2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ペットは人間の友だち、家族 

1 :.:2008/04/30(水) 02:00:53 ID:kVMVP/2K0
ペットの犬や猫には、人間と共に助け合いながら生きてきた歴史がある。
例え個人としては嫌いであっても、その現実は無視できない。
ペットは人間という種族の仲間、家族。

2 :黒ムツさん:2008/04/30(水) 02:24:20 ID:MnX4L4va0
クマネズミ怖い。(⊃дT)
そこらじゅうかじって、手の甲まで噛まれてしまった。
野良がたまに自分と同じ位の大きさのネズミを追いかけている。
やはり猫が居ると心強い。


3 :黒ムツさん:2008/04/30(水) 03:43:33 ID:i8rkqUVM0
仕事場の付近にいるのら猫四匹にかこまれた事がある。
膝の上にのってきたりして、とても友好的だった。


4 :.:2008/05/01(木) 03:21:25 ID:OZpgkFg10
昔、雑種の犬を飼っていた。
父の知り合いから譲ってもらったのだけど
当時まだ生まれて1ヶ月くらいの子犬で、真っ白で毛並みもふさふさ。
遠くで「おいで」と呼ぶと、まるで白い毛玉がコロコロ転がるように
走ってくるので「コロ」という名前をつけた。
自分を5番目の家族と固く信じていたようで、家族全員で外出して夜遅くに
帰ろうものなら怒る怒る。それでもって嬉しくってたまらないものだから
その自分の感情をどう表現してよいのか分からず玄関のドアに体当たりを
繰り返す姿がなんともおかしくって可愛かった。


5 :.:2008/05/01(木) 03:22:07 ID:OZpgkFg10
それから12年、すっかり年老いて一日中寝てばかりになってしまったコロ。

ある日、私が学校から帰って部屋でテレビを見ているときに、外で犬の吠える声が
1回だけ聞こえた。すごく元気なはっきりした声だった。
コロはすっかり弱っていてもう吠えることができないし、他に近所で犬を飼っている
ところはない。散歩中の犬が通りがかりにコロに吠えたのかな?
なんとなく気になったので窓から外を見たけど、コロはぐったりとして寝てて
周りに犬の姿はなかった。


6 :.:2008/05/01(木) 03:22:49 ID:OZpgkFg10
しばらくして母が買い物から帰ってきてコロの頭を撫でようと覗き込んだら
コロは目を開けたまま死んでいた。まだ温かかった。
私が聞いた吠え声は、コロがふりしぼって出した生涯最後の声だったのだろう。
甘えんぼの子犬だったコロも、最後は私たち家族を守る番犬として
目を開けて、しっかりと周りを見据えながら逝ったのだろう。

今まで家族を、我が家を守ってくれてありがとう、コロ。
あなたは今でも変わらず私達の5番目の家族だよ。


7 :黒ムツさん:2008/05/01(木) 04:08:12 ID:MWQIYORB0
新宿のゴールデン街辺りでは、野良猫を捕まえて去勢、避妊手術してから
街に放すボランティア団体があるんだよな。
放した猫は、賛同するお店の人たちが街ぐるみで飼ってたはず。
あちこちの飲み屋の隅で猫が飯食ってたし。
お金が掛かるんで資金不足に困ってる、ってずいぶん前にテレビで言ってた。
あの団体、まだ活動してるんだろうか?

当時、俺は猫飼ったことなかったから、ただ「ふ〜ん」って見てたけど、
今なら寄付するよ〜。


8 :黒ムツさん:2008/05/01(木) 05:52:08 ID:ktm0F4a80
私は既婚、彼は独身。
逢うときはいつも彼の部屋です。
先日、彼は私を裸にした後、私に目隠しをし、手枷をしました。
抵抗しようとする私に、「いつもと違う快感をあげるから」といい、ゆっくりと丁寧にキスをしました。
そして耳栓をねじ込まれました。視覚、聴覚をさえぎられ手も縛られたまま乳首を舐めまわされ、指はクリトリスをいじられ・・・・・。
それだけでも気がおかしくなりそうなのに、想定しないことがおこりました。この部屋にいるのは私と彼だけではなく、沢山の男がいる!激しいディープキス。
同時に弄ばれる両方の乳首。クリトリスを吸われ、バイブをあそこに突っ込まれ、太股をまさぐられ、足の指を舐められ・・・・・。

9 :黒ムツさん:2008/05/01(木) 18:13:03 ID:Sl1jXnM90
まーた愛誤のオナニー自演捏造スレか

10 :黒ムツさん:2008/05/01(木) 20:23:49 ID:U9E9Wz7N0
なつかしい日本への郷愁そのものとなった童謡には、動物たちへの温かい眼差しが
こめられている。「カナリヤ」「七つの子」「お馬の親子」「べこの子」「めだかの学校」
「ぞうさん」「小鹿のバンビ」などなど。
私たちは、花咲かじいさん、浦島太郎、舌切り雀のおじいさん、月夜の晩狸たちと楽しく
踊った和尚さんたちの子孫だ。アオやアカとの別れに泣いた人達の子孫だ。
この人達は、相手をペットだなんて思ってはいなかったろう。ことさら愛護なんて構えては
いなかったろう。
仲間として自然に生きていたんだ。


11 :黒ムツさん:2008/05/01(木) 20:37:21 ID:Sl1jXnM90
うんうん、犬猫が大量に虐殺されていた時代の童謡だねw

12 :黒ムツさん:2008/05/01(木) 22:40:25 ID:vgwgD2drO
玩具としての歴史でもあるよね

13 :.:2008/05/02(金) 01:00:03 ID:lreXdJ3i0
人工物は脆い。少しの揺れで傾き崩れる。建物も、住む人も。そんな不確かなものを頼みに
生きるペット達は、飼い主の帰りを信じて待ち、時に命懸けで主人を守り、はかなく死ぬ。
哀しくもか弱い存在だ。そして彼らが戻って行ける野原はもう無い。
だからこそペットにできるだけの世話をする。今まで色々な生物を飼ったが単にペットと
思ったことはない。一番にあう言葉を考えてみたら、「家」だった。
 実家と呼べる所はもう無い。両親は遠い昔に別れて新しい家族と家庭を築いた。
帰って来いとは言われるがもはや他人の家。成人してすぐアパートを借り1匹の地リスを
飼った。「この小さな温もりはもし私が突然消えたらあっけなく死ぬ。
二つの命が共に生きる場所を守るために働こう」と毎朝、つぶらな瞳に向かい「行って来ます」。
「頑張ってね」と心に返ってくるようだった。
守るべき家、帰っていける家、私を待つ家――ペットが私を強くする。
私を受け容れる温かな家そのものだ


14 :.:2008/05/02(金) 01:00:30 ID:lreXdJ3i0
 そんな私だったが昨年一人の青年と家庭を持った。人と人が生活するのは難しく、
ふとした事で家はすぐ音をたてて軋む。
辛くなると、あの汚れない黒い瞳を思い出し、戻りたくさえなるが、今や永遠の野原に
還った可愛いあの子はやっぱり「頑張って」と言ってくれるようだ。
淋しさを強さに変える魔法がペットにはある。
凍える人に無償の居場所と明るい朝を与えてくれる存在である。


15 :黒ムツさん:2008/05/02(金) 02:43:44 ID:OtGDQZtR0
もう、3年前になりますが、
近所にいた黒いネコ。「クロちゃん」
隣、裏、家と3軒の家ともネコ飼っていたので、
どの家の人にも可愛がられていたメスのネコ。
居なくなる日は既に病気で痩せていて歩くのも辛そうで・・。
ちゃんとどの家にも最後、お礼参りに来て、
それ以来、いなくなったのです。
本当に、決して引掻いたりしない、やさしいいいコでした。



16 :黒ムツさん:2008/05/02(金) 02:49:09 ID:vaecZo4X0
http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-942.html
おばあちゃんがかわいそう

17 :黒ムツさん:2008/05/02(金) 03:29:07 ID:vzGRp/MO0
昔付き合ってた彼の猫が死んじゃったのが
私が倒れて救急車で運ばれたとき(時間もほぼ一緒)
だったらしいのね。

身代わりになってくれたんだよといわれたんだけど
もう10年も前のことでその彼とも別れてるんだけど
すごく気になって・・・。
生まれ変わって幸せになってたらいいな。


18 :黒ムツさん:2008/05/02(金) 06:34:23 ID:q52FUZpJ0
人間以外の動物は人間の真の友にはなり得ません。
ましてや家族と呼ぶなんてお笑い草もいいところです。

ペットは所詮 畜 生 です。
法律上でも 器 物 に過ぎないのです。
可愛がることを否定はしませんが、それを忘れないでください。

19 :黒ムツさん:2008/05/02(金) 07:14:39 ID:Wahw47ty0
>>17
毎年その日に、倒れた猫ちゃんの写ってる写真にお水とお線香をあげると
あなたの気持ちが伝わるよ。


20 :1です:2008/05/02(金) 09:10:40 ID:Sfq7ZGof0
ペットはニートのお友達、訂正

21 :黒ムツさん:2008/05/02(金) 12:01:48 ID:ZdGrvNrK0
>>17
不思議な話だ。


寒い日は夜、寝てると布団の上にのっかてくる。
重たい・・・・



22 :黒ムツさん:2008/05/03(土) 04:18:15 ID:Itz23Ve+0
>>19
ありがと。一応仏様に手を合わせるときは一緒に祈ってるんだけど
彼の猫だし写真はないんだ。

>>21
そのときに友達に話したら当たり前のように「身代わり」って言われたんで
私はその猫に対してかわいそうという気持ちしか出てこないので
そいういうものなのかな?くらいで不思議とも思わなかったよ。

でも書いたの読み返してみると・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



23 :黒ムツさん:2008/05/04(日) 07:33:59 ID:06mqSEk10
              ナカヨチ♪
     ..,,.,..    ,,.,.,..      ,,..,     .,.;.,
      Zzz・・   ∧∧  ∧∧ゴロン♪
           (,,-д) (ー゚*)   :...... ;.;..; .::.::
  ;;; ....  ....   (つ つ ⊂ ⊂) ''  ,,  ...
           〜   ,つ ⊂_  〜
  ,,, '' ' ' ::.,    ∪  .,'  ∪ ,,,.....''  '' ..::...,,,



24 :黒ムツさん:2008/05/04(日) 19:56:04 ID:/Z3KZzoF0
今朝、後ろ右脚が球状になったビッコの猫に会った。
一生懸命逃げてた。ビッコひきながら・・・
飼いたいけど朝礼に遅刻できないし・・・

仕事の帰り、歩道で奇妙な行動をするシマ猫がいた。
二匹・・・
片方は人懐っこい、もう片方は完全に人間を敵視。
オスの人懐っこい方を“チッチ”と口笛で呼ぶ。
よく見ると左目が真っ白で潰れていた。
メゲずにひとさし指を差し出すと鼻を付けてくる。
耳の裏とかを掻いてやと喜んでいたが急にどこかに行っちゃった。

なにしてやればいいんだか、やつらに・・・結構ツラかった。

25 :Mrs.チンされた3:2008/05/04(日) 20:06:30 ID:WWgGYVgXO
嫌い板に 何でこんな板が… 私がボケたのでしょうか?


26 :黒ムツさん:2008/05/04(日) 23:02:14 ID:5POFon4zO
幼心がついたころから結婚して家を出るまで28年!
犬が居なかったことがない位、犬4代、猫1代!
猫はまだよかったが犬は散歩が毎日の日課で大変だったよ。亡くなるとまた新しい犬が来るって感じで途切れることなく4代も続いたから結婚したらペットは飼わないと決めてる。

27 :黒ムツさん:2008/05/05(月) 05:39:33 ID:YFqtZQoO0
何度もインコを飼ったが、インコは思いのほか芸を覚える。
一番印象に残っているのは口ジャンケン(「ジャンケン、グー!」
とか言わせる)を覚えたインコ。
あと、「お手」と「おかわり」を覚えたのもいた。

実家で家庭教師を始めた時、生徒が来るとうるさく鳴き始めるので
風呂敷を被せて早くねせるようにしていたら、自閉症になってしまった
インコもいた。
小さい頃から人間とばかりいると、すごく人間くさくなるよね、動物も。
あながちこちら(飼い主)の深読みばかりではないと思う。



28 :黒ムツさん:2008/05/06(火) 20:26:04 ID:V9P//vMh0
若かりし頃、生に希望を持てず、死のうと思って夜中に家を出た。
  フラフラさまよってると、にゃぁんと鳴きながら、家の猫が。
  いつの間に出たんだ?と思いつつも、じゃあな、と挨拶して歩き出すと、猫がにゃーにゃー言いながら付いて来る。
  ごめんな、と言って頭を撫でると、滅多にゴロゴロ言わないヤツがノドを鳴らせて甘えてきた。
  いつもはほんとに愛想もないヤツで。男前だとは思ってたけど。
  それなのに、その場に座れば膝の上に乗ってくるし。立ち上がれば足に擦り寄ってくるし。
  いつもシカトなのに何だよ、って言えばじっと見上げてくるし。
  何だかすっげぇ可愛くて。毒気抜かれて、そのまま抱っこして帰った。
  一緒に布団に入って寝て。
  次に日からは、またいつもみたいに愛想ナシだったけど。
  やっぱ何かただならぬ雰囲気を感じたんだろうな。


29 :黒ムツさん:2008/05/06(火) 21:18:13 ID:POxxkUKf0
>28
ぬこさま GJ (`・ω・´)


30 :黒ムツさん:2008/05/06(火) 22:32:38 ID:5M5aw9AX0
http://mixi.jp/view_community.pl?id=381285
よろしく

31 :黒ムツさん:2008/05/07(水) 05:34:46 ID:esKtcvZj0


32 :黒ムツさん:2008/05/07(水) 20:00:03 ID:ma5gdvtm0
さっきまで寝てて夢の中に可愛い猫ちゃんがでてきてくれました。
嫌な事があったので、多分死んだうちの猫ちゃんが姿を変えて励ましに来たんだと思います。


33 :黒ムツさん:2008/05/07(水) 20:24:11 ID:LG56a5n20
>>32
きっとそ〜だよ。
いい夢見ると、目覚めてからもしばらくその余韻が残ってて、また〜りと
気分がいいヨね。
かわいい猫ちゃんの夢どんどん見て、いやなことなんかぶっ飛ばせ!


34 :黒ムツさん:2008/05/08(木) 00:56:04 ID:FBVXfu2i0
ねこを箱につめる
http://www.ironhearts.com/diary/archives/000803.html

35 :黒ムツさん:2008/05/08(木) 19:53:25 ID:AdtNVw6J0
(´・ω・`)

36 :  :2008/05/09(金) 02:52:00 ID:Mcj1/8qs0
結婚当時から、一生賃貸住宅でいいやと思っていた私たち夫婦。
その計画は見事「運命の猫」に変えられることとなりました。

賃貸住まいの私にものすごく懐いてきていた黒猫♀。すぐお向かいの「大家の嫁」が
無責任に餌やりした結果、その地に居着いてしまっていたんだけど、気づくと
その家よりも私たち家族に懐いてきた。
野良猫がいるねえ、と通りすがりに微笑ましく思ってもらえることも
少なくなったこのご時世。餌やりババアはその場の感情だけで、避妊や去勢という
処置もせずに放置。
見かねた私たち一家は、そこそこいい条件の物件を運良く見つけることができ
賃貸から退去しました。黒猫♀が生んだ猫たちを連れて。
母猫はどうしてもつれてこられなかった(避妊手術に連れていった記憶が生々しくて
私に何をされるかわからないと警戒していたみたい)。それだけが心残りだけど

37 :  :2008/05/09(金) 02:52:36 ID:Mcj1/8qs0
ここからが不思議。

大学生活一人住まいの頃、ある日突然私の部屋に迷い込んできて、今一緒にいる
猫たちがちょうど黒♀母さんのお腹にできたのとほぼ同じ時期に、15年ほどの寿命を
全うしたのだけど…黒♀母さんの唯一の娘が、その、初代のトラ猫にそっくり。
顔立ちも模様の入り方も鍵尻尾までも。
生まれ変わりといっても差し支えないくらい…


38 :  :2008/05/09(金) 02:53:12 ID:Mcj1/8qs0
今でも甘え方などは、他の子(兄弟)とちょっと違う。なんというか年季の入った
心の許し具合。
この子たちを保護してきちんと家猫として飼い始めることにしてから、
いろいろ、私たち家族にとっての好転現象が、嘘でしょ!というほど起こってます。
見返りや、何か得をすることを目当てに猫保護したわけではないんだけど
猫たちは何かしら、私たちに「目に見えないけど着実な恩返し」をしてくれているかも、と
思う今日この頃です。
シマシマの、初代飼い猫にそっくりな子は、仕草も顔も初代にそっくり、
そして、人間の言葉を理解しているらしい…
大切にしてあげないとバチが当たるなあ、と思いつつ、初代にも手を合わせて
「帰ってきてくれてありがとう」と話しかけています。
初代は私の人生のどん底を共に体験した子だったので、見守ってくれている感じが
すごくします。生まれかわってくるくらいの勢いがあった子でした。
動物だって、ちゃんとわかっているし、大切な人の幸せを願う気持ちは同じかもと
思ってます。
よく言われることですが、猫は薄情なんかじゃないですよね。愛情深いと思う。

39 :黒ムツさん:2008/05/09(金) 04:23:32 ID:vXRUA6VG0
萌え


40 :黒ムツさん:2008/05/10(土) 21:21:38 ID:43GRCoxl0
>>38
明治の文部省発行の国語の教科書に、「猫はイヌより愛情深い」という説話がのっているよ。
太平の世の江戸期には、猫は飼い主に非常に忠実だとされていた。
「鍋島ネコ騒動」などは、納涼怪談として作られたけど、要は、主人のあだ討ちをする忠義な
猫ちゃんの話だしね。
日清・日露戦争あたりから、国策として犬のほうが忠実(軍用犬にもなるし)だと宣伝されはじめ、
そのまま現代に至っている。
だから世間で、猫は気ままで身勝手というのはウソ。
愛情細やかで、素直で、あったかくて、優しい。
素晴らしい人生の伴侶だよ。


41 :黒ムツさん:2008/05/11(日) 00:29:09 ID:yIUozGWc0
小1の頃、従兄の家で仔猫を飼ったが、アレルギーが出て我が家に貰われてきた。
それから18年、我が家の娘としていたわけだが、
冬のある日、老衰で逝ってしまった。
その連絡を携帯で受けたとき、俺は仕事中で雪の中、外に居たのだが、
その後の休憩中に何処からか猫が現れて、俺の元によってきた。
休憩中の間、ずっとその猫を抱いていて、
慰めに来てくれたのかと思い、『ありがとうね』といって返した。
次の日もその現場に行ったが、あの猫の姿は見えなかった。


42 :黒ムツさん:2008/05/11(日) 00:29:50 ID:yIUozGWc0
続き
それから1ヶ月ぐらいして、自室で寝ていると、
足元を猫が歩くような感触がした。
『あ、来てくれたんだな』と直感的に思った。
顔のほうに来る感じがしたので、いつも一緒に寝ていたように、
右を向いて寝ていた俺は、左腕で布団をまくった。
いつも俺の右腕を枕にして寝ていて、右腕を出さないと入ってこなかった。
それで、わざと右腕を横に出さずに、布団をまくったのだが、
入ってくる気配がなかった。
そして、右腕を出すと、スーッと入ってくる気配がして、消えた。
なんともいえない幸福感を感じた。

文章力無くてスマソ


43 :黒ムツさん:2008/05/11(日) 02:28:38 ID:Yf8lLA260
。゚(゚´Д`゚)゜

44 :黒ムツさん:2008/05/11(日) 09:05:49 ID:cf8A2JtD0
>>41-42
いい話だ。
あの世からも、飼い主を幸せにしてくれるんだな。


45 :黒ムツさん:2008/05/11(日) 20:02:07 ID:OP5CJNLS0
イケメンと犬の画像
http://imepita.jp/20080511/384240

46 :黒ムツさん:2008/05/12(月) 00:05:04 ID:lhfA6ZHu0
>>41-42
悲しいけど、なんか心が暖まる体験談だ。

47 :黒ムツさん:2008/05/15(木) 02:04:34 ID:KAgVNqsl0
さのしろう修正エゴイスト

48 :黒ムツさん:2008/05/18(日) 07:24:13 ID:XH/t8qST0
いつも玄関にいたウェンディーは、「おかえり」を言ってくれる一番最初の家族だったね。
親や友達に相談するより先に、ウェンディーの首に抱きついて何でも話したよ。
ウェンディーはただじっとしているだけなのに、なぜか安心できた。
家に来たときは小さくておてんばで、私のほうがウェンディーのお母さんみたいに
していたけど、すぐに追い抜かれた。
いつでも私のことやさしく包んでくれたウェンディーは、もう一人のお母さんだったんだね。
まだまだウェンディーに聞いてもらいたいことたくさんあるのに、抱きついて
ほこりっぽいような日なたの匂いをかぐだけで元気になれたのに、
「どうして?」って何日も泣き続けた十九歳の頃が、今ではなつかしい。

ウェンディー、天国で本物のお母さんになっていますか?
私は今年、なるんだよ。


49 :黒ムツさん:2008/05/18(日) 08:24:45 ID:RJ+BK9B20
 

50 :黒ムツさん:2008/05/18(日) 11:47:30 ID:Z7Gh4jmp0
大学のある校舎の前にはいつもぬこが2〜3匹たむろっている
水も置いてあるし、定期的にエサをあげている人もいるようだ
今日一週間ぶりに学校へ行き、いつものようにぬこを撫でに行った。
若い黒猫のアレックス(その校舎にいるぬこ大好き教官がそう呼んでいる)は人間大好きだが、
最近はさすがに暑くてくっついてこなくなっていた。(長毛だし)
今日もでれーんと長くなって寝ていたが、階段に座るとにゃあと細い声で鳴いて膝に乗ってきた。
他のぬこ、とりわけいつもアレックスと一緒にいる白猫のまみちゃんが見当たらないので、
「なんだおまい暑苦しいのに。まみタンいなくて寂しいのか?」などと言って、
しばらく撫でてその場を離れた。
そのあと自分の控え校舎に行くと、同じ猫好きの先輩が「悲しいお知らせだけど」と
まみタンが死んでしまったらしいことを教えてくれた。

51 :黒ムツさん:2008/05/18(日) 11:48:12 ID:Z7Gh4jmp0
校舎の裏でひっそりと横たわっているのを誰かが見つけ、用務員さん?が埋葬してくれたそうだった。
先輩も又聞きした話なので、葬られた場所はどこかわからないと言っていた。
アレックスは去年の秋こねこのとき捨てられて大学にやってきて、まみタンがお母さん代わりだった。
まみタンはカンパで避妊していたので子供がいなかったが、アレックスが大きくなってからも
よく毛づくろいをしてあげたり、先に膝に乗っているところに上からおもっくそ乗っかられても
エサを横からとられても怒らなかったり(他のぬこだと怒る)アレックスに本当に甘かった。
まみタン、最近はいつ行ってもでれーとして前と比べても寝てばかりいたが、ただ暑いからだと思っていた。
春先から増えた抜け毛がどんどん多くなってとどまるところを知らなかったが、半野良で
ブラッシングする人がいないからいつまでも生え変わりが終わらないのかと思っていた。
それだけではなかったのかもしれない。彼女はもう10年以上も大学にいるおばあちゃん猫だった。
アレックス、やっぱり寂しかったのかな… 私も寂しい。


52 :黒ムツさん:2008/05/18(日) 13:26:14 ID:jqX1e91M0
>>50、51
良い話をありがとー。



53 :黒ムツさん:2008/05/18(日) 14:30:31 ID:hIiC+GggO
>>40
いや現状猫の飼育本でも気ままで身勝手個人主義って書いてるやんw

54 :黒ムツさん:2008/05/18(日) 16:54:44 ID:t6t9C1mM0
家のヌコさんは、今年10歳。
もらわれてきたときから、カミさんを母親、
娘をねえちゃんだと思ってる。

カミさんにだけ、モミモミ(手で交互にもむ例のアレ)をする。
娘は仔ヌコのときから、びっしり遊んでもらってたせいか、
なにをどうされても絶対怒らない。
いきなりパンチして、娘に「痛いっしょ」って言われ
頭、パコーンって叩かれても目を細めてる。

ワシが唯一さわれるのはゴハンのときだけ。
とうちゃんのはずなのに・・・・。


55 :黒ムツさん:2008/05/18(日) 19:48:12 ID:dznwo4Gy0
>>54
>いきなりパンチして
それは怒っているんじゃないのか?・・・w

56 :黒ムツさん:2008/05/19(月) 01:52:49 ID:dVF2mR8X0
捨て猫だったうちのぬこ、お昼寝中たまに寂しそうにニャーン…て鳴いて起きてた。
孤独だった子猫時代を夢に見てるのかもしれない、とナデナデすると安心したように眠った。

去年12月、16歳で天国に行きました。最期は布団の上で、皆に見守られて眠りました。


57 :黒ムツさん:2008/05/20(火) 00:46:28 ID:ekhA70oH0
幸せなネコちゃん・・・・・・
あなたのこときっと忘れないよ。

58 :黒ムツさん:2008/05/20(火) 04:28:06 ID:sECzDF/X0
中型サイズの雑種イヌを飼ってた。
10年ほどかな。
車を運転するようになってから
ボロ車の助手席に乗せてドライブに連れ出したりした。
気分は映画マッドマックス2だった。
それまで女の子を乗せることのないドライブだったけど
なんか楽しくなったよ。
そしてサヨナラの時期が来て泣いた。
打ちながら泣いてる。今。

59 :     :2008/05/20(火) 21:57:37 ID:9Ow0v0GO0
うちで飼っていた「ちん」の雑種のコロは私が小学校1年の時に家に来た。
コロは家族の一員の自覚があったようで飼い主は私なのに家族での「順位」は
私より上だと思っていた。放して遊んでいて「おいで〜」と呼ぶと私に向かって
走ってきてそのまま横をすりぬける。完全になめられていた。
昔のことなのでエサなんて「おみそ汁かけご飯に煮干し」といった粗食だったし、
死んだときも市役所に引き取ってもらった。
死んでから引き取りに来てもらうのに数日あったけど、毎日なでて泣いてたなあ。


60 :黒ムツさん:2008/05/21(水) 01:42:14 ID:wSDJpyWzO
ペットが家族なのは飼い主であって、その感覚を他の人に当て嵌めるのは間違ってるんだがな

愛犬愛猫談は面白いが、虐待文と同じ妄想文なんだろうな



61 :黒ムツさん:2008/05/22(木) 21:57:05 ID:6SLq7yci0
神田小川町にあるはんこ屋さんには看板猫たちがおり、
女の子のヒマラヤンちゃんはしょっちゅう店先のドアの前で
おすましして鎮座ましまして誰かがドアを開けてくれるのを
待っています。
通りかかった私が開けてあげると、うれしそーにぴょんぴょこりんと
中に入っていくのが可愛くて、ついはんこ屋さんに立ち寄ってしまう。

また、店のおじさんが猫好きではんこを買いもしない私に、何分も
愛猫の自慢話をしてくれます。

残念ながら、男の子のアビシニアンくんにはまだお会いしてもらって
いません。



62 :黒ムツさん:2008/05/25(日) 07:25:47 ID:EZ++u7v50
この体験をしたのは私が小学生の時です。
私が風邪をひいて二階でずっと寝ていたとき、私の家でかっていた
猫がめったに二階になんて上がってこないのに、そのときだけ階段を
上って狭いドアの入り口から顔を出してにゃーにゃー鳴くのです。
そしてそのドアから私のそばまで来てくれました。
別に連れてきた訳ではないのです。
私が風邪をひいていることを感じて来てくれたのでしょうか。
そのときすごく嬉しかったことがまだ頭に残っています。

63 :黒ムツさん:2008/05/25(日) 07:26:14 ID:EZ++u7v50
それとその猫が逝ってしまう3日前に、私は親の実家に泊まりで行くこと
になり2日間家を離れることになったときです。
猫はもうかなり弱ってて、いつ逝ってしまうか私も不安で不安で仕方なくて、
できれば家に残っていたい状態でした。
私は「帰ってくるまで死んじゃだめだよ」と言い残し、実家の方へ向かいました。
そして帰ってきた次の日、その猫は息を引き取りました。
その体験があり、私は動物には特別な力があるのだと思いました。
言葉では通じなくても、別の形できっと伝わっているんですね。
今でも不思議です。


64 :黒ムツさん:2008/05/28(水) 03:31:43 ID:cLRejy640
お隣の家にいた猫たんが亡くなりました。
もともと心臓の弱い子で、小さくて痩せていた。
今朝、まるで眠っているように死んでいたそうです。
たった3年しか生きられなかった猫たん、安らかに。



65 :黒ムツさん:2008/05/29(木) 03:32:41 ID:X+zfedxo0
近所の猫とこないだ偶然道端で会ったら
向こうから『お辞儀』してきた。
「あ、ども」って感じで。
ちゃんと躾けているんだね。



66 :黒ムツさん:2008/05/29(木) 12:33:42 ID:zuEqVn350
(^-^)/

67 :黒ムツさん:2008/05/29(木) 23:12:11 ID:6VsHm3qu0
同意

68 :黒ムツさん:2008/05/31(土) 19:30:24 ID:eLINp2qt0
http://thumb2.uploda.org/file/uporg1454136.jpg

69 :.:2008/06/01(日) 07:43:43 ID:bteMHgMh0
クロ、元気か?
私と私のお布団のないそこで、どうやって寝てるのかい?
ちゃんとあったかくて気持ちいいところを見つけたか?
私は今でも寝床でおまえを待ってしまうよ。
肩とふとんの隙間にひょいと鼻を突っ込んで、しばらくふんふんと匂いを嗅いでから、
するすると入ってくるおまえのひんやりした体を。
私がいそいそと横向きにすると、おまえは背中をぴったり私の体につけて、
私の脇にお尻をぴったりはめ込んで、まっすぐな尻尾で私の頬を撫でてくれたね。
絹糸のような、とはお世辞にもいえない毛並みだけど、
君の体を撫でながら眠りにつける私はどんなに贅沢だったんだろう。
すかしっぺはめったにしなかったけど、あれは強烈だね、
もしそこでいい飼い主を見つけてるなら、やらない方が良いと思うよ。

70 :.:2008/06/01(日) 07:44:26 ID:bteMHgMh0
おまえは私が出合った最初の家族だから、
私の今までを一番知ってくれてるのもおまえだから、
おまえがどこに行ってても、いつか会いに行くからね。
本当は、おまえに迎えにきて欲しいけど。
私の最後の瞬間に、
いつものように右肩のふとんの隙間から
するするっと入ってくれれば、どれだけ幸せな気持ちで逝けるだろう。
でも、人一倍好奇心の強かったおまえだから
空腹もない、病気も事故もない、悪さをする人もいないそこで
自由気ままに探検し放題で夢中になって、うっかり忘れたとしても
私は怒らないよ。思う存分遊びなさい。
もう苦しくもない、痛くもない、思うように動く元気な体を楽しんでおくれ。
いつか私もそこに行ったら、気の向いた時にでも会ってくれればいいよ。
今すぐにでも合いたいけど。夢の中でじらすのは意地悪すぎないかい?クロ。


71 :黒ムツさん:2008/06/01(日) 09:04:28 ID:P8b6UdSM0
(/_;)

72 :黒ムツさん:2008/06/03(火) 00:04:08 ID:X6rd3tfZ0
うちの知り合いのおばさんが飼ってるぬこは、おばさんが毎朝ジョギングするのについて行くよ。
もちろんリードなんかなしで。
でもジョギングの後半になると決まって疲れて(飽きて?)きて、「ウナ〜ン 抱っこして〜〜 ウナ〜〜ン」と鳴いて、
いつも抱っこされて帰ってくるw

それに較べてうちのぬこときたら・・・
ぐうぐう寝てばっかいないでちょっとは運動しろよ!
頼むから長生きしてくれよな。


73 :黒ムツさん:2008/06/03(火) 19:07:00 ID:8QDnITEL0
孤独だった高2の頃、僕は美術の時間人の群はなれて絵を描いていた。
すると子猫が寄ってきて脚に顔を摺り寄せた。
なんかくすぐったく嬉しかった。



74 :黒ムツさん:2008/06/03(火) 21:45:59 ID:chAMKZPL0
うちの猫は漏れを自分の子供だと思ってるフシがあるwwwww夜中の1時過ぎになるとベッドの上で
枕をポムポムと叩いて、こっちを向いてニャーオと鳴く様は、まるで「早く寝なさい」と言ってるみたいwwww

んでもって眠くないけど仕方なしに布団に潜り込むと、自分は横で寝そべりながら、片手でポムポムと
漏れの胸を叩くなど、しまいにゃ子守り歌でも歌いだすんじゃないかと思うような行動に出る。

一番笑ったのが漏れの友人が部屋に来たときに、隣の部屋に行って自分のオヤツの煮干しを咥えて
持って来て、漏れと友人の前に一個ずつ置いていった事。どうやらもてなしてるみたいだけど、さすがに
お茶は持ってこなかったwwww


75 :黒ムツさん:2008/06/03(火) 22:19:56 ID:6FGoniPz0
>>74
な、なんだってー、世の中にはそんな、ほんとに猫の手を貸してくれる
猫がいるんだってー?

ほんとに、シンプキンみたく一緒に住んで家の切り盛りしてくれる猫お
らんかなー。
商売道具隠されるのは困るけど、寝込んだ時お茶持って枕元に来てくれ
たらうれしいなあ。
(「ピーター・ラビット」シリーズ・「グロスターの仕立て屋」参照。)

76 :黒ムツさん:2008/06/03(火) 23:21:42 ID:Hhbm3Xc+0
>>74
お茶はむりぽだけど、
寝込んでいる枕元に、ネズミの死体や何やらを置いていくネコならいるそうだ。
「これ食って早く良くなれ!」ってことらしい。



77 :黒ムツさん:2008/06/05(木) 23:09:08 ID:3lawJm/s0
綿の国星をこの前初めて読んで感動した。
でも他の子に勧めても、猫好き以外あんまり関心無さそうだった。
絵が古いからかな…orz

でも実際猫ってあんなこと考えながら生活してるんじゃないかと
しばしば思うな、ウチの猫見てても。


78 :黒ムツさん:2008/06/06(金) 12:25:36 ID:5NMHdpY50
超笑える画像

http://lives.no-ip.biz/lives/sn/src/1280521.jpg

猫ざまあwww

79 :.:2008/06/08(日) 02:57:09 ID:W3CfFenD0
昔、雑種の犬を飼っていた。
父の知り合いから譲ってもらったのだけど
当時まだ生まれて1ヶ月くらいの子犬で、真っ白で毛並みもふさふさ。
遠くで「おいで」と呼ぶと、まるで白い毛玉がコロコロ転がるように
走ってくるので「コロ」という名前をつけた。

自分を5番目の家族と固く信じていたようで、家族全員で外出して夜遅くに
帰ろうものなら怒る怒る。それでもって嬉しくってたまらないものだから
その自分の感情をどう表現してよいのか分からず玄関のドアに体当たりを
繰り返す姿がなんともおかしくって可愛かった。


80 :.:2008/06/08(日) 02:57:36 ID:W3CfFenD0
それから12年、すっかり年老いて一日中寝てばかりになってしまったコロ。
ある日、私が学校から帰って部屋でテレビを見ているときに、外で犬の
吠える声が1回だけ聞こえた。すごく元気なはっきりした声だった。
コロはすっかり弱っていてもう吠えることができないし、他に近所で
犬を飼っているところはない。
散歩中の犬が通りがかりにコロに吠えたのかな?
なんとなく気になったので窓から外を見たけど、コロはぐったりとして寝てて
周りに犬の姿はなかった。
しばらくして母が買い物から帰ってきてコロの頭を撫でようと覗き込んだら
コロは目を開けたまま死んでいた。
まだ温かかった。


81 :.:2008/06/08(日) 02:58:06 ID:W3CfFenD0
私が聞いた吠え声は、コロがふりしぼって出した生涯最後の声だったのだろう。
甘えんぼの子犬だったコロも、最後は私たち家族を守る番犬として
目を開けて、しっかりと周りを見据えながら逝ったのだろう。

今まで家族を、我が家を守ってくれてありがとう、コロ。
あなたは今でも変わらず私達の5番目の家族だよ。


82 :黒ムツさん:2008/06/08(日) 06:41:47 ID:n9vW8d1Z0
ドアフォ!!スレチだろうが!!
ルール無視の猫ヲタはしっしっ!

83 :黒ムツさん:2008/06/09(月) 10:29:47 ID:CLCw2dSz0
信じていた猫に噛まれた場合、猫しか信用できなかった飼い主にとっては絶望的。
また、だれもが愛してくれると思っていた猫が 実は、世間の嫌われ者だったとわかった場合も、
飼い主にとっては、最後の砦を潰された気分になり自暴自棄になる。
 うーんそうだなあ。 お気に入りの服を貶された場合かな。
恋人をブスだといわれたのと同じかな。 とにかく 殺人鬼と化す。

84 :黒ムツさん:2008/06/09(月) 20:57:46 ID:s5PjsPYX0
柔らかいピンク色の肉球、ふかふかのお腹、ひなたの匂いの背中、
さわるたびに幸せな気持ちになれた。
新聞広げると上に乗ってくる、鉛筆の頭をかじかじする、鼻先に指を出すと
顔をこすりつけてくる。だっこしたときの温かさが忘れられない。
猫がいたからひとりぼっちじゃなかった。いまは寂しい・・・



85 :黒ムツさん:2008/06/14(土) 23:36:34 ID:lIgNA+580
猫を飼ってる人間は 100% トキソプラズマに感染しており脳が冒されています。
猫を毛嫌いする人間を憎み、ナイフ、包丁、カマで殺そうとします。

彼等を 「化け猫」と言います。  愛誤、じゃなくて 「化け猫」と言うようにしましょう。


86 :黒ムツさん:2008/06/22(日) 07:47:30 ID:S86/+MtN0
私は、動物が大の苦手だったのに、偶然にも『源三』という♂ネコと出会い、人生が
変わってしまいました。
それからは「動物大好き!」状態です(笑)その源三のお陰で、♀ネコの『すず』と出会い
ました。 すずは、私を好いていてくれたらしく、私がいたお風呂場でも、トイレでも、いつも
ドアの前で待っていました。

でも、やがてすずも天使になってしまいました。
命日に、すずが好きだったレバーをお供えして、「すず、喜んでくれてる〜?」と聞いたら・・・
“チリンチリン”と、聞き慣れた首輪の鈴の音が・・。
「『すず』は、いつもそばにいてくれてるんだね」と家族で語り合いました。
源三も、すずも、ずっと大切な家族の一員です。

87 :黒ムツさん:2008/06/22(日) 11:21:23 ID:1Ldt5bTh0
飼い主の話を聞いてると、たしかに「化け猫」だなあって思う。

88 :黒ムツさん:2008/06/22(日) 11:49:24 ID:YNs8F8OCO
昔でかいペンチで馬鹿猫の足を一回転させるの見たけど凄かったなw

89 :黒ムツさん:2008/06/27(金) 07:15:51 ID:SkQPieLa0




猫は元気付けてくれるよ。




90 :黒ムツさん:2008/06/27(金) 14:26:15 ID:SZMjXgTN0
おまえらヲタ板いけ。

91 :黒ムツさん:2008/06/29(日) 07:45:05 ID:A2jmHxdG0
キャバレー勤めだったおふくろが仕事帰りに拾ってきた猫が
寂しかった子供の頃の唯一の慰めでした。
冷たい布団にひとりぼっちで寝てると入ってきて足の上に丸くなって温めてくれた。
冬になるとあの猫の温かさを思い出します。ぼくの涙をいちばん知ってる奴でした。
 


92 :黒ムツさん:2008/06/29(日) 10:04:45 ID:JM6iW7fU0
母ぬこが仕事場に咥えてきた
食べ残しが腐って洒落にならない悪臭を放っていた!
誇り高き生まれついての野良ぬこ母は決して
人間に馴染むことは無かったが。

さすがに気の毒に思ってパンをちぎって
牛乳に浸したの食べさせたりしてたんだけど
時々見も知らぬぬこが
「なんかくれニャーッ!なんかくれニャーッ!」
と飛び込んでくるのでこれを食べさせると
がつがつがつと一気に平らげて
「足りないニャーッ!足りないニャーッ!」


93 :黒ムツさん:2008/06/29(日) 10:05:18 ID:JM6iW7fU0
しょんがないのでもう少し食べさせると
ゲプッとか言いながら悠々と引き上げるのであった。
翌日も食べに来たので
「そんなに度々やれるかっ!」
と言って聞かせると、どーやら
別なおうちでもらうようになったみたい。

…実のところお袋は決してぬこ好きな質ではないので
立場上あまりぬこに甘い顔も出来ないのである。
僕としてはぬこに囲まれて暮らしたいのだけどね。

だもので普段は他所ぬこばかり構っている。


94 :黒ムツさん:2008/06/30(月) 22:10:34 ID:F9FCfjIE0
昔どっかで読んだが、飼い主が死ぬ間際の飼い猫に「あと1ヶ月でいいから、
私の命あげるから生きて」と祈ったら、次の日元気になったと。
そして1ヶ月後に息を引き取ったんだけど、その祈った夜に不思議な光景を
見たそうな。
夜中ふと目覚めると、数匹の猫が自分の周りを踊りながら回っていたそうな。
そして飼い猫の回りも。 その時は恐怖よりなんだろう的な不思議感があった
と。
飼い主の願いを猫神達が聞いて、命を1か月分けたのかな。

想像したらちょっとかわいくて、なんかいい話だと思った。



95 :黒ムツさん:2008/06/30(月) 22:11:09 ID:F9FCfjIE0
 

96 :黒ムツさん:2008/06/30(月) 22:28:09 ID:E6anRYpV0
尿

97 :黒ムツさん:2008/06/30(月) 23:45:56 ID:IsAQF2tS0
これはあたしが中学2年の時実際にあった話です。

岡山の叔父が癌で手術することになり、前日に家族で岡山に向かいました。
そのとき飼ってた猫は5年目のオス猫で、とても元気でした。

手術の日がきて、叔父の手術は成功しました。
私と姉は猫が心配だったのでその日に帰りました。

すると、玄関をあけるとそこにはぐったりしたうちの猫が・・
あわてて病院にいきました。

すると先生が「体に7個所癌ができてます。今夜がやまです。」
と言ってだめもとで入院しましたが、次の日息をひきとりました・・。

叔父のかわりだったと思うと、なんだか切なくて、不思議でした。

98 :黒ムツさん:2008/07/01(火) 11:40:58 ID:dV397sCG0
キャスティング

99 :黒ムツさん:2008/07/05(土) 14:22:20 ID:gBhwdy2K0



パートナーだな。


100 :黒ムツさん:2008/07/07(月) 23:39:26 ID:SXERaZiH0
登録無料で、うまくいけば月に20万以上のリアルマネーが口座に振り込まれる
http://www.hellowork.go.jp/

101 :黒ムツさん:2008/07/09(水) 21:03:39 ID:T+VoneKn0
101

102 :黒ムツさん:2008/07/14(月) 02:10:10 ID:atmfmcJY0
お父さんがサランラップを胸に貼って
ヌーブラヤッホー☆
だって

ワラタ

103 :黒ムツさん:2008/07/16(水) 15:52:34 ID:C61WwPRn0
お父さんは人間の友達、家族

104 :黒ムツさん:2008/07/17(木) 21:41:56 ID:DkNopokK0
「犬と僕 どっちが大事」と聞く男

「犬と僕、どっちが大事なの?」と彼に問い詰められたら、どうします?
そういう男性にどんな対応したらよいのでしょう?

経緯
数年前から犬を飼ってます。昔の結婚で孤独な嫁だった私の唯一の仲間でした。
「もしも私に何かあった時(ストレスで倒れそうと思う事もありました)誰に
でも引き取りたいと言って貰えるように」としつけ、トレーニングは出来る限り
の事をしてきた大事な相棒です。

その後、今回の話題の彼にプロポーズされ結婚準備を進めて来ました。
彼は収入も多くなく、実家に居る事で自分が望む暮らし方が出来ていたので
しょう
結婚を具体化するにつれ「身の丈の生活」が意に沿わない事に気づいたのか
尻込みするようになり、何度か言い争いもありました。

105 :104の続き:2008/07/18(金) 00:33:56 ID:M+sManI/0
そして新居(95平方メートル,3F建て)購入の矢先に、「狭い家には住めない」
と言い出したのです。
私は再三、犬の世話をしやすい環境として、将来的には仕事と家庭の両立する
ために、通勤に便利な立地がよいと願い、彼も納得してきたはずです。

挙句、親の生家(現在空家)に住むと言い出し、通勤が遠くて無理といったら
この言葉が出てきました。。。

ttp://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0618/189706.htm?g=04

106 :黒ムツさん:2008/07/19(土) 03:31:52 ID:Vd6adLmR0
ずっと以前に岩手県の遠野の民宿に泊まった時のことです。
そこには猫が何匹かいて、「猫が肴を狙っている。ご注意を」と
いう張り紙がしてありました。
でもみなお行儀よくて、食事しているそばでじっとしているだけ。
朝は、枕もとにすわってちいさな声でみゃおうん(朝ですよ〜)と
ささやいて起こしてくれました。猫好きの私が掛け布団をあげ
入らない?って誘ったのですが、遠慮して入っては来ませんでした。
まるで、民宿の従業員のような猫たちでした。


107 :黒ムツさん:2008/07/19(土) 21:06:59 ID:bGhZLCLI0
家はペット(北海道犬)を溺愛するのではなく、
もちろん日に2度は必ず散歩させるがあとは庭につないでおくくらいの付き合い方をしていた。

しばらく留学していて2年ぶりに家に帰った時のこと。
名前を呼びながら近づいていくとちゃんとおぼえていてくれた。
待ちきれないように太ももあたりにまとわりつき、
2本足で立って両前足で私の太ももをしっかり抱くのだった。
もうどこへもいかないでといわんばかりに。
いとおしくて涙がでた。

そんなあの子も数年前に遠くへ逝ってしまった。今度は私を置いていった。
もう辛い別れはいやなのでペットは飼わない。



108 :黒ムツさん:2008/07/20(日) 07:40:36 ID:OLIJi9RK0
うん

109 :黒ムツさん:2008/07/20(日) 09:54:03 ID:8wpwryr70
>>107
良い判断だよ

・・感傷に浸ってるだけじゃねーよな?
「死別は悲しいけれど、でもまた新しい犬と喜びを共有したいだ!!!」とか言って飼うなよwww

110 :黒ムツさん:2008/07/20(日) 14:22:39 ID:0/Eaui1L0
女性専用のアロママッサ−ジにたまに行きます。
マンションの一室を借りて、女性のオ−ナと猫一匹がやっています(?)
何故か私がお店に行くと、オ−ナ−の猫(チンチラ)は私を見て
必死に「にゃあにゃあにゃあにゃあ」なんかいいたげな表情で鳴き続けます。
「どうしたのかしら・・?この子は滅多に鳴いたりしないのに」と
困惑するオ−ナ。
私「なぁに?」と撫でようとすると
「いや二ャ〜〜〜〜〜〜!」と逃げていく(涙)←ヒドイ
結局2時間ずっと私が帰るまでにゃあにゃあ必死に言ってた・・
なんだったのかな?


111 :黒ムツさん:2008/07/20(日) 17:05:07 ID:3wq/FRx60
>110  嫌われた?


112 :黒ムツさん:2008/07/20(日) 22:32:49 ID:cMbjczGk0
猫ってけっこう大人しい人が好きなんだよね。
ガチャガチャした人とか短気な人は苦手みたい。神経質だからね。


113 :黒ムツさん:2008/07/21(月) 13:30:20 ID:sWVkDU4X0
>111
やっぱり嫌われたのかなあ・・ぐっすん(涙)
長年我が家でも猫飼ってるんだけど、特になにも猫から
言われたこと(?)なかったんだけどなあ。。

114 :黒ムツさん:2008/07/23(水) 00:15:10 ID:BB50XzdG0
そういえば、俳優の筧利夫って、猫にまつわる
オカルト話し多いっていってたのをTVで観た事ある。

火事になるのを助けてもらったとか、夜中の
公園で猫に囲まれたとか。猫好きじゃあーないんらしいけど。


115 :黒ムツさん:2008/07/23(水) 05:59:57 ID:47N9zvJd0
人殺し

116 :黒ムツさん:2008/07/25(金) 19:31:44 ID:3XuPKux90
http://kuruten.jp/blog/userdir/00000188/images/a00000362802.jpg
ミドリ色

117 :黒ムツさん:2008/07/27(日) 03:10:32 ID:cG6u4/1y0
>>114

きっとご先祖が猫を助けたこととかあるんじゃないの。
でも猫に助けられるなんていいよね

118 :黒ムツさん:2008/07/28(月) 23:16:14 ID:NJhHmbnA0
今日昼寝をしてたら、うちの猫がきて目覚めた
起きようと思ったら、何を思ってか、うちの猫が横になってる私の
胸の上に、私のあごに横原が当たる位置で、座り込んだ
あまりの気持ち良さに、再度眠りに落ちた
起きたら夜の10時だった・・・これも、猫に起こされた
猫で、一日潰れた・・・トホホ


119 :黒ムツさん:2008/07/28(月) 23:19:40 ID:AGg6dD3O0
家族の肛門からこんなものが・・ ほれ!
http://jp.youtube.com/watch?v=SrOWyfM9F0s&feature=related

120 :黒ムツさん:2008/07/29(火) 08:19:53 ID:RmcBGnxnO
まあ基本的には悲惨な話だよ。
 
交尾狂いの母猫にポイッと捨てられたこげんたャ
うろついて媚びを売っても汚く可愛げがないので誰も拾わないこげんたュ
仕方なく虫だらけの体で生ゴミを漁りゲロをすすって必死に生きるこげんたj
見かねた松原に拾われ、猫缶を貰い有頂天のこげんたi
しかしここでマーラに誘惑され、恩人のバスタブに糞便を撒き散らすこげんた!n
蜘蛛の糸は切れ、地獄に落ちるこげんたャ

でもケツに割りばし刺されたアホな害獣ってイメージであんま悲しめないんだよね(笑)

121 :.:2008/07/29(火) 21:28:05 ID:0K+pPLVQ0
先日、実家へ帰ったときのこと。

リビングへ入ると、昨年病気で逝ってしまったはずの猫がソファーで寝てる!!?
よーく見ると似てはいるが別人ならぬ別猫。
向かいの家の猫が遊びに来ていただけだった。

そーいやあウチの猫が生きてた時もたまに遊びに来たっけ……
と思っていたら、今はほとんどウチに入り浸りだそうだ。
向かいの家は8匹くらい猫飼っているので、
あんまりかまってもらえないんだって。

122 :.:2008/07/29(火) 21:28:18 ID:0K+pPLVQ0
で、ウチに来れば我が家にいた猫に似てるから、
みんなかわいがるし、遊んでくれる。
すっかり気に入っちゃったみたいで
朝から玄関先で待ってるらしい。

さすがに夜11時くらいになるとお向かいが心配して迎えに来る。
姉いわく、「11時まではウチの猫」なんだそーだ。
いいなぁ。ウチのアパートにもそんな猫こないかな。

123 :黒ムツさん:2008/07/29(火) 23:22:35 ID:0EMl7oHq0
http://jp.youtube.com/watch?v=SrOWyfM9F0s&feature=related
ほれ おまえの家族の肛門から何か出てるぞ。
床やベッドに卵が一杯。 

124 :黒ムツさん:2008/07/30(水) 00:01:30 ID:RmcBGnxnO
まあ基本的には悲惨な話だよ。
 
交尾狂いの母猫にポイッと捨てられたこげんたャ
うろついて媚びを売っても汚く可愛げがないので誰も拾わないこげんたュ
仕方なく虫だらけの体で生ゴミを漁りゲロをすすって必死に生きるこげんたj
見かねた松原に拾われ、猫缶を貰い有頂天のこげんたi
しかしここでマーラに誘惑され、恩人のバスタブに糞便を撒き散らすこげんた!n
蜘蛛の糸は切れ、地獄に落ちるこげんたャ

でもケツに割りばし刺されたアホな害獣ってイメージであんま悲しめないんだよね(笑)

125 :黒ムツさん:2008/07/31(木) 04:22:29 ID:dgdpqb2I0
実家にいた頃飼ってた犬。家族はゴタゴタしてたけど、みんな
この犬のことだけは大好きで、私にとっては家庭内での唯一の
安らぎでした。でも今から思えば、自分の気が向いた時だけかまい、
面倒みるのは母任せ。心臓病で逝った時は、うちにもらわれてきて
幸せだったのか、もっとかわいがりようがあったんじゃないかと
悔いました。たくさん慰めてもらったのに、飼い主の資格なくて
ごめんなさい。


126 :黒ムツさん:2008/07/31(木) 09:50:50 ID:0WfNMd+C0
http://p2.ms/xton5

127 :黒ムツさん:2008/07/31(木) 20:40:45 ID:ihC/KJbn0
結婚して実家を出てしまったので
たまにしか会えなくなってしまったネコちゃん達。
実家に帰ったときには気がすむまで遊んでもらってます。

しばらくしたある日
ふと気づくと、その日に着てたセーターにネコちゃんの毛が
くっついてるのを発見したりして、心があったかくなります。

128 :黒ムツさん:2008/08/01(金) 03:09:33 ID:DdinoOQB0
病原菌、ダニ、ノミ、毛、寄生虫で汚染された汚い家に住む飼い主たちだったら ゴミ屋敷に住む人の気持ちが理解できるんだろうなあ。
友達いないからペットを飼う→臭いから余計だれも寄り付かなくなる
悪循環だよねえ。大人のくせに寂しがるから そんなことになる。
大人なんだから、もっと積極的に コミュニティーに参加すればいいのに。
そうすれば清潔でないと人に嫌われることもわかってくる。


129 :mari:2008/08/01(金) 20:16:50 ID:P5HSPGhW0
黙祷

130 :黒ムツさん:2008/08/01(金) 22:48:43 ID:SlvPdS1b0
http://bbs.mmo-station.com/bbs/bbstalk/forums/184/12173845650.jpg

131 :黒ムツさん:2008/08/02(土) 17:34:35 ID:l/YHD8Hf0
猫は老けないとなぜか信じていた私。
通学路にいつも変なのがいる。
下向いてる時に小声で「おっはヨー!」等目の前から話しかけると
はい?って感じて・・・逆方向を見つめてしまう・・(耳もそっち向き)
あれ〜呼ばれたのにおっかしいナ〜??って言いたげに固まってる様子に唖然
あんな鈍い猫っているんだ。
バカああんこっちだー!!と鉄柵みたいなフェンスをガタガタいわして(←怪しい通行人)
振り向かせると、目が真ん丸。やっと「ミャ〜ン(どーも)」
でも顔は覚えてくれる。やーん。


132 :黒ムツさん:2008/08/04(月) 21:48:51 ID:+ce4mcon0
10歳過ぎて、犬猫が可愛い っていうやつは  知恵遅れ。
施設は 収容できなくなり、最近は野放し状態だそうです。


133 :黒ムツさん:2008/08/06(水) 20:32:57 ID:zUD/O+GD0
我が家では母親が動物アレルギーで飼えなかったから
隣のうちの老夫婦が飼ってた柴犬を自分の犬みたく可愛がってた。
毎朝学校行く前になでなで。学校から戻ってすぐ散歩に連れ出して、
日が暮れるまでずっと一緒。夜も垣根越しにおやすみ言ってから寝てた。

その家の老夫婦が相次いで亡くなったあと、犬は見知らぬ人に引き取られていった。
一番の友達だったかけがえのないものを失って、しばらく立ち直れなかった。
いまでも柴犬を見ると、どこかあの犬と似ている気がして切ない気持ちになる。


134 :黒ムツさん:2008/08/06(水) 23:40:24 ID:bx6hMUI+0
夫婦喧嘩をすると大体は愛猫が仲裁(?)してくれます。
近づいてきてスリスリして「ねぇねぇ機嫌なおしてさ、お腹撫でてよ〜」って
仰向けになります。
肥ったタップンタップンのお腹なでると優しい顔で見つめてくれます。
僕らはその滑稽な姿で笑いを誘われ何時しか仲直りして
好物のエサを一緒に買いに行ったりします。
子供のいない僕らにはかけがえのない家族です。


135 :黒ムツさん:2008/08/07(木) 22:35:08 ID:/MaNGpAI0
柴犬ってかわいくてかしこいんだよね。
うちにも14年半もの間一緒に暮らしてきた
柴犬がいたよ。生後3年でジステンバーとフェラリアに
かかって生死の境をさまよったんだけど、
家族全員で助けたよ。
その後死ぬまで、後ろ足のバネが効かなくなって
鼻が乾いたまんまだったよ。
アイツが家族の中心だったよ。
亡くなってもう13年にもなるけど今でも
写真に話し掛けてるよ。(泣


136 :黒ムツさん:2008/08/08(金) 05:22:59 ID:jiaisL710
ばあちゃんが可愛がってた三毛猫のモヨが死んだとき、荼毘にふしてやったんだけど
骨をかき集めて「私が死んだら一緒にしておくれ〜」っておいおい泣くんで
じいちゃんの仏壇にその骨ずっと置いてあった。

ばあちゃんがその後死んだときにどうする?て話になったんだけど、
動物と一緒に骨壷に収めるなんてとんでもない!って親戚に大反対されて
しかたなくやめた。でも納骨の前夜におやじがこっそりモヨの骨を混ぜてた。
モヨはばあちゃんに抱っこされて、我が家の墓で一緒に眠ってる。


137 :黒ムツさん:2008/08/09(土) 21:02:57 ID:CFKbvxDS0
ラッキー!!!
保育園児のとき悩み相談はいつもポインター(犬)のラッキーにしてた。
そのまま犬小屋で寝ちゃったり・・・。
何度か子供を生んだが(雑種)そのたびに親父が子犬を捨てに行った。
その後一ヵ月ぐらい寂しそうにしていたのが忘れられない・・・。
ある日おっぱいの所が膨らんでいて俺は又子供が出来たと思っていたら
乳癌だった。しばらくしてそのまま死んじゃった。
初めて身内?の死。思い出すと切なくなる。



138 :黒ムツさん:2008/08/10(日) 06:34:15 ID:M9DFfSIa0
14年家族として暮らしてきたエミが死んだ。
信じられない。受話器の向こう泣き崩れる母。今年3月帰国
したときは弱ってはいたものの、まだ元気だった。8月終わりには帰
ろうと思っていたので、今度会うのを本当に楽しみにしていたのに。

3月、一度だけ散歩に連れて行った。あれが最後の散歩かと思うと
胸が痛い。いつも母にまかせきりだった。もっと連れて行ってやるべき
だった。でももうエミはこの世にいない。

母の落胆があまりに激しいので、翌日夜遅く、再び電話を入れた。
弟が泊まりに来ていてくれて本当に助かった。一人暮らしの母が
心配だった。


139 :黒ムツさん:2008/08/10(日) 11:21:07 ID:UTAq3YSSO
拝啓 こげんたちゃんお元気ですか?
あなたが糞を洩らした咎で無様に解体されてからもう何年になるでしょうか。
あの時あなたが糞まみれの尻尾をその辺のてきとーな工具でチョン切られ、癖の悪い肛門を割り箸で掻き回され、ドラえもんよろしく耳を切られて血の海をのたうち回っている間、私は腹を抱えて踞る事しかできませんでした。
ですが、あなたのママが相変わらず能天気に交尾に明け暮れてる間にたくさんの人が立ち上がりました。
保健所が動いた!
あなたが屠殺されてからの数年間も処分数は順調に伸び、
年間30万匹を窺う勢いです。
愛誤団体が吠えた!
所詮は無駄吠えですが。
愛猫家が泣いた!
Dear,こげんた ハート出版より税込価格1365円にて絶賛発売中です。
たくさんの人があなたの丸めたティッシュのようなしょーもない一生に勇気付けられ、今では私もさんざっぱら楽しんだ挙げ句まんまと逃げおおせた強姦魔のような清々しい気分です。
これからも私に出来る精一杯の事をするから、地の底からあの間抜け面で見守ってね!

140 :黒ムツさん:2008/08/10(日) 23:18:08 ID:NIxDpD1X0
うちのネコもう25年生きてます。目もみえなくなって
よぼよぼ歩きだけどね。
やっぱよく表にだしてサンポとかしてたからだと思うよ
あと去勢してたこと・・・
ひょっとしてギネス級かと思って調べてみたら
ネコの長寿記録は30ウン年だって・・
こないだも実家帰って1年ぶりにあった・・・
まだ生きてた・・・ほっとした・・・


141 :黒ムツさん:2008/08/13(水) 06:43:21 ID:OE7Zm0nf0
あたしは犬や猫とは小さい頃から一緒だった。ケコーンしてハムスターより大きい
ペットは飼えなくなったけど・・・
今、思い起こすと本当にペット達はあたしを慕っててくれたって思う。
長く飼っていた寅猫はあたしが学校や会社に行く時は必ず「ニャー、ニャー」
なきながら送ってくれたし、迎えにきてくれてた。
なのに・・・ あたしはあまりいい飼い主じゃなかった。都合のいい時だけ可愛がり、
ほとんど面倒を親身にみてやらなかった。あんなに慕ってくれてたのに・・・
思い起こすと、あの子達にに本当にすまないっていう気持ちになってしまう。
あの子達は本当にあたしの友だちだった。 ごめんなさい。

142 :黒ムツさん:2008/08/13(水) 20:04:19 ID:5B8KwTaq0
現在進行形です。18才の猫(♀)と夫と3人暮らし。
私の18年間の出来事を全部一緒に体験してきた友達。
一昨年の冬あたりから足腰が弱くなって、一時は下半身不髄になりかけた。
今は少しでも一緒に残りの時間を過ごそうと、会社をやめ、フリーで仕事をしてます。
こうしてパソコンに向かっているときは、必ず21インチのモニターの上で寝ています。
たまに起きてきて「ちゃんと仕事やってるの?」って顔で見られる。
人間は80才位まで生きたりするけど、この子達は短くても凝縮された時間を過ごすんだよね。
大事な家族。。。。
いつまでも、何があっても一緒だよ!


143 :黒ムツさん:2008/08/14(木) 16:16:38 ID:GSkvZlm80
まな

144 :黒ムツさん:2008/08/14(木) 22:51:54 ID:CIhseRIw0
うちで飼っていた「ちん」の雑種のコロは私が小学校1年の時に家に来た。
コロは家族の一員の自覚があったようで飼い主は私なのに家族での「順位」は
私より上だと思っていた。放して遊んでいて「おいで〜」と呼ぶと私に向かって
走ってきてそのまま横をすりぬける。完全になめられていた。
昔のことなのでエサなんて「おみそ汁かけご飯に煮干し」といった粗食だったし、
死んだときも市役所に引き取ってもらった。
死んでから引き取りに来てもらうのに数日あったけど、毎日なでて泣いてたなあ。



145 :黒ムツさん:2008/08/15(金) 16:55:09 ID:pC6penKA0
動物には優しいのに
人は殺すんだよな

146 :黒ムツさん:2008/08/15(金) 23:07:51 ID:LYnW+da+0
上げ

147 :黒ムツさん:2008/08/16(土) 00:01:59 ID:rpNhGw1V0
ニュースにならないけど、
ペットが幼児を窒息死させたり、寄生虫に感染死させたり、毛が喉に引っ掛かったり、
猫引っかき病を悪化させて殺したり、失明させたり、喘息にして発作で殺したり。
飼い主って、自分の子供を犠牲にしてでも飼い続ける恐ろしいやつらさ。


148 :黒ムツさん:2008/08/17(日) 06:22:48 ID:p5HFzFj90
華ちゃん、今どうしてますか。
我が子同然だった華ちゃん。私をとっても楽しませ、なごませてくれたあなた。
私たち家族にとってかけがえのない存在でした。
そのあなたが、十六歳でガンに冒され、逝ってしまうなんて。
亡くなる前日、目が見えなくなっているのにヨロヨロ歩き、私のエプロンの
ポケットに顔を突っ込んで、まるでお別れを言うように.・・・・・・・。
私は本当にうれしかったよ。ありがとう、華ちゃん。
今は天国で遊んでいるかな!会いたいなあ。


149 :海老名小僧:2008/08/19(火) 21:29:43 ID:N2zvvxmp0
ハムスターを毎月3匹買ってきて、バケツで溺れるまで泳がしている。
ブクブクと溺れていく様子がたまらなく気持ちいい♪

ウッシャッシャッ¶ゞ(* ̄∀ ̄)ノ☆=♀ カンカン

150 :黒ムツさん:2008/08/19(火) 22:08:32 ID:I65mdCGC0
以降、中卒はレス禁止

151 :海老名小僧:2008/08/19(火) 23:35:23 ID:N2zvvxmp0
小学校中退(笑)

152 :黒ムツさん:2008/08/20(水) 00:05:03 ID:Hc1hHuSK0
ネコってね、例えば一匹の野良ネコにえさをあげるとするよね、
そうすると友だちも呼んでくるんだよ!
こいつにも餌やってくれ〜って、そんでその友だちが食べるのを
じっと待ってるの。
決して親、兄弟ではないよ。


153 :黒ムツさん:2008/08/20(水) 01:08:09 ID:MkBHgCN/0
犬猫飼ってる奴は、知恵遅れか、元受刑者。と思ったほうが良い。


154 :黒ムツさん:2008/08/20(水) 02:12:19 ID:COSlGYGE0
なんだこのスレ立てるとこ間違えてんじゃねーかと思ってみたけど涙とまんない

ニートだったころぬこ居て良かったと思う



155 :黒ムツさん:2008/08/20(水) 02:13:40 ID:COSlGYGE0
>>149

つまんね(笑)

156 :黒ムツさん:2008/08/20(水) 13:58:42 ID:4dnwvJNy0
他のサイトからコピーしただけの駄文ですがご満足頂けたでしょうか?

157 :黒ムツさん:2008/08/22(金) 21:41:09 ID:fDrds8/q0
先日、飼い猫を見送った者ですが、焼き場での一件。
ペット専門の斎場で個別火葬にして骨は返して貰ったのですが、
係の人が猫の尻尾の骨(短尾だったので3個しかなかった)
をひょいと摘んでキーホルダー付きの金属ケースに入れ、
「お守りだよ。」と言って渡してくれたのです。
帰りの車の中でしょんぼりしている娘(4歳)に
「ちゃちゃはいつか生まれ変わって来るから、そうしたらまた一緒にくらしてげようね、」
などと話ていたら、先程の係の人(運転手も兼ねてた。)が一言。
「えっ?さっきシッポ取っちゃったからもう猫には生まれてこないよ。次は人間。」
チビ号泣。家に帰ってすぐシッポ骨壺に戻しちゃったけど
・・・いいよね?ちゃちゃ?


158 :.:2008/08/24(日) 08:19:03 ID:OBwb0XmE0
妹が連れてきた小さな子犬
両手にスッポリ収まるくらいの大きさ
白と黒のまだらが愛らしく コロコロ動いてて
マリモのように洗面所を走ってた
そうとは知らず 暗闇の中何かを蹴った!
あの感触 キャインキャインと鳴いた声
今でも覚えています・・・・・・・、
それがチロとの初めての出会い。

いつの間にかすくすくと育って家族の一員
夜、いっしょにこっそり抜け出すときのポテトフライ
二人でアイスを食べたり
フライドチキン半分こしたネ



159 :.:2008/08/24(日) 08:19:56 ID:OBwb0XmE0
槙原敬之の「どんなときも」
身を乗り出して しっぽをふって聞いている姿
今でもなつかしく思い出すよ

チロがいなくなって
「どんなときも」を聞くのがつらくて 悲しくて
封印してしまったけれど
ふいにテレビで流れたとき、
せつなくなります。



160 :.:2008/08/24(日) 21:40:26 ID:IOQva4F80
三毛猫ジョジョへ、

僕は転勤が多い仕事だから
その度に君と一緒に引越したね。
寒い所、暑い所、よく僕について来てくれた。
部屋に連れてきた何人かの僕の彼女達も
君は黙って優しく迎えてくれたね。
だから僕はどんなに遅くなっても家に帰ってたんだぜ。
必ず君が待ってると思ってさ。
彼女の中には僕が泊まらないので
「結婚でもしてるの?」なんて怒った子もいたよ。
結婚して動物が苦手なあいつにもなついてくれて僕はホッとしたよ。


161 :.:2008/08/24(日) 21:40:46 ID:IOQva4F80
君が逝ってしまってかなり落ち込んだけど
あれから時間も経ってこの頃は余裕も出てきたよ。
僕らが10年以上も愛用していた毛布は捨てられなくて
今も使っているんだぜ。あいつはいつも言ってるんだ
「ジョジョの形見の毛布で寝ている時は腹立つぐらい幸せそうね」って。

162 :黒ムツさん:2008/08/25(月) 00:17:20 ID:ayQq/ZSJ0
他のサイトからコピーしただけの駄文ですがご満足頂けたでしょうか?

163 :黒ムツさん:2008/08/25(月) 09:59:02 ID:0YZYqJKo0
1年半前に19年飼ってた猫が老衰で死んだ。家族みんなで虚脱状態になった。
この春から就職して一人暮らしを始めた。両親が寂しがって毎日電話してきて
正直うっとーしかった。夏前ぐらいにはそれも落ち着いてあまりかかってこなくなった。

お盆に実家に戻ったとき、子猫が我が家にチョコンと鎮座してた。
電話がかかってこなくなった理由がわかった。元気を取り戻して子猫を可愛がる両親をみて
それもいいかな?って思った。
死んだ猫の写真を見せて「お前のじぃちゃんだよ、こいつのかわりに親を頼むぞ」って
子猫に言い聞かせてきたよ。


164 :黒ムツさん:2008/08/25(月) 11:33:09 ID:J8rIg0KO0
早くしkね基地外

165 :黒ムツさん:2008/08/25(月) 12:03:05 ID:Esw81BOr0
157さん、勿論気が付いているとは思うけど・・・
係の人は悪気があって「次は人間」って言った訳じゃないんだよー。

166 :黒ムツさん:2008/08/25(月) 22:12:14 ID:vc5jOnBN0
 

167 :黒ムツさん:2008/08/25(月) 22:38:16 ID:6+54PRJH0
犬や猫は一部のバカな人間を利用して生き延びてきた。
ほとんどの飼い主は人畜共通感染症により子孫を残せず絶家していった。
ほとんどの動物は他種とは距離を置くことで感染症を避けて種を保ってきた。
飼い主はその本能が欠如した不具者だといえる。

168 :黒ムツさん:2008/08/27(水) 05:15:28 ID:cdSuFtWs0
ものすごいショックなことあってワンワン泣いてたら
普段そっけない飼い猫がじーっと見てた。
もしかして慰めてくれてたのかなぁ。


169 :真由美:2008/08/27(水) 18:15:26 ID:QYEEsqRx0
後ろに霊が居たんでしょう

170 :黒ムツさん:2008/08/27(水) 20:31:00 ID:0RMZzqfl0
近所に猫が20匹以上集まる猫屋敷が在る。

そんな家には、三,四代続けてその家に世話になってる猫一族がいるそうだが、
そんな猫どもでさえ恩返しはしてくれないそうな。


171 :黒ムツさん:2008/08/27(水) 22:11:02 ID:KrjWkWPbO
見えないとこで恩返しされてるよ。

172 :黒ムツさん:2008/08/27(水) 22:27:11 ID:qFX0X+pAO
という愛誤の典型的妄想ww

173 :黒ムツさん:2008/08/27(水) 22:38:17 ID:kKY502F8O
自分の快楽の為に他の生き物を犠牲にしている点で
ペット飼ってる奴らは虐ヲタと一緒。
犬猫が家族?友達?(笑)
彼らに選択の余地はないよね、それって奴隷だよ。
イカれた虐ヲタがいくら頑張っても保健所が殺してる
犬猫の数には遠く及ばない。
その大多数がもと飼い犬飼い猫って悲しい現実。
人間が何千年もかけて彼らの野生を奪って奴隷にして
挙句に用済みになったら死刑。
死ぬも生きるもご主人様の腹一つ。
ペットになる事自体がその動物にとって不幸だね。

そんな事一晩考えてオレ犬飼うの諦めた。
ペット飼ってる奴らはそんな心が欠けてるんだね。

174 :黒ムツさん:2008/08/27(水) 23:11:07 ID:o1g7E4GN0
>>170
猫はそんなもの。
猫に対して、恩返しや、犬にあるような救出劇を期待してはいけない。
そんな話が全くないわけではないけどね・・・


175 :黒ムツさん:2008/08/28(木) 00:21:00 ID:+HsVbGWH0
この事実は、幼少期と育児期を除いては個体で生活する猫の習性による。
群を形成し、上下関係の存在する犬との差異・・・


176 :黒ムツさん:2008/08/28(木) 00:57:12 ID:0hCLl4L50
>ペットは人間の友だち、家族

え?
保健所で大量に殺されてる現実は?

177 :黒ムツさん:2008/08/28(木) 04:39:27 ID:Gf97meDH0
うちは田舎だったせいもあるけど、
「常連のネコ」が「勝手に出たり入ったり」だった。
残飯を外に出しておくのが「エサ」に相当するものだったけど
とうてい足りなかったはず。
単なるダベリ場として我が家は活用されていた模様。


178 :黒ムツさん:2008/08/28(木) 17:43:55 ID:4yUiGjh10
近所の生まれたての猫は、見えてないおめめで
全然関係ない野良猫のお兄さんのお乳をのもうとして、警戒されてましたが
さっき外から帰ってくると
アパートの階段の下で
そのノラのお兄さんと仲良く眠ってました。


179 :黒ムツさん:2008/08/28(木) 18:33:12 ID:XMCHcd5n0
ここは苦手板だから苦手なことを話そう

180 :黒ムツさん:2008/08/28(木) 22:39:41 ID:pvIrS9IPO


181 :黒ムツさん:2008/08/29(金) 05:48:46 ID:YNpwWyDI0
子どもの頃
幼稚園を送り迎えしてくれる猫がいた。
2キロくらいの道のりを…
幼稚園の近くの、どっかの家の庭の茂みまでついて来てくれて、
幼稚園が終わって、帰る私の姿を見つけると
その茂みからぱっと出て来て一緒に帰宅。

ある夜中、猫が枕元にずっと座って、寝ている
私の顔を見下ろしていた日があったらしい。
(母親が見ていた)
その次の日から、猫は行方知れずになってしまった。

今思うと不思議なやつだったなぁ〜


182 :黒ムツさん:2008/08/29(金) 23:50:53 ID:UKDnPtO3O


183 :黒ムツさん:2008/08/30(土) 08:32:16 ID:JjH1QF2t0
大した話では無いのですが・・・。
半月ほど入院していまして無事退院の日を迎え、久しぶりに帰宅すると、我が猫の出迎えが強烈でした。
ニャアニャア鳴いてすり寄って膝の上にまで乗ってきて、鼻の頭は赤くなるほど舐められるは・・・。
まさに「どこに行ってたんだよ〜っ」て言う感じです。忘れられているのではないかと、
一抹の不安もあったのですが、ちゃんと覚えていてくれるものですね。
そのときは思わず目頭が熱くなってしまいました。

で、不思議なことなのですが、入院中猫の面倒を見ていてくれた父親が言うには、
私が家に到着する5分ほど前から彼の様子がおかしくなったらしいのです。
急に落ち着かなくなり大声で鳴きながら窓の所を言ったり来たりして外を見ていたというのです。
帰ってくるのが分かるんだねって話をしていました。
偶然かも知れませんが、もしかするとテレパシーの様なものがあるのかも・・・と思った出来事でした。

今はホケ〜ッとしていますが。長文スマソ。


184 :黒ムツさん:2008/08/30(土) 13:05:02 ID:frdS413Q0
>>183
退院オメ!賢い子でいいなぁ〜

我家のクロ茶はもう5年も一緒に住んでいるのに、
1週間ほどの出張から戻ってくると、「だれ?」てな顔してじーっと考え込む。

で、10分ほど悩んでから、「あっ!ママだ〜」と(・∀・)オモイダシタ!てな嬉しそうな
顔してだだだ〜と走り寄って来ます。
毎日ご飯をやって、トイレ掃除しているのは私なのによぉ〜(涙


185 :黒ムツさん:2008/08/31(日) 07:19:03 ID:ODDw8v6x0
明け方、肩のところを「ほてほて」と何かが触ってきて目が覚めた。
うちの嬢ちゃんが布団に入りたがってるんだな、と思い布団を上げたが何も居ない。
耳元で「にぇー」って鳴く声が聞こえる。気づくと嬢ちゃんは離れたところで
丸まってスヤスヤ。なんだろな、と思いつつその時はそのまま寝直した。

……その朝は、先に一緒に住んでた子の命日でした。もう5年も前のことなのに
なんで今頃?思い出してえぐえぐ泣いちゃったじゃないか…。


186 :黒ムツさん:2008/08/31(日) 13:11:41 ID:U4aZ+hWW0
>185
オカルトな書き込み感謝!
漏れも文章を読んで涙が出ました。


187 :黒ムツさん:2008/08/31(日) 14:49:01 ID:m5fhonpg0
>>185
5年も経ってるのに会いに来て甘えてくれて、よかったね
いい子だね


188 :黒ムツさん:2008/08/31(日) 16:06:49 ID:35td/cr40
今までコピペしかなかったのに急に取り留めの無い感想がw

189 :黒ムツさん:2008/08/31(日) 16:28:18 ID:8vHgANNE0
以前、捨て猫の兄弟を二匹ひろってきた。
どちらも真っ白で同じくらい可愛がっていたが、私が旅行中に、
一匹が事故で死んでしまった。
しばらくして、寝ていると足もとにもぞもぞと猫の感触があった。
可愛いなー、と思ったが、よく考えると今、ウチの子は一匹。
しかもその子は私の顔の近くで丸くなって寝ている……。
べつに恐くなかった。私はまだいるんだな、と思いながら寝た。


190 :黒ムツさん:2008/08/31(日) 17:51:07 ID:jTpQz0i+0
私もあるよ、幽霊?猫との出会い…。
ウン年前のこと、友達がイトコと一緒に広いマンションに
引っ越したというので、遊びに行った。
築15年くらいのマンションで、もちろん猫なんかいない。
で、そのまま泊まって寝ていたら、耳の横で
ブルブル、ブルブルとのどを鳴らす猫の気配。
そしてやわらかい毛を顔にすりすりしてきたの。
家に猫10ぴきもいて、猫大好きな私は、ねぼけながらも
「うんうん、布団にはいりたいのかい、甘えたいの?」と
思って引き寄せようとしたのだけれど、金縛りにあっていて
どうにも体が動かない。
「ごめん、体が動かなくてだっこできないよ…あれ?」
と気づいたとたん、猫の気配は消え、金縛りがとけた。
ちっとも怖くなかったけれども、あれはなんだったんだろう。
すごくのどをブルブルゴロゴロならして、かわいかったんだよ。


191 :黒ムツさん:2008/08/31(日) 22:13:59 ID:eD6NHRz90
久ぶりに自分の存在に気が付いてくれる
波長の合う人が・・・と思って嬉しかったのかも。>190


192 :黒ムツさん:2008/09/01(月) 14:32:42 ID:Dt53E7iy0


193 :黒ムツさん:2008/09/02(火) 18:55:35 ID:yj9micwp0
感想だけはちゃんと書くのなw

良い話は思いつかないのにw

194 :黒ムツさん:2008/09/05(金) 05:05:50 ID:DEi9nHmO0
結婚式が近づいて、夫となる人との新居に帰ることが多くなっていた、暑い夏の日。
実家で飼っていた犬、耳の茶色い白い毛のボンは、病気にかかっていた。
老体にくわえ、下半身にできた傷口が化膿したらしく、いつも小さなハエがたかっていた。
かわいそうで、そしてそれ以上にこわくて、見ていられなかった。
それでも、私が名前を呼びながら近寄っていくと、ボンはヨロヨロと草むらのなかに
体を隠すようにして、悲しそうな顔だけをこちらに向けていた。

そんなボンの姿に私はただ泣きながら、夫となる人と二人、新居へと戻っていった。

その日の夜、「おねえちゃん元気でね」と告げるボンの夢を見た。
翌朝、弟から「ボンが小屋の中で死んでた」と電話があった。

今でも、小さなダンボール箱のなかでじっとして、家に着くまでの道を眺めていた
幼いボンの姿を思い出す。

195 :黒ムツさん:2008/09/05(金) 13:41:55 ID:mnDVRWpfO


196 :黒ムツさん:2008/09/05(金) 23:00:16 ID:Zhs3Nb3U0
「江戸名物は、伊勢屋、稲荷に、犬の糞」
江戸時代には伊勢屋という名前の店が非常に多かった。また稲荷信仰は町人に
大流行していた。そして、犬が町内をやたらとうろうろしていて、どこに糞をしようが、
別に誰からも文句を言われることもなかったと言うことなのだ。
今と違って、当時はたいていの家族が三世代同居の大家族。犬は生ゴミや残飯の
処理係として重宝されていたし、自然の中でのびのびと暮らしていた。


197 :.:2008/09/07(日) 07:32:20 ID:FMLy/eEi0
小学校の時にもらってきた子犬、純。
来たばかりの頃は、クンクンと淋しそうに鳴くので、一晩中、私がずーっと抱いて
過ごしたこともありました。
けれど、あれだけ「ちゃんと世話をするから」と言って母を説得したくせに、いつの間にか
私は、純の世話をぜんぶ母に押し付けていました。
しばらくほっぽって、なでてあげたりもしないでいたら、急に大きくなっていて、その頃には
もう私は純を怖がるようにさえなっていました。
吠えられて、思わず後ずさりしている自分が、とても悔しかった。
仲良く散歩に出かける母が、心底うらやましかった。


198 :.:2008/09/07(日) 07:32:48 ID:FMLy/eEi0
十一歳で純が死んだとき、涙があふれました。
人間とは違い、顔色が変わらないので、ふつうにさわれました。

「ごめんね。私もずっとこうしたかったんだよ」
死んでからやっとなでられるようになるなんて。
悲しみを噛み締めながら、私はしばらくの間、純のことをなでていました。


68 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)