2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

資本主義をやめたら?

1 :右や左の名無し様:2007/11/03(土) 15:23:36 ID:Fe/7nqBh
資本主義をやめるメリットはこれだけある!!

2 :右や左の名無し様:2007/11/03(土) 16:58:48 ID:PlIauy0b
ハゲでも「ふ」書記長になれる

3 :右や左の名無し様:2007/11/03(土) 17:09:39 ID:???
>>1
本来の資本主義(労働基準法無視、労働者酷使)だったらとっくに世界は破滅してる。
資本主義に共産主義的な政策(一部国有化、労働組合・運動)が組み込まれたから
生き延びてるのです。カチカチの社会主義である計画経済だけでは経済が駄目になるけど
資本主義と社会主義がブレンドされた経済体制が一番望ましい。
つまり社民主義が望ましい。日本・アメリカ・韓国等は負け組み。
北欧や西欧は勝ち組。北朝鮮や中国は・・・・・

4 :右や左の名無し様:2007/11/10(土) 00:27:46 ID:???
北欧や西欧は国力自体は低下してきてるだろ

アメリカ、ロシア、ブラジル、中国、インド
全部市場よりの経済とってる(中国はもはや共産主義とは言えんし)
国が発展してんじゃん

5 :右や左の名無し様:2007/11/10(土) 00:29:57 ID:fPwicbe2
>>3
つかアンタ資本主義=労働者酷使っつってるけど
共産主義のスターリン時代のソ連なんかは
資本主義国以上に労働者を酷使してたと思うんだけどー

強制収用所に大量に動員して究極の人件費削減政策やってたわけだし

6 :阪京 ◆wOujBmICX2 :2007/11/10(土) 01:19:40 ID:Li1X/BGP
マヲに至っては「支那は人口が多いので少々死んでもかわまない。支那人民がパンツをはけなくとも核開発を急げ」
と命じて、当時資金が潤沢だったにも関わらずに饑餓者4,000万人を見殺しにした。あ〜けっこうなカルト思想だ。

オウムもナチスもマッツァヲだな。真性のアホ=左翼

7 :右や左の名無し様:2007/11/10(土) 10:29:54 ID:rVdKxci/
ワーキングプアに餌を与えてはいけません!
ワーキングプアが増殖して貧困層がさらに増えるだけです。
貧困層が増えればそのぶんだけ国の負担が増大します。
ワーキングプアの不幸はその世代だけで途絶えさせましょう!

8 :らびっと:2007/11/10(土) 11:50:42 ID:s+D52GFH
>>5
いや、>>3 は社民主義を評価してるんであって、
ソ連(社会主義という名目の、ボルチェビキ独裁軍事国家)を
評価してるんじゃないと思うよ。

本来の資本主義は欧州でも日本でも、
「義務教育、失業保険、年金制度、労働組合、環境保護」などは全て
「共産主義者の陰謀、アカ」だった。

今の資本主義が、かなり社会主義的なのは否定できない。
(それを修正資本主義と呼ぶか、社民主義と呼ぶかはあるが)

9 :とぼけた奴 ◆i3FjaNbBfI :2007/11/10(土) 13:42:24 ID:HpnWV1HV
>>8
その認識は少し古いですよ。
「かなり社会主義的な」資本主義が上手くいかなくなったので、
第三の道が出てきたわけだろ。ブレアもシュレーダーも旧来の
労働者保護路線とは一線を画し、新自由主義的な要素を取り入れている。
それから義務教育も共産主義者の陰謀だったか?
戦前の治安維持法下の日本でも義務教育は廃止されなかったけどね。

10 :阪京 ◆wOujBmICX2 :2007/11/10(土) 15:08:47 ID:xgbHJwZ3
成熟を過ぎて爛熟した現今の日本ではおまいらの幻想など再現しようもないだろ。
ボルシェビキ? 多数派がどうしたって? プロレタリアート独裁とは結局は精神的
物理的にも異端を排除したんだろ? 要するに頭を下げないヤシは冥界に送り込んだ
わけだ。

義務教育をマルクシズム-あるいは社会主義的思想に呪縛しようってのはどうかな?
義務的ではなかったにせよ江戸時代の寺子屋にもその淵源は見られる。それを治安維持法
と結びつけてウェイティング(意味化)しようとすること自体はナンセンスなんじゃないのか。

けろけろけろ。たまには左翼ぶりっこーなーんつーてねーw

11 :らびっと:2007/11/10(土) 17:17:09 ID:s+D52GFH
>>9
認識の差というより、話題の差では?

>>3,5,8は、初期資本主義と、社民主義の比較の話。

>>9 は、高福祉資本主義と新自由主義の比較の話。

なお、新自由主義のフリードマンも著作「選択の自由」で、
義務教育や公害対策(への税金投入)に反対している。

あと、戦前の日本でも、昭和の治安維持法移行は、
逆に社会主義(昭和維新という名の国家総動員体制)でしょう。

12 :とぼけた奴 ◆i3FjaNbBfI :2007/11/10(土) 22:47:44 ID:HpnWV1HV
>>11
俺が言いたいのは、旧態依然とした社民主義が欧州でも見られなく
なっているということ。特に政権党ではそうだ。フランス社会党は
未だに旧体質を残しているが、それゆえ政権を取れない部分もあるよ。
戦前の例を出したのは、治安維持法体制下では左翼運動を徹底的に
取り締まったから、義務教育をアカ呼ばわりするなら、なんで戦前に
義務教育は廃止されなかったのか?ってことだよ。
戦前の統制経済もある種の社会主義といえばいえなくはないけど、イデオロギー
としての反共性はきわめて強かっただろ。

13 :とぼけた奴 ◆i3FjaNbBfI :2007/11/10(土) 23:05:53 ID:HpnWV1HV
あと、俺は不勉強なんでハイエクもフリードマンも読んでねえ。
(原書はもちろん翻訳本も。ギデンズもめんどくさくて放置)
間違いがあったらご指導よろしゅう。

14 :らびっと:2007/11/11(日) 00:12:30 ID:zCKKmutH
>>12,13
レスありがと。いや、 >>9 の新自由主義の話もわかるんだよ。

イギリスも「ゆりかごから墓場まで」からサッチャー主義に転換した。
ブレア労働党も「第三の道」として半分はそれを踏襲してる。

ただ、一般に北欧とヨーロッパ大陸(仏独など)はまだまだ、
「共同体」的な社民主義は強く、労使協調や地域社会も強い。

新自由主義が強いのは、アングロサクソンと旧東欧かと。
(フランスはサルコジが登場したが、抵抗を受けている)

なお、私は個人的には新自由主義です。

15 :らびっと:2007/11/11(日) 00:20:26 ID:zCKKmutH
>>12
義務教育の話。

まず、純粋な「自由主義」はアメリカなどで強く、
義務教育は最低限または廃止すべきとされている。
学校も鉄道も消防署も警察も、大半は民営化すべきとの立場。
(アメリカの映画で、警察を企業がやってるの多いでしょ?)

これに対して日本は、元々寺小屋などの伝統もあり、
また明治政府は中央集権的近代国家のため義務教育を進め、
昭和の軍部も(皇道派も統制派も)反自由主義だったので、
義務教育が疑問視された事はなかった。

今の自民党でも、本当の自由主義者は少なく、保守が多い。

16 :右や左の名無し様:2007/11/14(水) 02:17:55 ID:l5y2jyjw
【社会】在日韓国・朝鮮人対象の住民税減額措置を悪用 “忍者姿で議会出席”の前総務部長が1800万円着服か…三重県伊賀市★10
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1194951694/80
74 名前: 名無しさん@八周年 投稿日: 2007/11/13(火) 23:26:00 ID:HcYZqjGg0
 >>66
 ここも適度にageつつ他も巡回。
 電凸のまとめページとかほしいね。
75 名前: 名無しさん@八周年 投稿日: 2007/11/13(火) 23:33:44 ID:TI14LMHO0
 ( ・ω・)つ【 国民が知らない反日の実態 http://www35.atwiki.jp/kolia/
80 名前: 名無しさん@八周年 投稿日: 2007/11/13(火) 23:40:21 ID:HcYZqjGg0
 エンコリに参考になりそうなのがあった。
 ttp://www.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=1569979
 凸電2
 555 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[sage] 投稿日:2007/11/13(火) 13:38:20 ID:DxXabLUa
 >>477
 >>483
 電凸した。@埼玉、某市
 内は去年まで固定資産税の減免があったらしい。
 来年度からは通常課税。住民税は減免措置なし。
 安倍政権時の総務省通達で是正したらしい。

 テンプレは必要無いと思うが。
 ・市民であること。
 ・朝日のweb版で在日減免のニュースを知った事。
 ・当市でも同様の事例がないか確認したい事。
 ※住民税課と資産税課に回されるかも。
 ※相手を非難する口調ではなく、あくまで丁寧に。

17 :右や左の名無し様:2007/11/14(水) 23:20:02 ID:???
どういう訳か「政治家」と言って思い浮かぶ顔は、サヨクに有りがちな顔付きではないんだよ。
政治というものをイメージすると、良くも悪くも決して綺麗なものとは思わない。


18 :右や左の名無し様:2007/11/14(水) 23:45:16 ID:???
子供達を優しく物のように管理するだけの教育が行われるならば、自宅にいてPCを使った学習と余り変わらないはず。
良い教育というのは、何十年経っても価値が廃らない深いものであるらしい。
私見だが、今のジェンダーフリー等の教育は著しくバランスを欠いていると言うしかないだろう。

19 :右や左の名無し様:2007/11/17(土) 15:23:39 ID:???
>>9
しかし今はその「第三の道(欧州版新自由主義?)」への反発の声も高まりつつあるけどな。
南米諸国はワシントンコンセンサスにならった新自由主義政策のおかげで先進国になれずに
経済的に失敗したと、ステグリッツあたりもそう評価していたはずだ。
南米での義務教育の新自由主義化政策への反省もなされている。

20 :右や左の名無し様:2007/11/18(日) 12:35:12 ID:c8LtqAWV
「DAWN(ドーン)―陽はまた昇る―」
 (倉科遼・ナカタニD./小学館BIG COMICS/2004年12月1日初版第1刷発行)
―――――――――――――――――――――――――――――
●第2話●預言 p.72
〜全てはアメリカの陰謀じゃないかっ!! そうさ!
"ウォール街・財務省複合体"―――!! これこそが
かつての"軍・産複合体"に取って代わって、冷戦後アメリカが、
世界を1国支配する為の牽引車となったんだろうが・・・・・・っ!!
用意周到に描いたシナリオで、21世紀は"アジアの時代"だと吹きまくり、
日本とアジア諸国にバブルを起こさせ、世界中の金をアジアに集中させた!
片方で"国際化(グローバリズム)"を提唱し、
途上国であろうと、後進国であろうと、
アメリカと同じ土俵に上げ・・・・・・
貿易・金融の自由化を押し付けた!!

そして金融工学を駆使し、アメリカに都合のいい金融システム・商品を開発
して・・・・・・その分野では後進で無知の日本やアジア諸国をいい様に叩き潰し、
食い漁った!! その結果が現在(いま)の苦境に喘ぐ日本の金融界・・・・・・
銀行だっ! 全てアメリカが計算でやった事だろうが!
お前のいたアメリカ金融界が―――っ

※参考(FRB(連邦準備制度)と国際金融資本家達との関係について)
『Monopoly Men』〜Federal Reserve Fraud〜日本語字幕版
ttp://video.google.com/videoplay?docid=-845461387975920288&hl=en
※[経済板] 2010年までに資本主義は崩壊する
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1190780105/329-332

21 :右や左の名無し様:2007/11/23(金) 16:07:31 ID:a+Z++Egm
皆様、食糧危機に備えて今すぐにでも田舎へ疎開すべきです!

搾取的資本主義体制は花火のように爆発して崩壊する!

アメリカの経済学者 ラビ・バトラ氏

「どんなに遅くとも2000年までに共産主義は断末魔の苦しい革命を経て
崩壊し、2010年までに資本主義は崩壊する。」

「資本主義の崩壊(世界同時大恐慌)は住宅バブル・原油バブルの2つのバブルの崩壊に
端を発するNY株式市場の大暴落から始まるだろう。資本主義は花火のように爆発する。」

「世界同時大恐慌の入り口は2005年。そして2010年までに
『搾取的資本主義』は崩壊するだろう。」

(大恐慌・資本主義の崩壊によって)
「日本と世界は同時に崩壊する。」

ラビ・バトラ氏の恩師、サーカー師

「共産主義は早死にするだろう。資本主義は爆竹のように弾けて終焉するだろう。」

経済アナリスト 藤原直哉氏

「世界同時バブル崩壊によって世界金融システムは麻痺し、日本は飢餓に陥るだろう。」

22 ::2007/11/23(金) 17:40:28 ID:W13irKdK
>>12
革新官僚岸信介が、君の言う代表的人物だろ?

23 :右や左の名無し様:2007/11/23(金) 18:44:34 ID:VBehLZ0f
-----------------------------------------------------------------
1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中
1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺開始
1950年 朝鮮戦争参戦
1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
1989年 天安門事件
1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
2003年 スーダンのダルフール大虐殺を強力支援
2005年 日本EEZ内のガス資源を盗掘
-----------------------------------------------------------------

2007年現在でも、非漢族に対する大虐殺、婦女子を強制連行・中絶・不妊手術、
まさしく民族浄化を継続中である。

記録に残ってるだけでもこれだけあるのに、
「中国は歴史上、他国を侵略したり、他国の領土で殺人・放火をしたことはない」
が政府の声明。

侵略と虐殺の限りを尽くすナチより凶悪・残虐な中国共産党。
そんな奴らにシンパシーを感じる馬鹿サヨ連中はキチガイとしか言いようがない。

24 :右や左の名無し様:2007/12/01(土) 05:28:28 ID:5HAMVXxp ?2BP(0)
共産でも資本主義でも無い新しい主義の先鞭をつけるのは日本です(・ω・)/

「世の中、大激変 いま一番知ってほしい大切なこと」
 (船井幸雄/徳間書店/2005年4月26日)
―――――――――――――――――――――――――――――
第3章◆明るい未来の予兆が見えてきた
p.95 ◆すべては生成発展の方向へ向かって動いている
〜これまでの人間社会の歴史を振り返ってみると、この様に2極化した世界が
地球上に並存する事はまずあり得ないと思います。〜これは2020年には、
地球上では平和で穏やかで皆が楽しく暮らせる様になっているか、人々が
争いと制約で今よりもがんじがらめになっているかのどちらかの可能性が
あるという事だと思います。〜この何百年か人間社会を支配して来た資本
主義経済システムも機能しなくなりつつあります。〜資本主義の崩壊は、
地球や人類が次の段階へと進化する為の、いわば生みの苦しみである
ともいえそうです。
変化の兆候は、共産主義が崩壊し始めた1980年代から始まっていましたが、
〜資本主義と対立する共産主義が崩壊したのですから、資本主義はこれから
益々反映すると考えた人も多かったのです。ここで知って欲しいのは、資本
主義と共産主義は一見正反対の様ですが、共にエゴを中心として発展して来
た近代思想の両輪だという事なのです。何故なら、資本主義も共産主義も、
その考え方の大前提はエゴと物質主義です。〜

p.98 資本主義の世界で自由にエゴを追及すると、人々は金銭欲や物欲や
所有欲のみに走る事になります。それは、欲でがんじがらめの物質主義と
もいえます。共産主義の生みの親、カール・マルクスは、歴史的発展の
原動力は、全て物質的・経済的なものだとする唯物史観を唱え、多くの人の
共感を得ました。只平等に物質主義を追求しようとしただけなのです。
つまり、共産主義と資本主義は根本的に同じ性質だが、
異なるシステムとして世に出て来たものなのです。〜

25 :右や左の名無し様:2007/12/03(月) 11:33:21 ID:OtVnWhN2



いやなら日本から出てけ

26 :右や左の名無し様:2007/12/03(月) 22:34:28 ID:???
>>25
ガナ〜。

27 :右や左の名無し様:2007/12/06(木) 16:18:55 ID:+WrFjAgv
新自由主義論者は義務教育撤廃しろってことなんですか?
私塾に通わせろと?
では貧しい人はどうすれば良いのか教えてください。

28 :27:2007/12/06(木) 16:26:34 ID:+WrFjAgv
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E7%90%86%E8%AB%96


29 :27:2007/12/06(木) 16:27:50 ID:+WrFjAgv
トリクルダウン理論というのがあるみたいですが、
裕福な者が貧しい者に無料で私塾に通わせるのでしょうか?
実現されるのですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E7%90%86%E8%AB%96


30 :右や左の名無し様:2007/12/06(木) 19:16:20 ID:???
>>27
肉体労働

31 :27:2007/12/06(木) 20:37:03 ID:+WrFjAgv
>>30
スタート地点で格差がつくことに問題を感じませんか?

32 :右や左の名無し様:2007/12/09(日) 03:29:14 ID:NEZRGAIq
>>31
よく考えてみなよ。殆どの格差なんて、スタート地点で既に決まっているんだよ。
その「トリクルダウン理論」にしても、富裕層で廻っている経済は、その殆どを富裕層自体が吸収しており、後々貧困層に浸透するのはほんの一部に過ぎない。

文明が充実するにつれ、>>30 が言う「肉体労働」さえもたいして必要とされなくなった後には何が起きるのか。
貴方は、彼らの「真意」を甘く考えすぎているよ。


33 :27:2007/12/10(月) 00:30:59 ID:OSYslIZ7
>>32
必要とされない貧困層には「死」を。

という事ですか?

>>殆どの格差なんて、スタート地点で既に決まっているんだよ。
それは理解できますが富の再分配を行う事により、
格差は是正されるべきかと思うのですが。

メキシコではサパティスタが決起していますが、
我が日本でもそれに習って革命を起すべきでは?

34 :カラス ◆z5NNyuvtc6 :2007/12/10(月) 09:10:22 ID:OQ7YsGY9
いつの時代にも格差はあるわけで、この世界に生まれてきた瞬間にそこはすべてが弱肉強食なんだよ
動物の世界では弱者は食われるだけ
人間の世界だけだろう
弱者がのうのうと暮らしてる軟弱な世界
弱者は生きる価値を強者に食われることで見いだせばいいんだ

35 :右や左の名無し様:2007/12/10(月) 10:09:02 ID:LRSycaiJ
>>34
お前がカラスなのはハンネだけじゃないだろ?>>32>>33の言ってること理解できてますか?

36 :右や左の名無し様:2007/12/10(月) 11:27:00 ID:???
みんなが核兵器をもてば権力は平等になります。
人類最後の日をたのしみませう

37 :27:2007/12/10(月) 23:21:42 ID:OSYslIZ7
人間は動物じゃねーし。
いや、動物だけど考える動物じゃないですか。

38 :32:2007/12/11(火) 00:49:24 ID:TSju2n8v
>>33
>必要とされない貧困層には「死」を。
>という事ですか?

>>34 を読んでどう思う?
このような思想は、決してごく一部のキチガイによるものなぞではなく、政界・財界等の中にも多くいて、それらが国政に強い影響を及ぼしている。
同様に、世界には、全人口を 1/3 〜 1/4 まで強制的に削減し、さらなる富 (地球資源) を独占しようと画策している者達もいる。
もしその際には、いったい日本人の何パーセントが残れるのかは、かなり悲観的だと言わざるを得ない (無論、1/3 〜 1/4 等という大きな数字になるはずもない) 。

>我が日本でもそれに習って革命を起すべきでは?
欧米や大陸など、他民族間・多種多様な価値観の闘争と交流・共生を繰り返してきた人々では、そういったことは当然のように起きる。
しかし、単一民族で島国に暮らし、未だ他国語教育に否定的な政策の基に育てられた日本人は、革命や暴動などを起こすことが困難に仕立てられている。

>>34
「弱肉強食」は確かに真実だ。
しかし、おまいはその意味を真に理解していない。

おまいは「素数蝉」を知っているか? 彼らは特別に身体能力が高いわけでもないが、たまたまの運命で勝ち残ってきたのだ。その様な運命をも含めて「強者」なのだ。
また、個としての強者は、その強さ故に他者と協調することをなるべく嫌う。
しかし、個としての弱者は、その弱さ故に他者との協調を積極的に好む。そうやって社会を構成し、やがては個としての強者から身を守り、それらを駆逐してきた。その結果、現在地球に君臨しているのが人類という「強者」だ。

つまり、個としての弱者は、個としての強者を充分上回る「強者」に成り得るということだ。
おまいは、その軟弱で平和ボケした思考回路を早く修理した方がいい。


39 :右や左の名無し様:2007/12/11(火) 20:59:33 ID:G3Bg3NBo
サイレントテロ(自殺)というレッテルで革命は既に起きている。
しかし日本人の習性、悲しいかなマイナスの方向へ向かっている。
プラスの方向へ向かわせるにはヒトラーのような者が現れないと不可能なのか・・・。


40 :右や左の名無し様:2007/12/11(火) 22:02:38 ID:???
>>27
古典的な自由主義は、「誰でもある程度までの教育を受けられる権利」のようなものは認めませんので、
貧しい人が教育を受けたければ、自分でお金を貯めるか、誰かに援助してもらうか借金するかして頑張ってくださいということになると思います。

>>32
>文明が充実するにつれ、>>30 が言う「肉体労働」さえもたいして必要とされなくなった後には何が起きるのか。
>貴方は、彼らの「真意」を甘く考えすぎているよ。

いや、多くのサービス業は人間の労働を必要とし続けるでしょう。
ファミレスの接客や老人介護を全部ロボットがやるようになるなんて遠い遠い未来の話だと思いますよ。

41 :右や左の名無し様:2007/12/12(水) 01:52:42 ID:???
>>39
>サイレントテロ(自殺)というレッテルで革命は既に起きている。
日本では、このところずっと年間3万人以上が自殺しており、これは年間死亡者の約 2.5% に値するだろう。言ってみれば、子供のクラスメートのうち、平均して誰か一人は必ず自殺する計算だ。
しかし、10 〜 20% に達するのであればともかく、社会はそんなことに、本気で構っちゃいない。
そんなことで革命にはならないよ。

>>40
>ファミレスの接客や老人介護を全部ロボットがやるようになるなんて遠い遠い未来の話だと思いますよ。
だから、「文明が充実するにつれ、〜たいして〜」って書いてあるけれど?
まぁ、一部は奴隷として生き残るだろう事に異論はない。


42 :右や左の名無し様:2007/12/12(水) 13:27:17 ID:???
肉体労働が無くなる=自動化=低コストで生産性アップ=デフレ=ソーシャリズム

デフレスパイラルが議論から抜け落ちている。
この理論抜きで話をしても無意味。

43 :今更だが:2007/12/14(金) 22:03:40 ID:hDRl41fi
金融の本質はマッチポンプなんだな

1/2 「ロスチャイルドさえも、今、日本の覚醒を待望している!」
http://www34.atwiki.jp/madmax_2007/pages/439.html
16、(33:54-) 〜で、私最初調べたのは、やっぱり、ロスチャイルドと
いう銀行の家族(ロスチャイルド家) ロスチャイルドっていうのは、
大体ナポレオン時代の一寸前から、お父さん(マイアー・アムシェル・
ロートシルト(1744-1812年))1人いまして、5人息子がいたんです

〜情報網使って、他より情報(を得るのが)早かったんですよ で、
戦争ある度に両側にお金貸す それでどっち転がっても儲かる、という
仕組みで、あの、イギリス人はアングロサクソンが、敗北かどうか判ら
ないですけど、「ウォータールー」(ワーテルローの戦い)・・・って或る
意味アングロサクソンの敗北だったんですよ どういう事かといいますと、
あの、イギリスの取引企業、非常にナーバスだった  「若しイギリスが負
けたらもう、全部パー、チャラになるんじゃ無いか?」 と 〜「あいつら
情報早いから、どう見ていいのか?」 と皆見ていたら、いきなりロス
チャイルド(ネイサン・メイアー・ロスチャイルド(1777-1836年))が、
部下に 「全部何もかも売れ」 →そしたら100だったものが5まで下がる
皆もう〜パニクって、でもパニクり終った時に、部下に 「全部買え」
→そしたら 「実は(イギリスが)勝ったんだ」 という情報が入りまして、
100だったものが200近くに跳ね上がったんですよ(「ネイサンの逆売り」)

→で、勿論ロスチャイルドは、王室とグルになってやってたんですよ
―――――――――――――――――――――――――――――
※動画 http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=611062


44 :右や左の名無し様:2007/12/15(土) 15:13:35 ID:SOXVN210
最後には資本主義じゃなく、共産主義、社会主義が勝つ。

45 :サブプライムローン問題はアメリカが仕掛けた経済テロルだ。 :2007/12/15(土) 15:21:21 ID:3rbxu1as
!!!

46 :イリイチ:2007/12/15(土) 18:32:47 ID:SOXVN210
社会主義共産主義をとったとしても決して戦争は行わない国にする!

47 :右や左の名無し様:2007/12/15(土) 23:16:52 ID:Da7V4viX
>>44
同意。

48 :右や左の名無し様:2007/12/20(木) 23:56:50 ID:IQLCvrrl
資本主義とは、中央銀行を唯一神にして、一般大衆を奴隷化するねずみ講だ。まず、政府も銀行も、
中央銀行が刷った金を借りている。それを一般大衆や民間企業に貸し付けているわけだ。実は、
中央銀行の貸し付け残高の膨張が、「信用創造」と「経済成長」の正体なんだ。この中央銀行を支配
する金融資本は、実質的には神同然の存在だ。しかも、資本主義は個人間の競争を奨励するから、
人間関係が破壊されて、社会が解体していくんだ。ゲゼルシャフト?個人主義?近代社会?そんなのは
ただの欺瞞だ。実は資本主義とはカルトの構造そのものなんだよ。加えて、ねずみ講に参加している人間
はみんな現世利益を求めるから、世代交替の度に社会がどんどん行き詰るようになる。また、資本主義は
あくまでねずみ講だから、母集団の膨張を前提として設計されたシステムなんだ。しかし、経済成長が
終焉した瞬間にシステム自体が原理的に破綻する。また、資本主義の親玉であるアメリカは、ドルを刷る事で、
貿易を通じて世界から物を買い、金融を通じて世界中の企業を買収しまくって来た。それで多国籍企業と
米国系金融機関を稼がせてきたんだ。それが出来たのは、中東での石油取引をドル建てにさせる事で、
ドルの需要を創出して来たからだ。しかし、現在では中東の産油国がドル離れを本格化させたから、ドルの
信用崩壊によるアメリカ経済は崩壊はほぼ確定した。もはや資本主義というカルト宗教、ねずみ講は終わりだ。



49 :右や左の名無し様:2007/12/21(金) 00:01:03 ID:B+IPQrWm
>>48
んなこたわかってるっての。

50 :右や左の名無し様:2007/12/21(金) 03:02:46 ID:0B3egFTV
うそこけ。

51 :右や左の名無し様:2007/12/21(金) 23:07:34 ID:???
私が懸念しているのだが、富の増加している所では、それに比例して宗教の実質が減少してくるようだ。
それゆえ、どうすればまことの信仰復興を、事前の本性に従って、永続させる事が出来るか、
それが私には分からないのだ。なぜかといえば、宗教はどうしても勤労と節約を生み出すことんあるし
また、この二つは富をもたらすほか無い。
しかし、富が増すと共に、高ぶりや怒り、また、あらゆる形で現世への愛着も増してくる。
だとすれば、心の宗教であるメソジストの信仰は、いまは青々とした樹のように栄えているが
どうしたらこの状態を久しく持ち続けることができるだろうか。どこででも、メソジスト派の
信徒は勤勉になり、質素になる。そのため彼らの財産は増加する。すると、それに応じて
彼らの高ぶりや怒り、また肉につける現世の欲望や生活の見栄も増加する。
こうして宗教の形は残るけれども、精神は消えていく。純粋な宗教のこうした絶え間ない
腐敗を防ぐ途はないのだろうか?

52 :右や左の名無し様:2007/12/25(火) 05:28:09 ID:???
最後には共産主義が勝つって巨視的で面白いね
その場その場で富を得ていかなければまず安全保障がままならないから、現状資本主義は仕方ない


53 :右や左の名無し様:2007/12/25(火) 19:14:10 ID:???
マルクスはたしか、共産党宣言だったかドイツイデオロギーだったかのなかで、
共産主義というのは現状を現実的に変革していこうとする具体的実践のことだと
いうふうなことを書いていたんじゃなかったかな?
そういう認識に立てば、資本主義の欠点を具体的に補いかつ柔軟に修正しながら、
その富の蓄積力を上げていき、それによって徐々に理想の社会状態へと近付けていく、
それが共産主義だということになる。

54 :右や左の名無し様:2007/12/26(水) 13:08:24 ID:???
資本主義が飽和状態となった結果革命が起きて社会主義になる
というのがマルクスの理論であって資本主義の欠点がどうこうというものではない。
むしろ資本主義の徹底が必要となる。

55 :右や左の名無し様:2007/12/27(木) 15:15:21 ID:???
唯物史観では、封建的 -> 資本家的=ブルジョア的(->プチブル的?)
もしくはプチ共産的過渡期 -> 共産的というふうに順番に段階をふむことで
その先行史を土台に移行していくはずので、共産社会の実現にはブルジョア
的産業革命による資本家的生産様式の支配的な社会段階を通過する必要がある。

なぜブルジョア的産業革命による資本家的生産様式の支配的段階が歴史の前提
として必要になるかというと、一つは大衆的な規模でのプロレタリア階級という
社会的多数派が生まれる必要があること、もう一つは生産手段の産業的開発に
よる高度に進歩した資本の蓄積様式が共産社会(協産社会)を可能にする物質的
土台(下部構造)となる、という唯物論的考えがマルクスにはあったから。

マルクスの死後に興ったいわゆる「共産主義革命」と一般に布教され(右も左も)
信じてきた出来事というのは、上記の考え方からすると「偽共産主義革命」であって、
唯物史観からみれば社会主義革命の段階にまだまだ達していない、それ以前の段階に
ある革命であったことになる。つまりロシア革命などの出来事は、封建的段階にあった
農業国がその旧い権威を打倒して近代国民国家を形成する民族国家化の段階に移行する
過渡期に相当するものだったと見たほうがいいことになる。

事実、レーニン自身も、彼の考えでいうところの共産社会の前の段階に相当する社会
主義の段階にソ連が達するのはまだまだ何十年も先の話になるだろうと演説していた。

56 :右や左の名無し様:2007/12/27(木) 15:24:49 ID:???
プロレタリア階級というは、みずからの生産基盤をほどんど持たずに、
大資本(家)に雇われて働くことをもっぱらその生活基盤にして生存し、
自分達の家系を再生産していくようになった人たち、要するにサラリーマン
家庭のこと。
産業社会学でいうところの、第二次産業以降の産業に従事するように
なった工場被用労働者ないしサービス被用労働者を指している。

57 :右や左の名無し様:2007/12/28(金) 21:06:44 ID:LcjkHUP4
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1156227329/532
名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/12/28(金) 18:03:39
このスレワロタ
自分の嫉妬深さを指摘されて逆切れか。
大きな政府を唱えるやつは、本当は自分が豊かな人を妬んだり僻んだりしているだけなのに
それを指摘されると弱者を弾除けに使うからな。
批判されているのは弱者ではなく自分だってことに気がつかないんだね。
うまく弱者を利用して切り抜けたつもりか知れないけど、努力しないで文句ばかり言ってる
連中は嫌われているよ。病気でもない障害者でもないのに勝手に自分は弱者だと言ってみても誰も相手にしない。
そういうやつは醜いから。

58 :右や左の名無し様:2007/12/29(土) 17:23:21 ID:???
自殺志願者への安楽死を合法化しないか?
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1196855744/362
名前:名無しさん@3周年:2007/12/27(木) 15:58:31 ID:WkCE6dPd
>>329
> 新自由主義は派遣労働者という名の労働奴隷化だけでは事足りず
> 負け組の自殺支援までも商売にして銭儲けしようとするわけか。

なるほど、それが社会ダーウィニストである新自由主義者流の
ホロコーストのやり方なんだな。

59 :右や左の名無し様:2007/12/31(月) 10:07:58 ID:l6GfwN+b
命の本質が遺伝子を介して伝播する情報だとするなら社会や文化も
膨大な記憶システムに他ならない。
蜂の巣や珊瑚虫の珊瑚礁とおなじく社会はDNAにしたがって 作られた
巨大な外部記憶装置であり私達の生産消費運動も遺伝子の表現型である。
全てが記憶システムに組み込まれ、遺伝子の様に情報を伝播し
記憶システムと外部記憶装置を形成していく。
会社と自宅を往復するだけの平坦で退屈な日常・・・
自分が簡単な仕掛けと物質に還元されてしまうのでは無いかと言う恐怖。
個体が造りあげたものもまた、その個体同様に遺伝子の表現型である様に
人間も只の部品として存在するのでは無いかと言う恐怖。
私という個性は存在するのだろうか?
世界は相も変わらず平和で満たされており、劇的なドラマもあろう筈もなく、
台所の隅に山積みにされた日常。退屈な日々の象徴。
私は、古新聞の数だけ退屈を背負い年老いてゆく。
そして私はある日、突然気付くのだ。
振り返れば自宅でテレビを見てマスコミとかがもてはやす話題を
学校で喋ってさえいれば良かった並列化された子供時代。
そもそも始めから私と言う物は存在しなかったのでは無いのだろうか?と。

60 :右や左の名無し様:2008/01/02(水) 20:57:52 ID:???
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1109929049/416-419
416 名前:_:2007/12/28(金) 22:58:34
「これではまるで奴隷」とか抜かす労働者は思い上がりも甚だしいよな。
しかし同じ金喰い虫でもなるべく固定費にはしたくないよな。
やはり派遣というのは最も優れた制度なのだよ。
竹中さんらが賞賛してたのも頷ける。

418 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/12/29(土) 07:17:41
>416
中国で文化大革命が起きた時、お前のような奴らが民衆にリンチされたんだって♪
日本人がそれをするかは疑わしいが、オレはよう止めれませんよ
('-^*)/

419 名前:_:2007/12/29(土) 07:39:50
文革w

間抜けな夢見てるブサヨには悪いが、
逆に努力不足の派遣を全力で叩くのが
健全な日本人ですからw

嫌ならさっさとシナに行けばぁ?

61 :右や左の名無し様:2008/01/03(木) 19:38:35 ID:???
累進課税を強化するべきだ!!

実際には、世の中には、たとえいつの時代であろうとも、
闇金融のようなものによって借金奴隷状態の生活となっている人は実に多い。
金融資本家は、直接的に、あるいは間接的に、この闇金融のようなものを
その手先として使うこととなる。
金融資本家の直接・間接の所有物である借金奴隷の労働がさらに
金融資本家を太らせていく。
拡大再生産された借金奴隷がまた
金融資本家を太らせていく。
こうやって、拡大再生産されていく借金奴隷が
金融資本家をどんどん太らせていく。
この悪循環によって、金融資本家が莫大な富を容易に得られる。
この悪循環は、さらに拡大再生産されていく。
累進課税を強化することが正しい。

34 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)