明した。「有名になりたかった、人に知られたかった。」

(日本でも、この手の事件は、2000年頃、一件なかったっけ?)



71 :,:2007/09/27(木) 17:01:15 0


  「有名になりたかった、人に知られたかった。」

(日本でも、この手の事件は、2000年頃、一件なかったっけ?) <<

違う、あれは、人を殺してみたかったと言いながら、人を殺した後、寒くなったので
自首したと言う話しだよね、、、、。


72 :,:2007/09/27(木) 17:10:32 0


 カリフォルニアのホテルの一室に女が入ってきて、寝ていたプロ野球選手を殺した。女と、プロ野球選手は、
 一面識もない。彼女は警察に次ぎのように説明した。「あの人は、有名です。だから、彼を殺したら
私も有名になれると思いました、」。


73 :,:2007/09/27(木) 17:11:55 0



やっと、 72 :,:2007/09/27(木) 17:10:32 0    と   72 KB  が並んだ。



74 :,白からす黒ひつじ:2007/09/27(木) 17:33:57 0

上記の発言は、問題のキーワードとなっている。

全てに人には、「人に知られたい」と言う根源的な欲望があると言う事である。
(それは、突き詰める所、食人にリンクした扱いの領域となってくる。)
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1162885732/201-220

   

75 :,:2007/09/27(木) 17:39:39 0

74>>

ここで、食人関係の問題は、意思決定が人生で捉えられる領域を 通り越した行動であると言うべきであると思われる。>>

人生を超えたオカルト的領域にまで絡んでくる内容である事が解る。




76 :,:2007/09/27(木) 17:46:31 0

  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180833234/90-109

77 :,74:2007/09/27(木) 17:50:30 0

 哲学者モンテーニュ

 「自分は、普通の人間である。しかし、自分の考え方は、人の注目に値すると

 考えている。この感情が解らないと主張出来る人は、いるだろうか?」



78 :,74:2007/09/27(木) 17:56:41 0


  アーネスト・ベッカーの『死の否定』

 「人間だれでも、どうしょうもないほど自分自信にのめりこんでいる」

 人間のもっとも根源的な衝動の一つは、ヒロイズムにあこがれる衝動であると言うのだ。


79 :,74:2007/09/27(木) 18:02:03 0


 この自尊心の衝動を最もあけすけに表現するのは子供である。
子供は自分が欲しいものを声を限りに叫ぶ。子供は、自分が世界の中心であると言う
感情を隠そうとしない。




80 :,74:2007/09/27(木) 18:08:52 0


子供は、兄弟が自分より大きいケーキを取ると猛烈に抗義する。

人間は、宇宙の中の第一義的価値の対象としての自分を必死に正当化しなければならない。
人間は立ちあがり、ヒーローとなり、世界に対して出来る限り大きい貢献を行ない、自分が誰にも増して
「ひとかどの人間」であることを示さなければならない。

こうして、人間はヒロイズムの無限の白昼夢にドップリと浸かる。  



81 :,:2007/09/27(木) 18:10:24 0


    80>>含蓄ある話ですね、、、。これは、注意して保留して飛ばします。




82 :,:2007/09/27(木) 18:16:20 0


 81>>要するに、子供の真理状態の問題って、未だに、完全には明らかにされていないはず、
 世界観の問題にしその本能的営みの細部に付いては、捉えがたく、全体的トータルで
女性的にフィーリングであいまいに感じ取られ解釈されて成り立つ話しの領域だから、、、。

80>>は凄く難しい領域の話です、、、。



83 :,:2007/09/27(木) 18:31:10 0

 人は、現実において成長すると、ただの人である事を悟り弁えるが、

 心の一隅では、自分は独自であると言う感情を暖めている。



84 :,:2007/09/27(木) 18:36:00 0


ベッカー

ヒーローになりたいという欲望を全ての人間が率直に出し、なんらかの形の充足を求めたら、
それは、社会を根底から突き壊すであろう



85 :,:2007/09/27(木) 18:40:21 0


  今日の工業社会において自由と人間の尊厳を叫ぶ少数民族グループは、実際には、
 自分たちに第一義的なヒロイズムの感覚を与えようと不恰好に要求しているのである、、、。



86 :,:2007/09/27(木) 18:43:24 0


 全ての人に知られると言う感情をメンバー全員に与えられることができるのは、
極めて単純な原始社会だけである。




87 :,:2007/09/27(木) 18:51:53 0


 ベッカーの言葉は、工業社会の不安から政治的テロリズムに至るまで、社会のあらゆる現象に
対して、一つの知見を与えている。

それは、ひとかどの人間でありたい半ば埋もれた欲望の表現であり、それを否定する
社会に対する反抗の表現でもある。



88 :,:2007/09/27(木) 18:54:26 0


 それを否定する社会  >>

  社会  →  世界  →  運命  と敷衍しよう、、、。




      , : ‐ : ̄: ̄:`ー: 、――:<:. :. \
       _/:. :. :.‐-、:. :.\:. :. :. \:. :..ヽ:. :. :.\
     /:. :|:. :|:. 、:. :. ヽ:. :.:ヽ:. :. :.:ヽ:. ∧::::. |:.|
    /:. :. :.:}:|:.:ヽ:. \:斗―‐-|:. :. :. :V/∧:::: :|:.|
   //: :. :.i:|:ハ:. \く ァテテミ:ハ: :. :. :.レ: :. |:::ヽ:\
   |.|:. |:. :|:レ',ニミヽミ_>ト-ソ.}_./ |:. :. :.:|:: :. :|::::::ヽ:.:\
   |:|:. |:. :|:V トrヘ.   " ̄  /: :.:/イ }:: .:|:::::|:ハト、_:>
   |:ハ:.|:..:.ト:|. ゞ'^、      /_:.イ:. :レ::::: :. |V|::| |
     ヾ>、::>   ィ  }     |:. :.:|:::::::: ∧:∨ 
     /ハ:|:. :ト、   ヽノ    /|:. : ハ::::::. :∧:.\__ 
     VV|:. :V ヽ、     / /:. :./::∧::::: :∧ー'´
       |:. :|: :. :::::|`::ーr'´  /. :.:/:::::::∧::::: :.\
     ヽ、_」:. :.`ー‐::::|::::::」   /イ/ ̄ ̄ ̄ヽ: :. : :.\
        ゝ:. .>--ァく|L_/  /       ヽ:. ).:. :\
       /:.:/  / 辷シ'   /         ∨:. : :. :.ハ
       /:./ /   ノ _,, -へ、  へ.      ',:.: :. :./: |
       |/, へ===" ̄    \.  \    ∨:./:. :.|
      //       .:::::::::...   :.ヽ  ∧    ∨:. :. }
     / {.............   .::::::::::::::::::::::.  ::::V:.::∧    ヽ: :/.|
    /  ':,::::::::::::::    ::::::::::::::::    /:. :/:.∧    ∨: |
   /    ,へ_.--======-、  /:. :/: /:. :\    ∨|
 /ー-、 /  |            `/:. :/:. /: :. :. :.}    V


89 :,:2007/09/27(木) 19:02:19 0




  OH   88 :,:2007/09/27(木) 18:54:26 0 と    77 KB   が並んでいる


90 :,:2007/09/27(木) 19:03:02 0




67>>

ハーバート・ミルズが完全犯罪を思い立った時、彼は、自分が独自の人間である理由を
自らに付与しようとした。ただし、具体的には多くの犯罪で、この原初的な動機にくわえて
ほかの動機――例えば社会の不正――も認める必要がある。




91 :,:2007/09/27(木) 19:29:03 0

忘れてたよ、、

  http://www.sekai-kiken.com/kikenda/12.html

92 :,:2007/09/27(木) 19:38:30 0
http://pine.zero.ad.jp/~zac81405/file_usa.htm

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1181917012/l50

93 :,:2007/09/27(木) 19:47:27 0


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3  チャールズ・マンソン

http://akademeia.info/index.php?%A5%B5%A5%C7%A5%A3%A5%BA%A5%E0 ネヴィル・ヒース



94 :,:2007/09/27(木) 19:58:53 0

     、、、、、このスレッドは悲しい話のオンパレードですよ、、、、。

: ::、'.:l: : : : : : ,! : :、'i:、': : !::l !:::.:、' l :.:;' l::.i  _,、ン'i::. ; : : . ',.:
:、': : i ;.: : : : .:!: .:;':!、' :  !.:i !::.;', l: ;'  ソ,、;'ニ,,_ ';l';. i : . ', !'
' : : i :!‐:':':':''i'l‐;'-、',_,,___i;i_,N`  i.;' ゙ ''`,ri'`゛fr,゙'r,':.i.!:。: :、i.:i   
i: : : i i i : .::i':i;シ‐;シ‐' 1テ,'rリ'   リ   'l;:;{ligi}i;:゙i ゙': l!:.: :、':!.:i   
:! : : !! .i .:::i': 、'、/:;ヽ,__,il:;:゙i        ヽ::.゛''゙::、゙ 、':o、'.i:゚!!    
: i : : : : .i::! : ! ヽ;: :!llll|};' ノ         `';;ニ‐⊃、'::;<゙: .',: '. 
: i: : : :o!;i:.゙i  . `'‐--;´ ._.、        ´   、ンi: .゙i ',: :   
: .i :O : : :,: .゙i.⊂‐'´´ ` ` `      _>      :.i : : ', : ; :   
: :! : : , : .'i, :':.,            _,,、      ノ: : . .', i :   
: : i; : .i,: : . :'i、;'r,       、.-:'Kllllllllllll|゙     /::;: . : : .゙i',: 
:i::!:i : i:゙i: : ; : :...トミゞ,    、´: : : : .゛lllllll|    人;:::.'.;::.: : : :',i     
;!;i:;:i :!:,'゙i.: :':,: ::::.゙i .゙'\,  !,; : : : : : : .゙ ソ  、イ:::::';::::::';:::..: : .';   
;;;;;;;;:i .i:::.゙i: : .゙i: ::::.゙i,: .   (\,;__;,、 ‐;'、゙;、イ`:i:::::::::';::::ト:;:::. : .i    
;;;;;;;、i :i:::::.゙i: : :'ト; ::::.゙i゙:'.-、,_゙''‐-‐'二-'`,:`::i::::/:::::::::::';:::';::':;:::. l
;;;:、'.::i: i:::::::.゙i : .゙i゙i: :::.゙i   ゙>-、、、‐'´..:::::i:::ノ::::::::::::::';:::';:::':;:::.


95 :,:2007/09/27(木) 20:02:29 0


ログイン
Google ウェブ 画像 ニュース 地図 グループ more »

検索オプション
表示設定
ウェブ全体から検索 日本語のページを検索

ウェブ



カリル チェスマン に一致するページは見つかりませんでした。



96 :,:2007/09/27(木) 20:07:22 0
検索

  ハーヴェイ・グラッドマン   ?

97 :,:2007/09/27(木) 20:13:30 0


コリン・ウィルソン http://cwweb.exblog.jp/m2004-07-01/

イアン・ブレディ    ?

きわどい話しに関しては、google も wik もあてにすることは出来ないとこは軍事スレで既に知っています、、。



98 :,:2007/09/27(木) 20:25:38 0


法廷のチャ-ルズ・マンソンの自己正当化には、一種気味悪い超現実的な雰囲気があった。
 彼は、こう言っているような印象を与えた。「自分は、8人の人間の死亡に責任は無い
何故なら社会ははるかに悪質な事をおこなっているからである。」
その後の調べで、マンソンは、ビートルズやボブ・デュランと同様に有名になる権利があると考えて居た事が判明した。
(彼には、自分が吹き込んだテープにレコード会社の関心を引こうと躍起になった時期がある。)
彼は、アメリカ社会を変革する革命をヘルタ・スケルター計画となずけたが、それは、自己の第一義性と独自性の主張に他ならなかった。



99 :,:2007/09/27(木) 20:42:19 0


ジョン・クリスティーは、セックスの目的で少女を殺害し――女に意識があると彼は性的不能に
陥ったらしい――死体をキッチオンの戸棚に押し込んだ。この戸棚をこのタイプの犯罪の一種の象徴と
考えてもよい。正常で立派な人間と人に思われたい人間によって、骸骨が収蔵されている場所だ。

マンソンのファミリーはテレビの周りに座り込みシャロン・テートの家で起きた事件を報ずるニュースを満足げに眺めた。
自分たちの犯罪を隠す気などは毛ほども起きなかったらしい。



100 :,↑:2007/09/27(木) 20:48:44 0



 1940年代後半の犯罪――ヘイ、ヒース、クリスティー、チェスマン、グラッドマン

 その20年後の典型的犯罪者――マンソン、沼地の殺人者、フレイジャー、ゾディアック――

の違いに深く印象づけられた。



101 :,:2007/09/27(木) 20:49:39 0
101get

102 :,:2007/09/27(木) 21:45:09 0


  この時点で、犯罪について考える時、普通は、どう考えてもけしからん話しであるのは
 間違えないと言える。大方、それ事態が許されないといえると思う。しかし、環境と状況によって
起きえた真実の角度で捉える時は、気の毒であるには違いない事が解る。そして、悪に関しての捉え方
からすると、それらの犯罪は、悪の氷山の一角で、犯罪として扱われる事の無いものの犯罪以上の事を
しているものは、幾らでも居るし日常でもよく見かける。

精神の病いと奇怪な現象との関係   最悪の邪道外道の軍事を徹底的に追求するスレッド
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1156634105/l50      ほんまかいな !?  事実検証スレッド
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180833234/593-673でも、扱っているが、
誘導し、操作して、知らず知らずのうちにとんでもない働きを人知れずしでかす奴は、日常でよく
見かける訳です。犯罪者の凶暴性に付け加えて取り澄ました振る舞いとは裏腹に得体の知れぬ未知の可能性を秘めた悪意の自信を
を発散する者とかなどの者の事です、、。犯罪者とされるものの比ではない計り知れない強暴な情熱を注ぐものの存在、、、。

恐怖の占い    百期夜行の地獄スレ [占術理論実践] → 先祖

103 :,:2007/09/27(木) 21:53:55 0














104 :,:2007/09/27(木) 22:15:39 0

 エイブラハム・マスローの『動機付けと人格』の第四章 人間の動機の1理論 この章は、最初は、
1943年に雑誌『サイコロジカル・レヴュ―』に単独で発表され、専門の心理学者の間で既に古典としての評価を受けている業績であった。
ただし、理由はよく解らないが、一般読者にはよく知られていなかった。



105 :,:2007/09/27(木) 22:27:54 0


  人間の動機は、「欲求の階層」または、価値と言う尺度で測ることが出来る。
  この階層は、おおまかに4つのカテゴリーに分かれる。

 生理学上の欲求(基本的には食べ物)、安全上の必要度(基本的には頭上にある屋根)

 帰属と愛の欲求(ルーツに対する希求、他人に必要と思われる望み) 尊厳の欲求(好かれ尊敬される事)

 この4つのレベルの後にマスローは第五の階層の存在を示唆する。  自己実現である。

 知り、理解し、創造し、自分の興味にもとづいて問題を解決するレヴェルである。



106 :少年法により名無し:2007/09/28(金) 07:34:13 0


104 ただし、理由はよく解らないが、一般読者にはよく知られていなかった。 >>


もう、おわかりかと思われるが、意味深長やな、、、、、。





107 :、無動機単独テロ:2007/09/28(金) 07:40:58 0

     ,. -‐―――-- 、.__
  _」^ー'.>Y^ゝノし〜'て __,.`ヽ__
  〉>o _フ_゚_ノ_て_乙゚J~=)o { (.〈_,
  (_..-'´,ィ' ,.ィ ,.--、`ー-、_〜'〜'ノ
   )'´/ レ  Y   \}\ ̄ヽ. \
   { {  ___    ____   i  ├ '´
   ヽ i ´,-‐、   ,.‐-、` }  |
    ト;! 、ヒ),:) 、:、ヒ).ノ ノ ,  !
    ヽ}  ゙゙ 、. ゙゙' '  /ィ'} ノ
    λ   、____,    _'ノ 〈
    .{_,ヽ.   ー   .イ 、_,ノ
    (  ,ノiヽ.___,. '〔_,ゝ  )
  ,.-‐'-、ノ``ー‐‐‐‐'´ }.,.-‐'-.、
 ./  / /ヽ.__________,ノ .i   ヽ
. /  ノ .{_      _ノ ノ     i
/  ,{    ̄ ̄ ̄ ̄  〈 ,ノ/   |



最悪の邪道外道の軍事を徹底的に追求するスレッド [軍事]  >>

コリン・ウィルソン http://cwweb.exblog.jp/m2004-07-01/  が私に対し無抵抗である根拠はお解り頂けるでしょう。

108 ::2007/09/28(金) 08:09:58 0

 人間が恒常的餓えの状態にある時、他のことを考えない。彼にとって、食べ物がふんだんにある場所がパラダイスである。


しかし、この問題が解決されると、彼の頭は安全の問題で占領される。家である。縄張りに他ならない。
(家の無い人間すべてが、夢見るのは、田園地帯で玄関のドアが薔薇の花々で囲まれたコテージで老後の生活を送ることである。)


この問題も解決されるとセックスの欲求が緊急の課題となる。性の満足だけではない。温暖感、安らぎ、帰属感もこれに含まれる。


このレヴェルが満足されても、次ぎのレベルが出現する。好かれ賞賛される事の欲求。自尊心と近隣の人に尊敬される欲求である。


以上の欲求が全て満足されると「自己実現」のレベルに赴く事になる。
(ただし、マスローは、人間すべてがこのレヴェルを目指すとは限らない、マスローは多くの人が第4レベルに止まる事の認識を示している。)


109 :、白からす黒ひつじ:2007/09/28(金) 08:19:55 0

  自己実現領域の活動の話しか、、、困るな、、、第4レベルに止まる奴と言うのは、いわゆる、従うタイプの人を意味する訳だ

 自己実現によって、更に、発展して無再現に巻き上げていくように思われる奴も居れば、消耗し、退くか、破綻する奴も居る。

 巻き上げ方にも程度があって、私生活、社会レベルにおさまる奴、歴史レベルにおさまるまる奴、進化レベルにおさまる奴がいるが、

 例えば、キリストやシャカのように無際限巻き上げて、神の領域に留まる者も居れば、

 無際限巻き上げて、悪魔の領域に留まる者も居るのが自己実現の真実。

 

110 :、白からす黒ひつじ:2007/09/28(金) 08:25:24 0

  神と悪魔を足せば、差し引きゼロやろ?

 自己実現に関しては必ずしも良いとは言えないし、進歩と収穫がある傍ら、その分、損失も被るし、

 自己実現に関しては、結局、全体的大義名分が問われるものの、必ず、差し引きゼロを思い知る事になるようになっているはずである。



111 ::2007/09/28(金) 08:33:55 0

 109,110>> 普通の人には、解りにくいから読み飛ばしてヨロシ、、、無理してしらんでいい。

         ,.-──‐-- .,,_          ,. -‐''''"~"`' '' ー‐- 、
         〈           `''-.,,---- 、/: : : :.:::::::.:.:.::::::::::::::::::___ヽ,,.-,-、
        ゙、              ゙''7_,:::_::::::::::::::::: : : : : ::::::::/ _ ゙i ゙i, i、 ヽ、
          ゙、   、        i'/i '" ゙''7''7‐-, .,,,__,.-'" i'(`'__l 'i l 〉 i
             ゙、  `''''─,.-- .,,,,__i!     | l, l, l,      /´(__,.-' ,.ノi /
           ゙、    /::/: : :::: : : :"'''‐-`-.ゝ_ヽ ゙、__  '    `'''"/ ./,- 、
             ゙、   i/i:/:,': :::::i : : ::::i:::::i::|゙、:::i、::i゙'''::::::::`ー─'フ''''T-し'___):、`ヽ、
             ゙、 ! !|:i l::::::::|.:.:.::::::|、:ハ:l レi:|、゙i二_,.-''`゙ヽ;l、_/、:::.:.:.:.:.:.::`ヽ`\
              ヽ、 i| ゙i:i、::l:::i::::::::i,,.二!   !  i' i ::::`)  ヽ;:l/`゙'i: : : ::::.:.ヾ‐'、
               ヽ、 i! ゙、i:::l、;;l、il' i ::゙i     、_ヽ '′   l:i )'' ノ:゙、 : :::::,,.-`、
                 ヽ   ヽi  ヽ``-' ,          ト_/::::::::゙i: :::i'
                     ヽ、     |:::゙i  ヽ     ,       ノ゙i;;i゙i:::::lヽ|、,/
                       ヽ    |/l lヽ  ー '"      |i,゙i;l l-、i
                      ゙、    |〉ヽ_>、  ゙   /  .!;;>-'
                        ゙、 i  /   `i - '"     l´
                         ゙! /.:::::::::::,.-ノ|ヽ、 ___ ,.彡iヽ
                           |'.:.:.:.::::r' r' ヾ、三三彡,.-'i |ヽ、
                      /: : .:.:.:.l ,i       _,.-''ノ.::::::゙ヽ、

112 :、 め い ち ゃ ん :2007/09/28(金) 09:07:49 0

ERROR:連続投稿ですか?? 3回 ホスト名前: 、 め い ち ゃ ん E-mail: sage  内容:

     、、、悪いな、、、、紹介忘れてたよ、、、、

       / ̄ ̄ ヽ,
      /        ',
      {0}  /¨`ヽ {0},
 ・ 。  ||.l   ヽ._.ノ   ', i 
  \. ||リ   `ー'′   ', | i
 ゚ヽ | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |  ダンッ
。 ゚ _(,,)  めいちゃん  (,,)_ / ゚  
 ・/ヽ|             |て ─ ・。 :
/  .ノ|________.|(  \ ゚ 。 
 ̄。゚ ⌒)/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヽ\  ̄ 。
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1174920756/l50


113 :、無動機単独テロ:2007/09/28(金) 09:18:05 0
109,110>>

    彡ミミミヽ ノ彡ミミ)))
   (彡彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙ヾ"""""゙.彡彡)
  ))ミ彡゙         .ミミ彡(
  ((ミ彡゙ .._    _ _ ミミミ彡 科学者、宗教家、芸術家、の各業界
 ((ミミ彡 '´ ̄ヽ ´/ ̄ ` ミミミ))
  (ミ彡| ' ゚̄ ̄' 〈 ゚̄ ̄`.|ミミ彡 の方々は、これでハマッタことが解るだろう、、。
 ミミ彡|    ´. | | `    |ミ彡ミ)
  ((ミ彡|    ´-し`)\  |ミミミ     、、、、、反論はあるまい、、、、。
   ))ミ|   .  、,! 丶l.  |ミ((   
     .ヽ  '´ ̄ ̄ ̄'ノ /      
     ,.|\、    ' /_|、      
   ̄ ̄| `\.`──'´/ .| ̄

114 ::2007/09/28(金) 09:20:19 0
          人
        ノ⌒ 丿
     _/   ::(
    /     :::::::\
    (     :::::::;;;;;;;)_      ┌┴┐ - ./  ─┐   ..┃
    \_―― ̄ ̄::::::::::\        ノ ___ノ  ..─┘ ̄ ̄ ・
\  ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)  /
 \(     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;人/
  / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
 (    ● \__/::●:::::::::::::)
  \__::::::::::\/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
   ((彡ミミミミ))彡彡)))彡)    
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)   改革は、徐々に退きながら
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ>>!/` ,|ミミ)) 進みつつある、、、。
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡 痛みを伴いながら、、、、。
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/     
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /
       \/▽\/

115 ::2007/09/28(金) 09:28:58 0


 80-82>>  そこの混沌とした領域はかなり、重大な位置を占めてくるのは、

 ここまで来てお気づきになられる方は多いかと思われます、、、、。

 犯罪学の領域でも、やはり、精神医療の核心と同様に受胎の領域に繋がっていくと言う

 結論に達する事が解る事になる訳です、、、、。



116 ::2007/09/28(金) 10:02:46 0

 マスローの欲求の階層を犯罪の歴史の各時期に対応させて捉える試みを展開してみると、
 19世紀の初頭までは、殆どの犯罪は、単に生き残ると言う衝動だけで演ぜられた。
エディンバラの死体泥棒バークとヘアーは犠牲者の首をしめ、一体あたり約7ポンドで医療機関に売り飛ばした。

19世紀になるとパターンが変わり始め、産業革命が繁栄をもたらすに連れて、一応の品格を備えた中流階級の家庭で起きる
家族殺しが悪名高い犯罪として宣伝される時代が突然出現した。
ドクター・パーマー ドクター・ブリッチャード コンスタンス・ケント フロレンス・ブラーボなどである。
(アメリカではこれに対応するのは、ウェブスター教授とリジー・ボーデン)彼等は、自らの安全を確保するために犯罪を犯した。
強盗殺人犯チャーリー・ピースは、日曜ごとに教会に出席し近所の人と音楽会に行くなど、一応の中流階級の生活資金を得るために犯行に及んだ。



117 ::2007/09/28(金) 10:19:53 0

 しかし、19世紀末になると、新しいタイプの犯罪が出現する。セックス犯罪である。

1888年の切り裂きジャックの連続殺人は、このタイプの最も初期の例の一つである。

ただし、同時代人がこれをセックス犯罪と認識しなかった点は、注目に値する。彼等は、切り裂き魔を倫理的狂気と考えた。
彼の犯行を悪と狂気の組み合わせだけで説明出来ると考えた。



118 :、↑:2007/09/28(金) 10:24:03 0


ただし、同時代人がこれをセックス犯罪と認識しなかった点は、注目に値する。>>



この記述も重大  宅間守が反省無き悪意の犯罪者としてマスコミで取り上げられた件と共通している。


この大多数と犯罪者の関係に見るイデオロギー的隔たりについては、慎重に扱う注意が必要である。


119 ::2007/09/28(金) 10:31:26 0

 74-76>>

  犯罪の中で欲求の階層のカテゴリーに入るものは、全て、食人に関係した領域に繋がっていると

 言いかえる事も出来ると言う必要十分条件をふまえると、かなり正しく理解されやすくなるはずである。

http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1162885732/201-220

  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180833234/90-109




120 :、白からす黒ひつじ:2007/09/28(金) 10:38:48 0


  現代では、中国の食人の振る舞いは、イデオロギーの押し通しと言う現象に相当する

 と言う事が可能です。



121 ::2007/09/28(金) 10:43:51 0

120>>  知らない人も多いかも知れないけど、結構、解る人も多いんじゃ、、、?

  ":,!::/: :::/. - __:゙‐::l    : ,!:   : ./ : :/..,、: : ::   : ::ヽ : : : ヽ: : : ::
     ヽ:l :::/ :::::::: _,,,゙':::| :  ::::|: :  .i____` ̄.l..┐    ::::.l : :::::  !:
      !│ :::l,:::  .i:`゚i l,: ::::::!::: / _.. --  ̄'ー... l,   ::::::| ::::::  l:
       .|:: : ::ヽ、 .ヽ-‐ ゝ::::/: :'":   ./゚ ̄ト;;.: ::,!  :: ::::::ヽ : ::::  l.::::
       .|:: ::::::: .ヽ ./         .`''ー-‐'" : :./   : : ::::::.l: : :::  :.!::::
       !: ::::::''';;-. .′               _/::  :  :::::::: ,!:: :::::  |::::::
       ヽ: : ::: ヽ              '';;y.: : ::::: ::::::::::/:::::::::::::::.!:
        ヽ :::::_ ヽ  .''ヽ       : <,゙:::::: : : : :.:::::::: : !:::::::::::::::
         . \ ヽ::゙!、           ,,, ‐''´: : :::: ./ :::::: :,i|::::::::::::::::::
           ヽ ヽ_ヽ,       _..`-'ッ.: ::::::,/::::::::::,//:::::::::::::,i::
            ゙'-、゙ヽ\.._..-‐{´::::::'/.: .:_./ ::::::,..彡゙:::::::::./   


122 ::2007/09/28(金) 10:50:12 0

 そうすると、犯罪者、被害者、健康、病人、少数、大多数、凡人、支配者、

 等の関係の異なる性質のイデオロギー同士の関係・繋がりの意味についても解りやすくなってくる訳である。

 つまり、中国の食人に原型を見る事になる訳である、、、。


123 :、イデオロギーと食人との関係は、ここで、始めてハッキリした,,,:2007/09/28(金) 10:59:59 0

177の続き

キリサキジャックは、ヒースやグラッドマン、更には現代でも恐怖の実例を積み重ねているディーン・コルル

ジョン・ウェイン・ゲーシー、テッド・バンディー等、殺人狂の長い系譜の第一号であった。

一方、嫉妬による殺人や愛人のため配偶者を殺す殺人にも増加の傾向をみとめられる。

クリッペン、バイヲーターズとトンプソン、スナイダー、グレーなどのケースである。これも純粋なセックス犯罪に加えることが出来る。

124 :、検索機:2007/09/28(金) 11:11:12 0


  http://www.google.co.jp/


iGoogle | ログイン


ウェブ 画像 ニュース 地図 グループ more »

検索オプション
表示設定
言語ツール
ウェブ全体から検索 日本語のページを検索




125 :,永遠に反芻する怪物:2007/09/28(金) 18:31:16 0
113>> その件に関しては、各自がそれぞれの仕方で導き出して得られる共通の客観的通過点である事がいずれ何時か解る時が来るに違いない
と思われるが、、、。基本的に価値観に絶対は無いのでり、また、それ事態が証明しているのであり、強要する事をすると、押し売りや勧誘の類と
五十歩百歩になりますが、何を主張し、又支持をするかは、各自の意志決定のもんだいとなります、、、、。シュタイナーのように受胎の事については
今日では公に出来ないと言う主張は一理ある、、。確かにそのような取り組みがあっても本当は何一つ変わらないし返って混乱を引き起こし兼ねない
訳ですが、あくまで、現実には未来のものも過去のものもあり、価値観に絶対は無く、何を主張し、又支持をするかは、各自の意志決定問題である訳です。
     ,':;,'::;;,'::,'::::;/i:ll::.i !i:.:.',、'、::::',、;:::',::,:::,:::゙〈
.       {:l !:;;,i::ハ:::;i !.i:::l l:!',:::'、'、'、::'、、;;;';;';;:';::::゙'、
.      ',!,i:;;l.!:i '、::!-‐.'、!‐',ヾ、゙、''、ヾ'、ヾ;;;;;;;;;;:::::ヽ
      〉:',;|::i:', ヘ:!,r '''‐`   ゙' ':"`゙':、 ゙''i'、;;;::,:.:.゙,
       /.:.::ヽ:ヾ、,r"!-‐'!     .i.-'"! ゙i;./:::i::/.:.:::i
     {:l::::::;:::::::゙、゙ l;:::;_!       !:::_;i  /::::::'':;;::::;}
     ',i_:;::;;;;;::::::ヽ ゙´         ,.';_..、,、-‐‐''
      '、 ´ ヾ‐゙、ヽ    .     '',-‐"
          ``' 、.   - ‐    ,. '
             ヾ'-、    ,、‐;'
             `i;;!.`゙''''''"´.i;;i

126 :, め い ち ゃ ん:2007/09/28(金) 19:24:07 0

 私が、再三、2ちゃんに情報操作はムダであると言ってるのは、どう操作しても
 はるか原始的なものから、はるか未来に通じたものまで、お構いなしに投稿されるからなのだ。
 基本的に価値観に絶対は無く相対的なものであり、何を主張し、又支持をするかは、
 各自の意志決定のもんだいであるので、きりが無いからであるからなのです。
 従って、2チャンネルと言う掲示板は、あくまで、投稿者の投稿を純粋に掲示して適切に
 カテゴリー分けして保存するに事がまず初めに来ることに尽きる訳です。カテゴリー分けが
重大であり、あくまで、投稿内容の抹消は決してあってはならない。カテゴリー分けでヘタな
操作をする事をしても結局、操作事態に付け込まれてカタにハメられることになります。
、、、の投稿データは、閲覧できない、、、2ちゃんには何かある、、、と言う具合に、、。
、、、操作は意味を持たない、、、。しかし、純粋に掲示の機能を果たす操作しない操作も
操作が不可能であるのと同様に不可能なのかもしれない、、、。

 例え、どのような種類の情報であってもと言う事ですから、、、、。
 、、、、色々な意味で困ったな、、、2ちゃんねる、とんでもないなぁ、、。
 どうあがこうがどうする事も出来ないんです。廃止しようとしたら、買収されるかもしれないし、
 とんでもない情報を公開しても放置される事もあれば、大した事の無いささいなことで命を奪われる可能性もある訳で、
 どうにかしてどうにかなると言う問題ではないらしいようですね、、、色々な意味で、、。その意味で、深入りしたり、追及すると
迷路に迷い込むことを意味するのが解る事になる訳ですが、、、。
基本的に価値観に絶対は無く相対的なものであり、何を主張し、又支持をするかは、あくまで、各自の意志決定の問題であることによってね。

127 :,白からす黒ひつじ:2007/09/28(金) 20:59:07 0
100 KB、、、ね、、。

2ちゃんは、その範囲で全ての意味でどうなるか解らない性質のものです。 
あまりにも原始的であり、又、あまりに新しいものでもある性質のものと言う事。
各自が各自で必要な程度に応じて、掲示板の利用を積み重ね覚える性質の営みと言う事。
インターネットの特徴の一つは、過去から未来に至るまでの全てと実態あるものから虚構のものまで常識のものから非常識なものまでの全てが渾然としていて
掲示板の一つの特徴は、それなりの纏まりと方向性を与える範囲で、各自の常識と非常識の営みに規制の纏まりを与える機能を果たす性質のもの
であるのは確実のようである。インターネットの存在そのものは、歴史において一時期のものとされる事により、ついに無限の可能性を秘めたまま
ある範囲で見切りを付け追求を放棄する性質のものであるのかもしれない?、、、解りません、未知数そのものです。
しかし、人間の価値観の変動や能力や進化にかなりの影響を良くも悪くも影響する位置付けにあるには違いないはずです。

全ての人が等しくそれぞれ相応しく本来の納得の行く人生を営めるようにする為に、義務教育に犯罪学と精神医療と福祉、
性と受胎、ボランティア、科学、芸術、宗教、軍事、を今世紀中に組込む必要があります。インターネットは、歴史学の扱いで、
教育に組込まれることになるでしょう、、。

109,110のレスの認識の客観的見解は、一通りはっきりと世界中に広めて伝える必要はあるのではないかと私には思われる。
人体実験の問題や情報操作の混乱に対処する為には、、。 だって、これしか無いでしょ、、?

128 :,無動機単独テロ:2007/09/28(金) 21:40:45 0
109,110は、ソクラテスが無知の知を広めたように、番人に議論を試みる必要はあると思われるのですが、、、、
強要する訳にはいかないし、それ自体にどのような問題が降りかかるかも未知数ですが、この件に関しては
単なる投稿者としての弁えと分別に尽きる問題であり、109,110の話しは、科学、芸術、宗教が調和し、3大宗教の対立が克服された時代の
シュタイナーが見落とした内容の一つであると判定する意味だとしても、2ちゃんに投稿された相対的な価値観の中の一つであることに違いは無いし
2ちゃんの掲示板の範囲で全ての意味で未知数の営みにに対し、望みどうりの評価と成果を期待する事自体が間違っていると言える。

、、と言うか、2ちゃんがあろうがなかろうが、いつの時代でも、望み道理の評価と成果を期待する事は気の遠い話しである
のは弁えるべきであるし、個人が満足したかどうかの問題以上の話では無い訳で、その分傍らで敵対者が居ない訳が無いはずである。
望みどうりの評価と成果を期待するどころじゃないし、掲載され記録されさえすれば、後は、自分の心配さえすればどうでもいいんです。


129 :,:2007/09/28(金) 22:17:47 0

2ちゃんには、投稿されたものは、必要なものは必要な時に誰もが役に立てられるように保管する工夫に
尽くすようにしてもらいたい。

109,110は全ての人が等しくそれぞれ相応しく本来の納得の行く人生を営めるようにする為の前提の土台ですよ。

人間の存在の最低限の条件と前提としての、人が人として人の為にする不可避の必然の実在の発見と言う事。

その現実的実行が127の教育体制の獲得であると主張しているのである。

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1178811530/l50x  549-550のレス



130 :,:2007/09/28(金) 22:35:30 0
123の続き

以上のような事で、1959年時点で階層の新しいレヴェルの「自尊心レベル」の犯罪の移行と言う事態が目に移る。

犯罪者は、支離滅裂であってもとにかくこう考えるらしい。
  「社会は、俺の尊厳を認めず、正当に評価もしない。俺の独自性も認識しない。だから責任は社会の方にある。」
こうして、彼は、自分の犯罪を正当な抗議行動と見なすに至る。



131 :、第4階層の自尊心による犯罪:2007/09/29(土) 20:39:08 0

ジョン・リンレ―・フレイジャ― は「オータ一家は『物質主義』にすぎる。殺さなければならない。」と近辺の人間に語っていた。


オータは日系移民の息子で1941年にインターンになった。しかし、オータはやっとの思いで米国陸軍への入隊をみとめられた。兄は欧州戦線で戦死している彼は、
鉄道線路工夫やタクシーの運転手として働きながら、大学の医学部を卒業した眼科医として社会に出たのは、人よりかなり遅れてのことだった。
オータは地域社会のために働く事で「帰属感」を高めた。彼は、サンタクルス地区のドミニカン病院と言う非営利医療法人の設立者の一人で、
治療費を払えない患者にはよく無料で診察した。 


トップになることに焦がれるこのナルシズムの欲求。人間にとってこれを満足させる道はさまざまだ。
オータは、心に均衡感を備えた現実的人物だった。従って社会の価値あるメンバ―になった。


 フレイジャ―はこんなこと全く知らない。 オータその人が、ヒロイズムの典型例であることも皮肉なめぐり合わせだった。


フレイジャ―は、カリフォルニア州の邸宅にいるヴィクタ―・オータ―とその一家を殺し「本日、第三次世界大戦が始まるだろう。
自由宇宙の人民がお前達に宣言する。、、、、、余および余の同士は、この惑星上の自然の生命を尊重せぬ全ての人間に対して、
死しからずんば自由の妥協無き戦いを本日より開始するであろう。
物質主義よ死ね。さもなくんば人類は消滅するのみ」と言う文面のメモをオータ医師のロールスロイスのフロントグラスに挟んだ。


フレイジャ―は、自分だけのナルシズムの小さな世界にドップリ浸かり、子供の自己中心のナルシズムでオータに反応し押し通した。 
(「ママはあいつの方に沢山ミルクをやった。」「ミルクはまだあるのよ」「おねえさんの方が沢山飲んだ」同様に、
フレイジャ―は安全を手に入れるのに、まだ、はるかな道程だと思った。それなのに、オータの家には水泳プールがあり、車寄せにはロールスロイスが駐車している。) 


彼は、幼稚で非現実的人物だった。最大に割を食ったのは、犯罪者の彼自身であり、社会にいかなる利得ももたらさなかった。


132 :少年法により名無し:2007/09/30(日) 00:14:12 0


133 ::2007/10/01(月) 00:56:44 0
純粋に、天中殺だな、駄目だこりゃ、犯罪、病気、アホや変人、と言うか、滅茶苦茶だこりゃ、どう考えてもおかしいよ、どうなってんだこりゃ?
よく見ると、割りを食ったのは、フレイジャ−とオータと社会である。これは、精神病院や刑務所が無ければ文明が崩壊すると言われる理由の一つの例です。

      , : ‐ : ̄: ̄:`ー: 、――:<:. :. \
       _/:. :. :.‐-、:. :.\:. :. :. \:. :..ヽ:. :. :.\
     /:. :|:. :|:. 、:. :. ヽ:. :.:ヽ:. :. :.:ヽ:. ∧::::. |:.|
    /:. :. :.:}:|:.:ヽ:. \:斗―‐-|:. :. :. :V/∧:::: :|:.|
   //: :. :.i:|:ハ:. \く ァテテミ:ハ: :. :. :.レ: :. |:::ヽ:\
   |.|:. |:. :|:レ',ニミヽミ_>ト-ソ.}_./ |:. :. :.:|:: :. :|::::::ヽ:.:\
   |:|:. |:. :|:V トrヘ.   " ̄  /: :.:/イ }:: .:|:::::|:ハト、_:>
   |:ハ:.|:..:.ト:|. ゞ'^、      /_:.イ:. :レ::::: :. |V|::| |
     ヾ>、::>   ィ  }     |:. :.:|:::::::: ∧:∨ 
     /ハ:|:. :ト、   ヽノ    /|:. : ハ::::::. :∧:.\__ 
     VV|:. :V ヽ、     / /:. :./::∧::::: :∧ー'´
       |:. :|: :. :::::|`::ーr'´  /. :.:/:::::::∧::::: :.\
     ヽ、_」:. :.`ー‐::::|::::::」   /イ/ ̄ ̄ ̄ヽ: :. : :.\
        ゝ:. .>--ァく|L_/  /       ヽ:. ).:. :\
       /:.:/  / 辷シ'   /         ∨:. : :. :.ハ
       /:./ /   ノ _,, -へ、  へ.      ',:.: :. :./: |
       |/, へ===" ̄    \.  \    ∨:./:. :.|
      //       .:::::::::...   :.ヽ  ∧    ∨:. :. }
     / {.............   .::::::::::::::::::::::.  ::::V:.::∧    ヽ: :/.|
    /  ':,::::::::::::::    ::::::::::::::::    /:. :/:.∧    ∨: |
   /    ,へ_.--======-、  /:. :/: /:. :\    ∨|
 /ー-、 /  |            `/:. :/:. /: :. :. :.}    V


134 :、白からす黒ひつじ:2007/10/01(月) 09:12:00 0





///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,.'、.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ー---'    / <<、、、、、ギラリ、、、、、、  
       ヽ ` ヽ、   `  .  /     
         _ 」,`ヽ、._  _/:',
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、

フレイジャ―ばっかじゃね,凄まじいなぁ、と思われるかもしれないが、病気と犯罪は奴隷に関係した
領域の扱いの問題であり、医療と刑罰によって成り立つと言っているのはそのためであり、
教育に繋がっている問題であることが解る。つまり、教育には、犯罪防止と病気の予防の
機能が備わっていなければならない事が証明されるのが解る

135 ::2007/10/01(月) 09:33:13 0
第一の欲求レベル、根本的な生きる条件としての食べ物、犯罪では生きるための犯罪。生の渇望に関係した事。
第二の欲求レベルは、所有、財産、縄張り、運命の活動領域、分別、犯罪では、詐欺や、窃盗、財産目当ての殺人関係
第3の欲求レベルは安らぎや帰属感、セックス、感受性、の欲求と良心、 犯罪では、レイプ関係、嫉妬による犯罪
第四の欲求は、気に入られたい、自尊心と近隣の人に尊敬されたい欲求(昔は大方が3か2の欲求で満足した)
犯罪では犯罪を自己主張の正当な抗議にしようとする類
以上の4つが満足されると自己実現のレベルに到達する。
犯罪では、第5の欲求による場合は、創造的犯罪は、系統だった念入りな犯罪で、動機無き犯罪の類は、
究極の極端な状況に自分を追い込んで、そこから出発する。運命を極めようとする手始めの試みと解釈されると思われる。


136 :、第4階層の自尊心について敷衍:2007/10/01(月) 10:12:35 0
ゲーテは、道徳の世界は、大方、悪意と嫉妬で成り立っていると言っているが、、、。

 自尊心には、第3の欲求レベルの良心に由来があり、善か悪かにも根付いていて、
 正当化の営みに関係しており、勝敗の駆け引きの表れ方もすると言う事ができそうである。

 オオカミと子羊のイソップの寓話の原典、『オオカミが丸々太った子羊が川の水を飲むのを見かけたました。
オオカミ「やい、子羊、お前が川の水を飲んだから、水が汚れた。だから、私は、お前を裁く事にする。」
子羊「いいえ、そんなことはございません、私は、あなの川下に居るので、あなたに対して汚すようなことはありません。」
オオカミ「お前は、昔、私の悪口を言ったそうじゃないか、従って、私は、お前を裁かなければならない。」
子羊「いいえ、そんなことはございません、その時は、私は生まれてませんでした。」
オオカミ「それは、お前の親父が言った事だ。従って、私は、お前を裁かなければならない。」
と言って、オオカミは子羊を食べてしまいました。

人間は、悪い事をする時も、正当化をすると言う事が言えます。
又、右脳で起きた本能的衝動を左脳の理性で論理付ける営みの話であるとも言う事が出来ます。

137 ::2007/10/01(月) 10:43:58 0

自尊心には5の自己実現に属する性質の働きが潜んでいる事による事で成り立っている。

これはつまり、一歩進めると、cause の 引き起こす、大義名分と言う意味の行為を意味する訳です。

 それが4と5の階層の掛け橋となっていると判断されます。善悪いずれの破壊か創造か進行か退行か等の問題となる。 

第5階層の自己実現の欲求は、創造の働き 価値観の獲得、、、、思想等のの支持に関係した営みである事が解る。 



138 ::2007/10/01(月) 10:49:05 0

  創造行為としての犯罪。この考えを最高に具現した一例がある。ただし、発生した国以外では殆ど知られていない。スウェーデンである。

  1930年代の初期、ストックホルム近くのサラと言う小さな町がちょっとした犯罪の波に見舞われた。最初の事件は、1930年11月16日に起きた。
スウヴェン・エリクソンと言う酪農業の雇われ農夫が、サラ近くの半ば凍った湖で死体で発見された。エリクソンは、その二日前、仕事から家に帰る途中で行方不明になった。
胸を打たれている。激しく抵抗したあげくのことらしい。衣服がズタズタに破れ、顔面にも傷がある。湖に投げ込まれた時点では、生きていた。
動機が盗みでない事は、明らかだ。財布には、一週間分の賃金がそっくり残っている。エリックソンの細君は、こう述べた。「夫にはこのところ少し神経症の
気味があった。お医者さんにもちょっと相談した。だけど、誰かがあの人を殺す理由があるなんて全然見当も付かない。」警察も同様だ。
犯人の見当は皆目付かない。
 それから2年間サラ地区には、3件の強盗と2件の自動車泥棒を含め、犯罪が以上に増大した。しかし、犯人が信じがたいほど慎重なのか、
あるいは、信じがたいほど運がいいのか、警察は、彼の影さえもつかめない。  
  

139 ::2007/10/01(月) 10:50:19 0


1933年9月15日、サラの中心部近くのある家に消防隊が駆けつけた。アクセル・キェベルグと言う人の自宅だ。鉱山会社のオーナ―である。かけつけた時には、
火の勢いが強く、救出は、とても無理だった。黒焦げの二つの死体が回収された。キェルベルグ夫妻である。いずれも、頭を打たれている。
強盗らしい。キェルベルグは、前日に高山用の賃金を自宅に運んで金庫に保管していた。明らかに、一人あるいは、複数の侵入者は、彼に、
その金庫を開かせた。焼け跡から開いた金庫が発見された。
 翌年も数件の強盗が発生したが、大事件と言うほどのものではなかった。市民は、自警団を組織し夜間のパトロールを行なった。
1934年10月12日、ティルダ・プロムクイスト婦人の家から日が出た。自警団は、大声で家事を知らせた。その結果婦人の運転手夫妻が家から脱出した。
今回は、火の勢いはそれほどでもなかった。家の中に入る事が出来た。プロムクイスト婦人はベッドルームで死体で発見された。しかし、
乱暴の痕跡は一切無い。検死でも死因はハッキリしない。煙は吸っていない。したがって、火が出る前に窒息死した可能性も考えられた。
この場合も動機は盗みらしい。プロムクイスト婦人は、60才の金持ちの未亡人で、現金と宝石類が消えていた。周囲の人の話によると、
彼女は、健康が優れず、もっぱら、心霊現象やヨガに凝っていたらしい。
この事件でも警察はのっぺらぼうの壁に直面するのみだった。



140 ::2007/10/01(月) 15:43:42 0

しかし、1936年6月19日、警察にも少し運が向いてくる。エロン・ベターソンという石切場の職工がサラの郊外で射殺された。一週間分の賃金を
ポケットに入れて自転車で石切場へ戻る途中だった。今度は目撃者が居た。その前をペターソンが通り過ぎた。その直後、彼は、銃声を耳にした。
道路に出た彼は、二人の男がペターソンを溝の方へ引きずるのを見た。2人は、黒のアメリカ車に乗ると走り去った。年輩の男性は車のナンバ―を書きとめた。
数時間後、ペターソンは、意識を回復しないまま息を引き取った。胸と腹に銃弾を受けていた。車のナンバ―は対して参考にならないことがやがて判明した。
その車のナンバ―は、アメリカ車でなく、しかもその火は自動車修理工場に一日中入っていたとのことだ。オーナ―には絶対のアリバイがある。
しかし、非常に良く似たナンバ―のアメリカ製セダンが別の町で最近盗まれたことが分かった。ライセンス・プレートを変装した可能性もある。
警察は、陽動作戦に出た。報道関係にこうもらした。「ライセンス・プレートをこれこれのナンバ―に変装した黒のシボレ―車を追跡している。
あらゆるガレージを捜索する予定だ。」翌日、問題の車がサラ近くの道端に乗り捨ての形で発見された。ライセンス・プレートが巧妙に変造されている。
明らかに職人仕事だ。それは、この男がプロの犯罪者でないことを物語っている。年季を欠けて専門の金属職人になるような犯罪者は考えにくい。
警察は、あらゆる自動車修理工場と金属加工場を時間をかけてしらみつぶしに洗った。その結果、ついに、本ボシにたどりついた
。一人の若い職人がプレートを変造したのは自分だと認めた。彼は、警察の調べで次ぎのようにしゃべった。
「あの時、自分は、エリック・ヘッドストロームさんと言う自動車修理工場の経営者に頼まれて仕事をした。この人は、
近くのケービンと言う近くの町で事業をしている。プレートの変造は、ほんの二日ほど仕事をしたに過ぎない。
別に疑問も感じなかった。しかし、その直後、ヘッドストロームさんは、銀行のメッセンジャ―から金を貸し取る仕事に力を貸さないかと言って来た。
自分は、ちょっと考えさせてほしいといった。翌日、電話で他の仕事が見つかったのでと言った。」



141 ::2007/10/01(月) 15:48:00 0
ヘッドイストロームは、とても評判のいいハンサムな青年だった。自宅に来た刑事に対し一切を否定した。しかし、刑事が辞去すると、彼は、
すぐに電話に飛びついてストックホルムの交換手に告げた。警察にぬかりはない。全て読み筋だ。それは、シグワルト・テュルネマンと言う
精神科の専門医の番号だった。最初の事件――スヴェン・エリクソン殺しー―を担当したサラ地区の刑事は思い出した。エリクソンは殺される
直前に神経症で医者の診察を受けている。エリクソンの細君に連絡した。その医者の名は、シグワルトテッルネマンと判明した。
 翌日、ストックホルムの刑事が、テュルネマン医師を訪問した。ノイローゼと犯罪に関する定例の調査という触れ込みである。テュルネマンは小柄な男だった。
顔色が青白い。唇は薄く、口許をきっと引き締めている。顎は後退している。髪の毛も後退しているので顎がやけに大きく見える。
年齢は、20代の終わりと言う事だ。刑事が患者のファイルを拝見したいとかなりしぶったあげくテュルネマンは同意した。ただし、すぐ横で監視する態度だ。
それでも刑事は、スヴェン・エリクソンとブロムクイスト夫人がこの医師の患者であった事を確認した。

警察では、ヘッドストロームを尋問の為に呼び出した。その間に彼の自宅の操作が行なわれた。彼は、テュルネマンはほんの少ししか知らないと主張した。
学校で同級で、ときたま診察に行くだけの事だ。しかし、尋問中に捜索班から電話が入った。工場で銃を発見したと言う。
しかも、エリクソンを射殺した銃と口径が一致する。ヘッドストロームは突然自供をはじめた。それによると次のような事らしい。


142 ::2007/10/01(月) 15:52:09 0

テュルネマンが全ての事件の中心人物である。二人は、ウプラサ大学で知り合った。二人とも催眠術に関心を持っていた。
テュルネマンは、神秘学と人知学と哲学が専攻で、人を引きずり込むタイプの支配力を備えた学生だった。これは、
1920年中頃の話である。テュルネマンは犯罪にも深い関心を抱いていた。彼が好む暇つぶしの一つは、「完全犯罪」を考案する事だった。
ヘッドストロームもこのゲームに仲間入りした。1929年、テュルネマンは、ヘッドストロームにこうもちかけた。想像の中で完璧に構成した犯罪の一つを、
そろそろ実地してみようじゃないか。エリクソンが働いている酪農場で盗みをやる事になった。エリクソンはテュルネマンの患者である。
テュルネマンは彼に催眠療法を試みている。エリクソンは盗みを内側から手引きすることに同意した。
しかし、土壇場で心変わりした。テュルネマンは心配になった。エリクソンの奴警察に言うかもしれない。
少なくとも細君には言いそうだ。こうしてヘッドストロームと他の二人が、エリクソン殺害を命ぜられた。
それ以降、テュルネマンは、綿密に練り上げられた犯罪の実行を彼等に命令し続けた。
アクセル・キェルベルグ家の強盗・殺害では、テュルネマンは自ら参加した。テユルネマンはまず警察の
征服を劇場の衣装係りに作らせた。彼とヘッドストロームはこれを着用した。
深夜の訪問で犠牲者にドアを開けさせるにはこれしかない。キェルベルグ夫妻は冷酷に殺害された。
家は放火された。
 プロムクィスト婦人は、催眠療法の時に、宝石類を保管してある場所をテュルネマンに口走った。
彼女が目標に選ばれた理由である。プロムクィスト夫人殺しは、一味としては最高傑作だった。
彼女のベッドルームの壁に孔をうがった(北欧では多くの家が木造)。
そこに自動車の排気管に接続したゴムホースを通し、睡眠中の彼女をガスで窒息死させた。
それから、宝石類を奪い家に火をつけた。



143 :、以上、自己実現の欲求の犯罪の粗筋終わり:2007/10/01(月) 15:58:51 0
ヘッドストロームの著名がある自供書をつきつけられ、テュルネマンも観念した。全てを自供した。獄中で自伝を書いた。彼は、子供の頃、
体格が貧弱で虚弱だった。それで、劣等感のとりこになった。神秘主義とオカルトに魅入られた孤独な少年時代を送った。
1921年23才の時、同級生を相手に催眠術と思考伝達(テレパシ―)の実験を始めた。16才の時にはヨガに熟達した奇怪なデンマーク人に会った。
1929年には、彼の話によると、コペンハーゲンに行ってこのデンマーク人が主催するオカルトのグループに入会した。ストックホルムに戻ると、
自分でも魔術のサークルを主宰した。様々な分野の人間を集め、自分への服従と秘密の厳守を誓わせた。
 秘密グループの首領の地位で、彼は、権力の美味を味わったらしい。催眠術を用いてまだ幼い女の子をかどかわした。彼の自供によれば、
白人奴隷商を通じてこの子達を処分した催眠術をかけられ「オカルトの訓練」(いささか意味が曖昧だが)を受けたメンバ―もいる。テュルネマンは、
セックスでは、男女の両方を相手にした。メンバ―の一人の青年を愛人兼親友として熱愛した。この親友が金銭の事でしくじった。テュルネマンは、
彼が二人の関係をばらすことを恐れた。1930年当時のスウェーデンでは、男色行為は、刑事事件を構成する。再び自供によれば、テュルネマンは、
一週間にわたってこの青年に催眠をかけ、最後には自殺させた。1934年には、別のメンバ―を催眠術にかけ、致死量の毒物を駐車した。

 テュルネマンの目的は、大金持ちになって南米へ移住する事だった。サラでの2件の殺人――アクセル・キュルベルグ・プロムクィスト――は、
彼にかなりの多額の金銭をもたらした。しかし、計画の「大仕事」は、ストックホルム中央郵便局と同じ建物に入っている
銀行からがっぽり頂く事だった。一味は、そのための大量ダイナマイト――36キロ――もすでに盗んで用意していた。
計画では、中央郵便局をこの大量ダイナマイトで爆破し、どさくさにまぎれて銀行から大金を奪取することだった。
テュルネマンは、麻薬の密輸にも関係していた。1936年7月、エリクソンとパターソンの殺害に加わったヘッドストロームと他の3人のメンバ―と共に、
テュルネマンは裁判にかけられた。5人は、いずれも終身刑を宣告された。しかし、刑期が6ヶ月を経過した時点で
テュルネマンは疑う余地の無い狂気に陥り、受刑者専用の精神病院へ移された。

144 :、138-143は自己実現の犯罪:2007/10/01(月) 16:22:49 0

テュルネマンのケースは、『自尊心をバネとする』殺人者の心理の深奥に強力な光を投げかける。自分のファミリ―に対する支配力は完璧だった。
男達は、彼を当然の首領として受け入れた。女達は、彼に屈服し、結局は、売春に身を落とした。彼の人生は、
妄想のような利己的で客観性を省いた非現実的な権力を、望み通り押し通し実現した、人生だった。彼は、人間の感情を全て無視した。
親友でも危険な存在になると、催眠術で自殺を誘導した。一味のメンバ―の忠誠心に疑問が生じると、病んだ犬のように、
注射で処分された。犯行の途中で、目撃者を発見した場合、必ずこれを消した。後で、ばれる事を未然に防止する為である。
テュルネマンは「英雄」への道、自らが独自であると言う感覚への道をすでに見出していた。28才で自分が「至高な価値」
であると言う感覚を既に我が物にしていた。彼は、後のチャールズ・マンソンやイアン・ブレディがあこがれるタイプの犯罪者だった。
(ヘッドストロームがただ一回だけこのルールを守りそこなった。これが一味の逮捕に繋がる。テュルネマンはこの事実に臍を噛んだに違いない。)

  ところで、一体何故、と誰でも問いたくなる。それほど傑出した人物が何故犯罪を選んだのか?何か、深い憤り、
少年時代に遡る屈辱感のようなもの、それが役割を演じた。《自尊心をバネとする自己実現の方向の犯罪への決定を促した。》
恐らくその通りだ。しかし、もう一つの理由も筆者には垣間見える。自らが独自であると言う感覚を達成する手段として、
犯罪は成功を《犯罪の範囲で》「保証」してくれる。テュルネマンは医学の分野で「トップの地位」を目指したかもしれない。
オカルト哲学でグル・導師として立ちたかったかもしれない。文学に自己表現の道を定めたかったかもしれない。しかし、
何れの道も志が達成されるとは限らない。むしろ失敗の可能性の方が大きい。いずれにせよ、多大のエネルギ―と時間が要求される。
学問上の瞠目すべき理論を世に発表したり、大いに売れる小説を書くよりは、あっと驚く犯罪をやってのける方がずっと簡単だ。


145 :、138-143は自己実現の犯罪:2007/10/01(月) 16:27:53 0

「大物犯罪者」がかなり低いコストで独自感を我が物にできる理由はここにある。社会は、彼の独自感を認めようとしない。
社会は、彼を他の全ての人間と同様に訓練しようとする。そう言う考え方が社会全般にいきわたっている。
その社会に強烈なしっぺがえしで報いる為、彼は、新聞の一面にでかでかと載る犯罪をやってのける。彼は、こう社会に思い知らせる。
「社会の無名の大衆の中にだって、恐怖と尊敬に値する人間はいるんだぜ,,。」


しかし、逮捕されない限り、彼は、いつまでも同じフラストレーションと無名感にうちひしがれる。
「大物犯罪者」の多くが逮捕に一種の喜びを見出す理由はここにある。これで、自分は少なくとも無名では無くなる。
テュルネマンはこう核心していた。「自分は、自由意思で行為している。自分の「独自性」を発揮している」。だが彼は、
社会に知られるとは、限らない。知られるとしても、逮捕と引き換えだ。彼は、極めて小さなサークルの賛美で満足しなければならない。
レオポルドとレーブのケース、あるいは、ブレディとヒンドレ―のケースのように、たった一人と言う事だってある。
一方、言うまでも無いが、どんな「大物犯罪者」にも困難な決断の時がいつかおとずれた時に社会がそれを犯罪のパターンの一部と見る事は、
彼が、自由でも独自でもなかったことを意味する。一体、どちらが真実なのか?この問題は、バーナード・ショーも
「(創造にはなにがしかの精神的努力が含まれる。破壊には精神的努力が含まれないと言う意味で)人は、芸術家をその最高で判断し、
犯罪者については、その最低で判断する。」と言う例えのパラドックスで指摘するように、シェイクスピアやベートーベンもそれぞれの歴史パターンの一部と
見なし得るという命題において、おのずから解消する。
 怜悧なテュルネマンはこのパラドックスによって不条理な食い違いに気付いたはずだ。これが「大物犯罪者」に避けられない痛烈なアイロニ―である。
自分を最初に犯罪に駆りたてたフラストレーションと社会での無名感。テュルネマンは自供を文書にしただけではない。これを種に自伝を書いた。
自らの犯罪の細部を自慢げに描写した。しかし、彼を狂気へ追いやったのも、このパラドックスが彼に彼の犯罪が不条理な食い違いであることに
気付くように現状の現実が迫ってきたからに違いないからである。


146 :少年法により名無し:2007/10/01(月) 16:30:35 0
123 KB  、、、、、

147 ::2007/10/01(月) 18:18:55 0
 シグワルト・テュルネマン  http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/saint.htm 

148 ::2007/10/01(月) 18:33:02 0
137の続き  第5階層の自己実現の欲求は、創造の働き 価値観の獲得、、、、思想等のの支持に関係した営みである事が解る。
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180833234/445-458
445 :ファクスレー 信念と行動:2007/06/19(火) 16:20:14 ID:???
人に勇気を与えるのは、思想である。この諺を少し拡大して考える。そこで、 本能的な行動(怒りなどからくる一時の感情)は、持続しないのであるが、
感情を持続させるために思想が作られ、次に、倦怠に陥ったときに思想が感情を
呼び起こすと言う反対の事が起こるのである。そして、思想を一度信じ込んだなら、
普通、本能的にしか出来ない冷酷な事も、冷静かつ沈着に行わせるのも思想なのである。
そのうち、思想は、かけがえの無い崇高な感情に変化してそれが正義となるのである。
446 :ファクスレー 信念と行動:2007/06/19(火) 16:22:41 ID:???
さて、その正義は、大金持ちを悪い社会の代表者にして、誰も太刀打ちする事の出来ない
好色家をインモラリストの化け物にして悪者にしてくれるのである。彼らがねたむことを
不正であると信じ込むことによって、妬ましい事に対する賞賛すべき敵意になっている
のである。そのときには彼らは、もはや、やつかみではない。思想は、 忌々しい個人的感情を正当な憎悪に、気高く公平な美徳にも、
忌まわしい憎悪にも、変えたのである、、、、。、、、と言うような内容の事が記述されていたと思ったが、、。
447 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 16:23:51 ID:??? イデオロギー 魔術的思考 思想 そのものについて考える必要もある。
448 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 16:25:50 ID:???人を呪わば穴二つ、、、実際、思想に生きる事は、ダメージや損失が大きい、、、
449 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 16:26:48 ID:???        19世紀は思想の時代です、、、、。

149 ::2007/10/01(月) 18:50:26 0

一週間にわたってこの青年に催眠をかけ、最後には自殺させた。1934年には、別のメンバ―を催眠術にかけ、致死量の毒物を駐車した。
143>>

押し付けの高度な技術、催眠、躾、悪い意味では,レイプや手篭めやSMの類、

思いこませる、誘導する、説得する。洗脳する。支配、操作する。決定していく 自滅の組織体、共同の押しつけ、

死ぬ望みや願望を育てていく。

http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174736495/l01-126 


150 :、↑マズッタ:2007/10/01(月) 18:51:34 0


149 :、:2007/10/01(月) 18:50:26 0

一週間にわたってこの青年に催眠をかけ、最後には自殺させた。1934年には、別のメンバ―を催眠術にかけ、致死量の毒物を駐車した。
143>>

押し付けの高度な技術、催眠、躾、悪い意味では,レイプや手篭めやSMの類、

思いこませる、誘導する、説得する。洗脳する。支配、操作する。決定していく 自滅の組織体、共同の押しつけ、

死ぬ望みや願望を育てていく。

http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174736495/l01-126 


151 :、↑チョイ マチ 何でやねん:2007/10/01(月) 18:52:50 0
http://school7.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1174736495/101-126



152 ::2007/10/01(月) 23:22:25 0

 テュルネマンはたちの悪い化けキツネの一人ですね、、、、。19世紀の思想の時代の後、

 既に、20代の若さでここまで進めたんですよ、、、。しかも、自然発生で

 ここまで発達したんですからね、、、。 何かありますね、19世紀と20世紀の初めの

 世代の連中は、、、。




153 :、カタギは読み飛ばしてヨロシ:2007/10/02(火) 00:00:19 0
恐怖の占い    百期夜行の地獄スレ [占術理論実践]   >>
犯罪者と言うものは、善から悪として切り離されて孤立して独自化した先祖の独自の営み
を展開するものと定義する事ができると言う事が可能であると思われる。
基本的に民族は、戦争になったら勝利しようと思うが未来が未知数である為に集合的に催眠化して
先祖が重要な位置を占める共同体となる。 私はこれを強の地サイクルと言っている。
所が、アメリカのグリーン・ランや日本の731部隊、ドイツのナチスのように人体実験が起きた時点で、悪魔領域に
至るので、これをヤミサイクルと私は言うわけです。
ヤミサイクルの時点で、テュルネマンタイプの人間が支配権の枢軸を成す事について注目すると、バーナード・ショーの
バラドックスの例えは、破綻して通じない事が分かる事になる。と言うか、善と悪の意味が逆転してしまう事が解る。
その時には、テュルネマンのような催眠による自己実現をする者が支配権を握る時代となる。

天 覚醒  地 催眠  催眠による支配が支持されるか 覚醒による支配が支持されるかの違い の問題と言える。
光にしても闇にしても犯罪者は、殉教者と言えそうである。
犯罪者か革命の先駆者か悪人かと言う感じ、、、、。

154 :、カタギは読み飛ばしてヨロシ:2007/10/02(火) 00:08:04 0


要するに成功した犯罪者は、革命の先駆者と言う事になるし、

 そうでない犯罪者は、愚人の類か、悲劇の殉教者と言う事になる。

 善人であろうが、悪人であろうが、ヤミ系であろうが光系であろうがである、、。


155 :、カタギは読み飛ばしてヨロシ:2007/10/02(火) 00:41:46 0
私は、ここで、5以上の階層領域はあると主張します。目に見えない営みの形以上のもので
自己実現の表面的現れがみられない領域の自己実現以上の領域の営みの存在のことである。
自己実現するものに、影響する力を持つ者、又、それを支持して誘導し役立てる力を持つもの
の存在や集まりの繋がりの者(秘密結社?)

つまり、この第5の欲求の自己実現は137のcauseという単語の意味の 引き起こす、大儀名文
の意味からも解るように、第4の自尊心による勝敗の駆け引きとは違い、創造性の勝負と言う
事になり、その大義名分の質と創造性の実力の勝敗の問題となってくる訳です。
どの価値観、思想、イデオロギーが支持されるかと言う問題。第2次世界大戦では、
イギリスは光系が支持され、ドイツはヒトラーのヤミ系の実力の前に光系は敗れ支持の獲得に失敗した。
自己実現の活動は、支配権と運命の決定権に関係した性質のものと言える。それに対し、
自尊心の問題は、大義名分と支配権のみで、運命の決定権の独立性は無いし、引き起こす
実力があるとは限らない。第4では、悪のオオカミ(犯罪者)が善(被害者)の子羊を負かし、支配権を握り利益にする
等の可能性、第5では、善または悪が善または悪の価値観を進めるか覆す性質の思想や支持力を意味すると言える。


156 :、カタギは読み飛ばしてヨロシ:2007/10/02(火) 00:49:48 0

人体実験は、秘密のうちにされた意味では、弱のヤミサイクルと言う事ができる。
 
その後のラッセル等に見る犯罪と繋がる情報操作のペテンの時代は中のヤミサイクルと言う事ができる。

大方、現在に見られる、一般人に至る大多数の犯罪化とその共通の暗黙の了解(具体的には、オウム以後の警察の無力化)は、
強のヤミサイクルで犯罪と病気作りの見えざる働きかけのライフワークの集合化の状況を意味すると言う事ができる。
(表面的には、中のサイクルのペテンによってオモテ沙汰には犯罪はそれほどまかり通らないように見える。)

http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1189460572/


157 :、カタギは読み飛ばしてヨロシ:2007/10/02(火) 00:59:42 0

人体実験に絡む精神医療と軍事の繋がりの情報操作に深く関係した連中は、シュタイナ―の世代の連中かも知れない。

恐らく、テュルネマンは氷山の一角で、完全犯罪をしている奴は沢山いるはず、仙波は、それに貢献してたのは確実。

精神医療、優生学、テュルネマン 人体実験、情報操作、と言うグローズアップが可能。

一連の精神医療と軍事による大規模な陰謀の縮図をテュルネマンから見ることができるからである。

更に、コリン・に対する反論にもなっている。ナチズム 支配権の獲得問題、人体実験、

に関して盲点を指摘できるし、コリンの楽観論の正体の指摘にも また,盲点の根拠にもなっている。 

コリンも情報操作で配置された問題。  と カテゴリ―の根拠 現実の真相を見逃したといえる。


 



158 :、ミジンコ:2007/10/02(火) 09:44:37 0

157の補足
更に、コリン・に対する反論にもなっている。コリンのナチズムの支配権の獲得問題の無視、彼の人体実験の無知あるいはその同意

に関して客観性の盲点を指摘できるし、それが、コリンの盲点に由来する楽観論の正体の根拠の指摘にもなっているし また,
 
コリンも情報操作で配置された問題。(恐らく、仙波同様、アメリカとイギリスによって)

  彼が、珍しい物好きの変人のカテゴリ―に置かれた根拠もここから解る。

 つまり、本当の成り行きを支配した現実の真相を見逃したといえる。

 ケネディーに関しての接し方で更に御分かりいただけるかと、、、。


159 :、白からす黒ひつじ:2007/10/02(火) 10:06:49 0

テュルネマン(ヤミの天才の犯罪者)と その後の 精神医療と軍事による情報操作とウラ工作との繋がりに

注目していくと ヤミのそれぞれの異なる次元の階級・ヒエラルキ―の繋がりが見えてくると言う事が出きる。

テゥルネマンのヒエラルキ―は少数カルトあるいは、単独。 社会次元でのそれに関した組織 世代歴史次元でのそれに関した組織

等のヒエラルキ―と次元分け、そして、配置と役割とリンクと言う側面に注意。

超軍事の日常領域の孔明ばりの兵法と言うか、、、、、、、。日本のオカルトや中国の兵法の骨頂でしょ、、。


160 ::2007/10/02(火) 10:24:10 0

光とヤミの働きによるなりゆきの問題と支配権獲得による関係の変動の逆転の問題の客観性について注意していただきたい。

そこから生じる適応と破綻の問題についても、、、特に、医療と刑事関係は、、、。

又、 フェイク(霊合性)の存在の根拠の客観性の問題についても注意して取り組む必要がある。


161 :、無動機単独テロ:2007/10/02(火) 10:27:39 0

犯罪も、発展しているのかも知れないと言う事は言える。第5の階層の犯罪が支持を得て
革命が起きるかもしれないと言う事だが、善にしろ、悪にしろ、光にしろ、ヤミにしろ、
段階を踏んで発展し、又、衰退していくものである事を念頭におくと、
ラッセルは、テュルネマンを進めたものであるし、更に、ラッセルの限界を突破していく
悪のヤミ系の犯罪者も出てくるはずであるし、居て当然である。


162 ::2007/10/02(火) 10:50:27 0

144、何れの道も志が達成されるとは限らない。むしろ失敗の可能性の方が大きい。
いずれにせよ、多大のエネルギ―と時間が要求される>>

人生のトータルから見て犯罪と言う手段が得るものがあり有益であると言う判断の計算づくの
念入りな犯罪は、宅間守やバスジャックに関しては妥当だったと私は判定している。 
運命のトータルによる判断から起きる犯罪もあるだろうし、単なる一時の現実的刹那から起きる
犯罪もあるでしょうねぇ、、、、。色々と、、、。宅間やバスジャックの件に関しては、仙波は叩かれるね、、。
あの病院は物的証拠もあるし、、、。


163 ::2007/10/02(火) 10:58:45 0


産業革命と市民革命の働きと功績の一つは、特に、犯罪の固定概念的意味を変えて、

上記のような全く新しい領域に繋げるに至るところにもあると言えると思う。

産業革命は、犯罪や刑事の領域にデジタルな意味をもたらした、、、。



164 ::2007/10/02(火) 15:23:54 0

産業革命は、犯罪や刑事の領域にデジタルな意味をもたらした、、、。>>

産業革命は、は蛇足



165 ::2007/10/02(火) 17:06:07 0
※魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔
魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔悪傷宅悪魔傷傷悪魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔自尊心から犯罪に挑み
魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔傷狂※奇悪魔狂田傷魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔
魔魔魔魔魔魔魔魔魔間田※小守刺魔田守奇魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔自己実現として、自ら死刑を
魔魔魔魔魔魔魔魔魔傷狂小十小狂傷田※※奇魔魔魔魔魔魔魔魔魔
刺魔魔魔魔魔魔魔悪殺守十十小※宅守小小狂傷魔魔魔魔魔魔魔魔求刑した 宅間 守
 死魔魔魔魔魔魔傷鬼鬼刺傷田※守守※※守田間魔魔魔魔魔魔魔悪
 小魔魔魔魔魔悪殺刺刺傷間魔悪鬼守殺悪魔魔魔魔魔魔魔魔魔魔
  ※魔魔魔魔傷奇田狂狂殺間悪魔殺間魔魔魔傷傷魔魔魔魔魔魔※
  十魔魔魔悪狂守傷魔魔魔魔悪奇※※間悪魔魔魔魔魔悪魔魔魔小
   奇魔魔魔狂※十小※守守守※小:小奇奇奇田傷間鬼間魔魔間:
    守悪魔殺※十+:十※小十十+:小守狂守死死守狂悪魔魔守
    ※傷魔殺狂※小十十十十小十::小奇奇守※※守刺魔魔魔十
    小傷悪奇死狂守※小十小小十+小守刺守※守奇傷魔魔悪+
    ※守奇刺宅田奇守※小※※傷田傷魔鬼守守狂刺悪魔魔※
     小守刺奇田田死守※※死魔魔魔魔魔鬼守奇傷悪魔傷小
      ※狂奇奇奇宅死※小十※※奇刺傷刺狂田傷悪魔小
      :狂刺奇宅守※※小十小十小小守奇奇刺傷間魔傷
       守鬼奇狂※※小小※※鬼傷間傷傷間傷間悪魔死
        ※刺狂守※※守鬼魔魔魔魔魔魔魔悪間悪魔鬼:
         十刺奇狂狂狂狂守守狂殺悪魔魔悪悪悪悪傷
          +刺田田死守宅間魔魔魔魔間悪魔悪悪悪
           守田奇狂守守守守奇殺傷間悪魔魔悪悪小
           守田田宅守※小守守死鬼間悪魔悪魔魔田十
          +宅傷鬼刺田田奇宅傷間悪魔魔悪魔魔魔奇小

166 :、別名正規の犯罪スレッド:2007/10/02(火) 17:17:15 0

  ,:';:' .,゙;::;, .' : ',.!゙,:', ':,.::.;':,' : ',',;, : : : : : ./ ; : .,:',:゙ ,:'__;,;_; ; : : .;.';゙,゙, '
       ,':,' ,'.,゙,' ',  ': ゙'!゙゙':゙,"゙'゙,'','';‐-,.';':,. : : .,:' _.;-;''';'":゙゙゙ ,;/ ;.,゙ :  ,:' ;゙,゙
       ,':,' ,;.,':,', ',  ' : ',:;;,'::..,',,,';',;゙;,、,;.゙:,゙:,.:.,' . ;'.:'_;'.'.:'-'-'==;' : ' ,; .
       V .,;゙.,':.'..', ゙:,, .' :゙:,ヽ.ヘ...!,,ノ_゙' ゙'  ゙   .゙ ..ヘ..゙..ノ;:",'' : ' .,:':  ; ;:',,゙, .゙"
       ,,゙ .!,.゙. :', : '';.,゙':.,: :':, ゙゙゙゙            ゙゙ .゙゙゙゙゙.,:': : ,:,::' :  .; . '".',゙,
 .      ,:,:  . : : ', ', : ゙゙::,.,_ ゙:;゙_:,_     .  i         ,:'::,,.,:゙'゙ : :  .,゙ : . . ',':
、゙:;.,    ,','   : : : .゙:, ' : : : `'','ヽ;,'::,_   ______゙_____,    :-゙,':'゙;'゙ : : : : .,' : : :  '
: :`゙'゙':.,_ //   : : : ;゙゙゙, ' : : : : ゙,::; :゙':..,   ゙'''==''゙    ,::';, : .; : : : :  ,' : : : : : 
: : ゙''-:., '::.,, ゙:., : : : ,': : ':, '.: : : :.',.; : : : :'‐;.,,_     ,..:;'" : ;.; :,' : : : ' .,゙',
: : : : : :` : .゙'゙、:,,_. :.,゙. : : : ', ' : : : ', : : : : ,'.゙',‐.':;;...;;;'゙‐''"゙:, : : ;::,' : : :  ,:゙.:
: : : : : : : : : : . : .'ー:.,_. : : : ':,' : : : ', :、.;::,'‐゙:'",:,゙;:i;:',:,'‐:゙:".;-,、',' : : : .,' : : :
: : : : : : :.,.:‐''ー:::..,,,__゙'‐:.,,. : ':,' : : ゙,: ゙;':,. : ,:',:'.,','l ':'.、':,__,.::,゙;゙,:' : :  ,:゙ :


167 ::2007/10/02(火) 17:33:09 0





///      ////  // ,、-‐ヽ'、  ヽ',
 / / /  / //,/_``   / /´ -- ハ|  , lヽ
 i/ /   / //シ'rーt.ヽ / i´,彳'。) )ミ/ / ,|||
 |! | / l. | |/ゝ,.'、.ソ '  | i  ゝ-rrシ//;イj!!
  ! | :ト || ハ|  ^'' ´`    l!    /'/ /
  ', |:;|ヽト! ト|:ト        ´    イ´
  ヽヽヽ|ヽト、:ヽ    ー---'    /   
       ヽ ` ヽ、   `  .  /     
         _ 」,`ヽ、._  _/:',
     、-''/ / ',    ̄   'ヽ、
162>> 基本的には、触法の問題は、正確に由来する人格障害に関しては、その大儀名文に
ついて論じる必要は、あると思われるし、衰弱に由来するタイプのものについては、
福祉やその外の駆け引きや利用の仕方について教える必要はあると思われるし、
過剰にエネルギーに満ちた乱暴なタイプには、法律を教える必要があると思われる。
最低限、まず、病気か犯罪かを判別する前に、ここから出発する必要がある。

168 ::2007/10/02(火) 18:10:37 0
131>>  ミルクをまずあげてから伝えるべきケースもある。
社会は、彼の独自感を認めようとしない。 社会は、彼を他の全ての人間と同様に訓練しようとする。<<
訓練の問題に対しては、休息入院がある。現在では、この事によってニートになったり、メンヘラになって、
通院する人が沢山居る。
http://life8.2ch.net/utu/ メンタルヘルス
http://life8.2ch.net/mental/  メンヘルサロン
http://human7.2ch.net/dame/  無職・だめ
http://life8.2ch.net/hikky/  ヒッキー
結局、オモテ型、ウラ型、光型、ヤミ型、フェイク(虚型)、の方々が、思い道理に納得の行く人生を
それぞれが送る為には、人生と言うものがささいな喜びの目的の為に、相当な労力を必要とする
であることを、先ず、学ぶ必要があります。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1160213311/ 正規の運命スレ
ヘソ・受胎の活動営みは、それほどに難解な物であると言うことを先ず弁える必要がある。
伊達に、先人が、優生学によって初めから受胎を避けた訳では無いのは、ある意味、解る訳です。
  性と受胎と職業とその配慮 を組込んだ社会体制について取り組む事が重大である。
それぞれの人生の自由と個性を阻止し損なうような事がないように注意した上でである。

169 ::2007/10/02(火) 18:17:11 0
オモテ型、ウラ型、光型、ヤミ型、フェイク(虚型)の方々は、結局、親身に生きて、ヒネリとズラシを
入れて工夫すれば、旨く、やっていけるんだよ、、、、。


      , : ‐ : ̄: ̄:`ー: 、――:<:. :. \
       _/:. :. :.‐-、:. :.\:. :. :. \:. :..ヽ:. :. :.\
     /:. :|:. :|:. 、:. :. ヽ:. :.:ヽ:. :. :.:ヽ:. ∧::::. |:.|
    /:. :. :.:}:|:.:ヽ:. \:斗―‐-|:. :. :. :V/∧:::: :|:.|
   //: :. :.i:|:ハ:. \く ァテテミ:ハ: :. :. :.レ: :. |:::ヽ:\
   |.|:. |:. :|:レ',ニミヽミ_>ト-ソ.}_./ |:. :. :.:|:: :. :|::::::ヽ:.:\
   |:|:. |:. :|:V トrヘ.   " ̄  /: :.:/イ }:: .:|:::::|:ハト、_:>
   |:ハ:.|:..:.ト:|. ゞ'^、      /_:.イ:. :レ::::: :. |V|::| |
     ヾ>、::>   ィ  }     |:. :.:|:::::::: ∧:∨ 
     /ハ:|:. :ト、   ヽノ    /|:. : ハ::::::. :∧:.\__ 
     VV|:. :V ヽ、     / /:. :./::∧::::: :∧ー'´
       |:. :|: :. :::::|`::ーr'´  /. :.:/:::::::∧::::: :.\
     ヽ、_」:. :.`ー‐::::|::::::」   /イ/ ̄ ̄ ̄ヽ: :. : :.\
        ゝ:. .>--ァく|L_/  /       ヽ:. ).:. :\
       /:.:/  / 辷シ'   /         ∨:. : :. :.ハ
       /:./ /   ノ _,, -へ、  へ.      ',:.: :. :./: |
       |/, へ===" ̄    \.  \    ∨:./:. :.|
      //       .:::::::::...   :.ヽ  ∧    ∨:. :. }
     / {.............   .::::::::::::::::::::::.  ::::V:.::∧    ヽ: :/.|
    /  ':,::::::::::::::    ::::::::::::::::    /:. :/:.∧    ∨: |
   /    ,へ_.--======-、  /:. :/: /:. :\    ∨|
 /ー-、 /  |            `/:. :/:. /: :. :. :.}    V


170 ::2007/10/02(火) 18:24:49 0
フロイトはノイローゼの原因は、全てセックスに根があるという。一方、アドラ―は、人間の性は劣等感との戦いであり、その主要な動機は、『権力への意志』
であると主張する。《フロイトとアドラ―のイデオロギ―論争の事である。性は、媒体であり、権力の手段としての機能を果たすこともありうる
と言う事で両者は繋がる。》1930年ごろ、マスローは、その様な事を頭に思い浮かべながら、ブロンクス動物公園での猿の観察で、
猿による支配の行動様式とノンストップの性行動に最も感銘を受けていた。この観察から「欲求の階層」と言う理論が展開される。
彼は、考え込んだ。猿の性行動様式には無差別感がある。オスもメスもオスにも乗ればメスにも乗る事がある。「突っつきまわす順序」も
はっきりしている。支配力高位の猿は、支配力が自分より低い猿に威張り散らす。アドラ―説と同様にフロイト説も妥当のように見える。
ある時、マスロ―は支配力が比較的高位の猿は、相手がオスであろうとメスであろうと、支配力が自分より低い猿にのしかかる事が
解ったように思えた。そこから、「少なくともこの問題に関する限りは、アドラ―説が正しく、フロイト説は間違っている。」
と言う結論を出した。《神経質になれば、支配力の強いものに支配力の弱いものがのしかかる事は、人ならありうると
思われるが、、、、。フロイトもアドラ―もどっちも正しいんじゃないか?》マスロ―はこの結論を更に一歩進めて、猿の場合は
支配力による行動様式が、その心理を解く鍵らしいとすれば、それをどこまで人間に当てはめることができるかと考えた。
彼は人間による支配力の行動様式の研究を思い立った。1936年、マスローは、女子大生を対象に一連の面接調査を始めた。
人間の場合の支配力による行動様式の研究で、セックスと支配力に関係があるかを付きとめるが目的である。
 彼は先ず男性でなく女性を選んだのは、自分が若い異性愛の男である事、又、個人の生活を語る場合、
一般的に女性の方が男性より率直らしい事、に基いたからである。

171 ::2007/10/02(火) 19:55:02 0
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/sm/1162885732/178-202
マスローによれば、女性は、高位、中位、低位の3つのグループに区別された。
支配力高位のグループは数では最も少ない。支配力高位の女性は乱交の傾向があり
セックスをセックスとして享楽する傾向が強い。一般に極めて男性的と見られる傾向である。
このグループは、マスターベーション、さまざまな男とベッドを共にする、レズビアン・ラブなどの
経験も比較的豊富だ。(権力志向の3とか痴女の23のコピベ)((所謂、情熱派》因みに最高位は、猟奇的傾向がありそう。

支配力中位の女性は、基本的にロマンチック人間である。セックスの衝動が強い場合もある。しかし、彼女たちのセックス経験は
おおむね限定される。大抵は、相応しい立派な男性が現れるのを待っている。花束を抱えて家に来てくれる。
キャンドルライトがゆらめき、甘い音楽が流れるレストランの食事に連れ出してくれる。そんな種類の男性だ。《ムード派》

支配力低位の女性はセックスをはっきり嫌悪する傾向がある。あるいは、セックスを子供を産むための嫌だが仕方ない行為である
と考える。調査対象に支配力が低位でセックス衝動が強い女性が居た。《支配力が低位でセックス衝動が強い女性もいる。
同様に、支配力が低位で支配欲が強い支配力の強い(高位と言う事ではない)タイプと言うのも居ると言う客観的事実に注意。》
女性が居た。彼女は、子供が嫌いなので夫と性交渉は避けていると述べた。支配力低位の女性は淑女ぶる傾向が強い。
ヌードに仰天して見せたり、男の性器をいやらしいと見なす。(支配力高位の女性はこれを美しいと考える。)

高位《意志、運命》中位《本能、繋がり、関係》低位《現実、霊感》

172 :、↑補足、低位は《知性派》:2007/10/02(火) 20:47:15 0
女性が選ぶオスは、この支配力によってほぼ決まる。支配力高位の女性は、支配力が高位の男性を好む、自分をひっつかみベッド
に投げ出す種類の男である。《ローゼン・メイデンの真紅タイプの女性にこんなことやったらどうなるか?》スポーツマンタイプで荒っぽく
、センチメンタルでない恋人だ。

支配力中位の女性は、親切で家庭を愛する男性を好む。家でパイプをくゆらし、おだやかで思慮深い種類の男である。彼女達は、
ロマンチックではあるが日常生活には堅実な態度で臨む男性を好むようだ。

支配力低位の女性は、男性全般を信用しない。ただし、たいていは子供を欲しがる。男はこの目的に為に、懸命に励むべきだと
考える。彼女達は、温和で内気な男性を好む傾向がある。話しかけもせずに、何年間も遠くから、自分に賛美の視線をちらちら
送ってくるようなタイプの男性である。

更に、マスローは言う。「女性は全て、どの支配力のグループに属していようと、自分より支配力が少し高い男性を選ぶ。」
観察対象の支配力のある高い女性は、様々な恋愛体験を重ねながらも、自分より支配力が更に高い男性を求めていた。
彼とついにめぐり合う事が出来た。その男と結婚し以後幸福な生活を送った。しかし、彼女はこの夫との言い合いを好んだ。
彼の乱暴を挑発しさえした。これによってレイプに近い行為に彼を引きずり込む。この型のセックスが一番好きだと彼女は述べた。
彼女のケースで明らかな事は、この夫でさえ充分に支配的でないと言う事だ。従って、もっと高位のレベルの支配力に乗せる為
彼女は手管を使って夫を挑発した。《これは、恐らく、男系か男性主権志向の支配力高位の女性です。いわゆる、勤務型、
ペット型、奴隷型のうちの奴隷型かペット型。女系だったら、乱暴は嫌うのが特徴のはず、、、。上記の3つに対応して
雇用型、主人型、支配者型がある。》

173 ::2007/10/02(火) 23:59:32 0
マスローは、調査で解った大まかなルールは次のようなことであると言う。
「永続的な関係を維持するには、男と女は、支配力が同じグループでなければならない。
支配力中位の女性は、支配力高位の男性に対して、落着いた気分になれない。支配力低位の女性は、支配力中位の
男性を怖いと感じる。男の場合は、自分より支配力が低い女に性的興味を示すことが多い。しかし、誘惑後は、
性的興味はなかなか持続しない。支配力中位の女性が支配力高位の男性に表向き惹かれることがある。
しかし、徐々に考えが変わる。「この人ずいぶん野蛮だわ。それに、一つもロマンチックでない。」支配力高位の男性が
支配力中位の女性のことを「ベッド相手に適当な女と気に入る場合がある。しかし、交際を重ねるうち彼は、こう思い当たる。
「たいして面白くないな薬味の効いていない料理みたいだ」関係を永続させるには、二人は、同じグループでなければならない。
マスローは心理的テストまで工夫した。特定男女間の支配力のギャップが永続的関係を形成するのに適切かどうかを判定するテストである。
《基本的には、支配力の位階に左右されない堅気のヘソを習得する事を義務教育は目的としなければならないはず。》

174 ::2007/10/09(火) 18:15:56 0
,

175 ::2007/10/14(日) 20:49:14 0
,

176 ::2007/10/23(火) 20:53:12 0
,


177 ::2007/11/01(木) 07:06:36 0
,

178 ::2007/11/02(金) 16:32:44 0

http://society6.2ch.net/test/read.cgi/shugi/1192360067/l50
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/soc/1162863381/l50
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1160100092/  

179 ::2007/11/02(金) 16:59:16 0
  つ  http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1189460572/


     過去ログへ格納されてしまいましたが、、、。

180 ::2007/11/02(金) 18:05:48 0



http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/army/1180833234/765-766





181 ::2007/11/10(土) 21:24:13 0
,

182 ::2007/11/19(月) 06:07:19 0
,

183 ::2007/11/28(水) 00:24:07 0
,

184 :少年法により名無し:2007/12/09(日) 08:32:25 0
,

185 :,:2007/12/19(水) 22:47:38 0
恐怖の占い    百期夜行の地獄スレ [占術理論実践]23
   研究室・戦慄のデスマッチ [なりきりネタ]
国家公務員関係業界裏面話ぶっちゃけスレッド [公務員]
正攻法の正規の精神医療スレ [メンタルヘルス]


186 :少年法により名無し:2007/12/28(金) 23:57:23 0
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%BA%D9%CC%DA%BF%F4%BB%D2%A4%C9%A4%A6%BB%D7%A4%A6%A1%A9%A1%A9&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1
1番最初にある細木数子どう思う??のアンケートにご協力下さい。宜しくお願い致します。






















187 :少年法により名無し:2008/01/01(火) 06:39:08 0
パソコン画面盗み見る  犯罪
盗聴   犯罪
車に発信機   犯罪
連中これで正義ヅラして、犯罪おかしてない無宗教のまともな人に
偉そうに説教たれてんだから頭おかしいよ
自分たちの方がお前より素晴しいです〜って言いたいのは分かったから、
人に成りすましたり自作自演しないで書き込むのも正直なこと書き込んだら?
成りすまし自演をくりかえさないと、自分達が普通の一般人に賛同してもらえないから必死なんでしょ

188 :,:2008/01/01(火) 18:26:51 0


つ http://life9.2ch.net/test/read.cgi/yume/1190297437/54-57

189 :,:2008/01/03(木) 19:25:51 0





18:30 新春超歴史ミステリー古代ローマ1000年史!!空前の巨大帝国全解明スペシャル
稲垣吾郎驚異の遺跡コロッセオに挑む&謎の地下探検…2000年前のハイテク都市が今夜復活
▽完全再現映画ハンニバル!ナポレオンも心酔した超天才戦術家vsローマの切り札…宿命の対決
▽古代史上屈指の英雄カエサルの冒険…彼はなぜルビコンを渡ったのか!?暗殺の真相は?リーダーの条件に迫る
▽知花くららローマの休日&絶景シチリア(秘)体験▽暴君と呼ばれた皇帝ネロ…悲劇の真実
▽塩野七生の超ベストセラーを本格映像化!!▽超多忙男みのもんたも仰天ローマに(秘)出現(中断)






190 :,:2008/01/11(金) 11:16:55 0
,

191 :,:2008/01/17(木) 21:32:01 0
,

192 :,:2008/01/25(金) 08:09:24 0
,

193 :少年法により名無し:2008/01/30(水) 12:57:54 0
,

194 :少年法により名無し:2008/02/04(月) 21:21:44 0
age

195 ::2008/02/11(月) 17:05:37 0
,

196 :少年法により名無し:2008/02/11(月) 17:33:28 0
中2、盗難車で逃走劇 県警ヘリも出動、40分後逮捕

 7日午後4時20分ごろ、岡山市南古都の路上で、巡回中の西大寺署員が盗難届けの
出ていた乗用車を発見、車は制止を振り切って逃走した。

 県警のヘリなどが追跡、車4台や民家の塀に接触しながら約30キロ逃げ、約40分後、
同市大多羅町の市道で停止した。同署員が運転していた市立中2年男子生徒(14)を
道交法違反(無免許運転)で現行犯逮捕した。けが人はなかった。

 調べによると、男子生徒は、中学3年の女子生徒2人を同乗させていた。乗用車は1日
午後11時〜2日午前3時40分ごろの間に同市内の中古車売り場から盗まれており、
同署は男子生徒が運転するまでの経緯を調べている。

(2008年2月8日 読売新聞)
ttp://www.yomiuri.co.jp/e-japan/okayama/news/20080207-OYT8T00594.htm

197 ::2008/02/16(土) 09:36:03 0
,

198 :少年法により名無し:2008/02/21(木) 06:35:23 0
test

150 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)